『まつらひ』(村山由佳)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『まつらひ』(村山由佳), 作家別(ま行), 書評(ま行), 村山由佳

『まつらひ』村山 由佳 文春文庫 2022年2月10日第1刷

神々を祭らふ
この夜、踏み外す

原始のかけ声、謎を秘めた伝説。今宵、炎が男たちの軀を照らし出す
祭りとエロス 6つの秘密

[目次]
「夜明け前」 龍神まつり
「ANNIVERSARY」 ほおずき市
「柔らかな迷路」 白秋祭
「水底の華」 道祖神祭り
「約束の神」 蘇民祭
「分かつまで」 相馬野馬追

初恋の相手と結ばれ、レタス農家に嫁いだ舞桜子。夏の龍神まつりが近づくと毎年なぜか、夫と激しくもつれあう艶夢を見るのだったが、4歳の娘の世話と出荷作業に追われる今年、忌まわしい事実が - (「夜明け前」)。原始の炎に誘われるように、秘密は膨らみ、快楽は満ちてゆく。祭と性愛が6つの舞台で響き合う、禁断の作品集。(文春文庫)

夜明け前

艶夢、というのだろうか。
舞桜子は最近、たびたびそういう夢を見る。

昼間、炎天下の作業中にうっかり思いだしてしまうと、しゃがんでいる脚の奥がきゅっと収縮し、そのあと、ゆうるり潤む。尿意とはまるで違うのに、追われるようなせわしなさではどこか似通ったその感覚が、尾てい骨のあたりから背筋を這いのぼって舞桜子を急き立てる。唇からこぼれ出る熱い吐息は地面から立ちのぼる熱に紛れて溶けた。

ほんとうのことを言えば - ほんとうに包み隠さず正直なところを言えば、もっと本能のままに激しく雅文に抱かれてみたいのだった。夢の中と同じく、牡の器官で荒々しく自分の中をかき回し、言葉の通じないけもののように犯してほしい。懇願など一切聞き入れず、あくまで強引にふるまってほしい。他は何ひとつ申し分ない夫なのだが、セックスの時だけはあの優しさと穏やかさがもどかしい。(本文より)

※小説は6話が6話 “エロい” わけではありません。この 「夜明け前」 以外は案外普通な (他にもよく似た話がありそうな) 作品に思えます。「禁断の作品集」 というのであればそれらしく、徹底してそうであってほしかった。「夜明け前」 のような作品を6つ並べてみせてほしかった。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆村山 由佳
1964年東京都生まれ。
立教大学文学部日本文学科卒業。

作品 「いのちのうた」「天使の卵 - エンジェルス・エッグ」「星々の舟」「おいしいコーヒーのいれ方」「放蕩記」他多数

関連記事

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉

記事を読む

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥

記事を読む

『茗荷谷の猫』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『茗荷谷の猫』木内 昇 文春文庫 2023年7月25 第7刷 もう少し手を伸ばせばあの夢にと

記事を読む

『ママナラナイ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ママナラナイ』井上 荒野 祥伝社文庫 2023年10月20日 初版第1刷発行 いつだって、

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 クラスでは目

記事を読む

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷 二度読み必至!

記事を読む

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 村上春樹の初めての短

記事を読む

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行 あの頃、私たち

記事を読む

『窓の魚』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『窓の魚』西 加奈子 新潮文庫 2011年1月1日発行 温泉宿で一夜をすごす、2組の恋人たち。

記事を読む

『もっと超越した所へ。』(根本宗子)_書評という名の読書感想文

『もっと超越した所へ。』根本 宗子 徳間文庫 2022年9月15日初刷 肯定する力

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑