『杳子・妻隠』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2020/02/29 『杳子・妻隠』(古井由吉), 作家別(は行), 古井由吉, 書評(や行)

『杳子・妻隠』古井 由吉 新潮文庫 1979年12月25日発行


杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)

古井由吉という名前は、昔から知っています。書棚を探せば、たぶんこの小説の他にも何冊かの単行本があるはずです。でも、すっかり忘れていました。

何せ、古井由吉が『杳子』という小説で芥川賞を受賞したのは昭和45年、1970年の下半期のことです。当時の選者の中には川端康成を始め、石川達三、大岡昇平、井上靖、石川淳といった最早伝説上の人物になりつつあるような作家が名を連ねています。

新潮文庫が出した『ピース又吉が愛してやまない20冊』の中には、そんな「昔」の本がたくさん含まれています。もちろん、彼が敬愛する太宰治の本も2冊ばかりしっかり入っています。そんな中、タイトルの響きの懐かしさについ手に取ったのがこの本でした。

『杳子』に限ったことではありませんが、古井由吉の小説は万人受けするようなものではありません。文章は知的で端正、申し分ないのですが、その分「娯楽気分」は削がれます。読む側も襟を正さなくてはなりません。そこは芥川賞作品、一筋縄ではいかないのです。

適確な形容を駆使し、巧みな筆致で語られるのは、あくまで登場人物の心の内です。例えば、山間の谷底で初めて「彼」が杳子の姿を見つける場面の描写。

杳子は深い谷底に一人で坐っています。

疲れた軀を運んでひとりで深い谷底を歩いていると、まわりの岩がさまざまな人の姿を封じこめているように見えてくることがある。そして疲れがひどくなるにつれて、その姿が岩の呪縛を解いて内側からなまなましく顕われかかる。

地にひれ伏す男、子を抱いて悶える女、正坐する老婆、そんな姿がおぼろげに浮かんでくるのを、あの時もたしか彼は感じながら歩いていた。その中に杳子の姿は紛れていたのだろうか。それほどまでに、杳子の軀には精気が乏しかったのだろうか。

「彼」と杳子は同じ大学生で、山での出逢いをきっかけに交際が始まります。『杳子』という小説は恋愛小説であって恋愛小説でない、特異な「男女の恋の物語」です。後々2人は身体の関係を結ぶことにもなりますが、絆が強まるかと言えばそんな風でもありません。

ここが重要なところですが、杳子という女性は、一般的な目線で見ると明らかに精神を病んでいます。少女のように固く閉じこもるかと思えば、突然成熟した女の素顔を顕したりします。

しかし、それが果たして病んでいるという状態なのかどうか、やや特殊に映りはするものの、杳子が世界と折り合いをつけるために一時迷っているだけのことではないかと思うが故に「彼」は杳子に惹かれ、杳子の中に「彼」自身を見出します。

杳子ほどではないにせよ「彼」もまた心に闇を抱える青年で、だからこそ、「彼」は杳子を見過ごすことができません。近づいたかと思えば、するりと体をかわされる。機嫌が良いとは思えないのに、明日も電話をくれとせがまれる。互いを必要としていることは痛いほどわかるのに、「彼」にとって、杳子はどこまでも捉えどころがありません。

※タイトルは『杳子・妻隠』とひと続きになっていますが、「杳子」と「妻隠」は2つの短編、別々の物語です。

この本を読んでみてください係数 80/100


杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)

◆古井 由吉
1937年東京生まれ。
東京大学文学部独文科卒業。同大学院人文科学研究科独語独文学専攻修士課程修了。

作品 「栖」「槿」「中山坂」「仮往生伝試文」「白髪の唄」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷 【第162回 芥川賞受賞作】背

記事を読む

『四十回のまばたき』(重松清)_書評という名の読書感想文

『四十回のまばたき』重松 清 幻冬舎文庫 2018年7月25日18版 四十回のまばたき (幻冬

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 夜また夜の深い夜

記事を読む

『夏の騎士』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『夏の騎士』百田 尚樹 新潮社 2019年7月20日発行 夏の騎士 勇気 - それは人

記事を読む

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 妖談 (文春文庫)  

記事を読む

『流』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『流』東山 彰良 講談社 2015年5月12日第一刷 流   第153回

記事を読む

『ひと呼んでミツコ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ひと呼んでミツコ』姫野 カオルコ 集英社文庫 2001年8月25日第一刷 ひと呼んでミツコ

記事を読む

『雪の鉄樹』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『雪の鉄樹』遠田 潤子 光文社文庫 2016年4月20日初版 雪の鉄樹 (光文社文庫) 母は

記事を読む

『夜の木の下で』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『夜の木の下で』湯本 香樹実 新潮文庫 2017年11月1日発行 夜の木の下で (新潮文庫)

記事を読む

『御不浄バトル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『御不浄バトル』羽田 圭介 集英社文庫 2015年10月25日第一刷 御不浄バトル (集英社文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『愛のようだ』(長嶋有)_そうだ! それが愛なんだ。

『愛のようだ』長嶋 有 中公文庫 2020年3月25日初版 愛

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷

『カラスの親指』(道尾秀介)_by rule of CROW’s thumb

『カラスの親指』道尾 秀介 講談社文庫 2019年9月27日第28刷

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷

『AX アックス』(伊坂幸太郎)_恐妻家の父に殺し屋は似合わない

『AX アックス』伊坂 幸太郎 角川文庫 2020年2月20日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑