『正義の申し子』(染井為人)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『正義の申し子』(染井為人), 作家別(さ行), 書評(さ行), 染井為人

『正義の申し子』染井 為人 角川文庫 2021年8月25日初版

物語のスピードに振り落とされるな! 告発系ユーチューバーの出来心から燃え広がる路傍のクズたちの大騒動 痛快ノンストップサスペンス

現実では引きこもりながら正義のユーチューバー “ジョン” として活躍する青年・純。悪徳請求業者に電話をかけ、相手をおちょくったところ大好評。キャラの濃い関西弁男を懲らしめた動画は爆発的に再生数を伸ばす。味をしめたジョンは、男とリアルに会って対決し、それも配信しようと画策する。一方、請求業者の鉄平もジョンを捕まえようと動き始めた。2人が顔を合わせた時、半グレや女子高生をも巻き込む大事件に発展する! (角川文庫)

十四時半。そろそろ始めるか。純はひとつ伸びをすると反動をつけてベッドから立ち上がった。そのままデスクトップパソコンの前に陣取り、電源を入れた。次に抽斗からタイガーデザインのマスクを取り出し、前髪を巻き込まないようにしてそれを被った。その上にさらにヘッドマイクを装着する。マウスとキーボードを操り、ユーチューブにログインし、カメラアングルを微調整した。すでにディスプレイにはタイガーマスクを被った勇ましい男の姿が映し出されている。

純はネット世界の表現者だ。俗にいう、ユーチューバーである。ハンドルネームはジョン。顔は公開しておらず、《いい加減顔晒せよカス》 などといった中傷コメントも結構もらう。

「ジョジョジョジョーン。笑いを愛し、笑いに愛された正義の申し子、ジョン様の登場だっ。今日もおまえらにジャスティスなショーをお届けするぜーっ」
純が毎度お決まりの登場文句をハイテンションで口にする。ジョンになっているときは人格が別人のように変わる。人の目を見て話すことにすら難儀する純とはちがい、ジョンはどこまでもハッピーで、ユーモラスで、そして過激な人間だ。(本文P7 ~ 9 抜粋)

さて、そんなユーチューバーのジョンが選んだメール=今回のターゲットはといいますと、

会員番号:M67392様
コスパ総合調査 担当の森口と申します。
この度、マジカルハッピーサイト運営会社様より弊社が依頼を受けまして、お客様にご連絡をさせていただきました。
お客様がご使用中の携帯電話の端末認証記録により、マジカルハッピー着メロ・天気・懸賞・ニュース・ギャンブル・出会い・アダルト動画 等のコンテンツの利用登録があり、登録料等の長期滞納が続いている状態にあると報告を受けております。今後は個体識別番号から追跡し、身元調査を行い、損害賠償等を求める民事裁判 民事訴訟となります。
通信記録という証拠を提出したうえでの裁判であるため、誤っての登録であっても支払い命令が下されます。訴訟差し止め、退会処理希望の方は本日中に大至急ご連絡下さい。

後に続けて、連絡先の電話番号、受付時間等の記載があり、最後にメールでの対応は不可、とあります。

実は 『マジカルハッピー』 というサイトはエロ系の動画サイトで、「コスパ総合調査」 という会社は上記のような架空請求メールをばらまいて金儲けしていることを、ジョンは百も承知で、リアルタイムで徹底的に懲らしめてやろうと考えています。

ジョンは異常なほど正義感が強く、潔癖な人間でした。但し、ただの好青年ではありません。怒らせると冷酷になり、きっちり報復しないと気が済みません。いつの間にか、そんな人格が形成されていました。純はたまに自分は二重人格なのではないかと思うときがあります。この肉体には純とジョンの二人の意識が存在しているのだと。

そんなジョンが狙いを定めたのが、メールにあった担当の森口でした。メールにある番号に電話をかけてわかるのですが、森口はジョンと同じくらいに若そうな男性でした。そして、やがてわかるのですが、本名を栗山鉄平といいます。(この鉄平が実におもしろい)

※物語は、状況を変え、立場を変え、ジョン(または純) と鉄平の尋常ならざるバトルの応酬に終始しますが、最後の最後、二人は思わぬ結末を迎えることになります。私は思うのですが、「痛快ノンストップサスペンス」 というのは誤りで、正しくは 「爆笑ノンストップコメディー」 というべき話だろうと。シリアスとはまるで真逆の作品です。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆染井 為人
1983年千葉県生まれ。

作品 2017年、『悪い夏』 で第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞し、デビュー。他に「正体」「震える天秤」等

関連記事

『69 sixty nine』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『69 sixty nine』村上 龍 集英社 1987年8月10日第一刷 1969年、村上

記事を読む

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版

記事を読む

『捨ててこそ空也』(梓澤要)_書評という名の読書感想文

『捨ててこそ空也』梓澤 要 新潮文庫 2017年12月1日発行 平安時代半ば、醍醐天皇の皇子ながら

記事を読む

『七怪忌』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『七怪忌』最東 対地 角川ホラー文庫 2021年4月25日初版 この学校に伝わる七

記事を読む

『邪魔』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『邪魔』奥田 英朗 講談社 2001年4月1日第一刷 『最悪』と双璧をなす、奥田英朗のクライム・

記事を読む

『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版

記事を読む

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷 「名無し少

記事を読む

『光まで5分』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『光まで5分』桜木 紫乃 光文社文庫 2021年12月20日初版1刷 北海道の東の

記事を読む

『刑罰0号』(西條奈加)_書評という名の読書感想文

『刑罰0号』西條 奈加 徳間文庫 2020年2月15日初刷 祝 直木賞受賞!

記事を読む

『ずうのめ人形』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ずうのめ人形』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年7月25日初版 不審死を遂げたライターが遺し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑