『ミシンと金魚』(永井みみ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『ミシンと金魚』(永井みみ), 作家別(な行), 書評(ま行), 永井みみ

『ミシンと金魚』永井 みみ 集英社 2022年4月6日第4刷発行

花はきれいで、
今日は、死ぬ日だ。

認知症を患うカケイは、「みっちゃん」 たちから介護を受けて暮らしてきた。ある時、病院の帰りに 「今までの人生をふり返って、しあわせでしたか? 」 とみっちゃんの一人から尋ねられ、カケイは来し方を語り始める。
父から殴られ続け、カケイを産んですぐに死んだ母。お女郎だった継母からは毎日毎日薪で殴られた。兄の勧めで所帯を持つも、息子の健一郎が生まれてすぐに亭主は蒸発。カケイと健一郎、亭主の連れ子だったみのるは置き去りに。やがて、生活のために必死にミシンを踏み続けるカケイの腹が、だんだん膨らみだす。
そして、ある夜明け。カケイは便所で女の赤ん坊を生み落とす。その子、みっちゃんと過ごす日々は、しあわせそのものだった。それなのに -- 。
暴力と愛情、幸福と絶望、諦念と悔悟・・・・・・・絡まりあう記憶の中から語られる、凄絶な 「女の一生」。(集英社)

第45回 すばる文学賞受賞作

プロの作家が書いた書評の一部を紹介したいと思います。(岸田奈美/河出書房新社 文藝 2022年夏季号掲載)

本作の魅力は、主人公・カケイさんの “語り” が持つ引力だろう。読み始めると、不思議に思うことがたくさんある。かわるがわる訪れる介護士を彼女はまとめて 「みっちゃん」 と呼び、愛する息子の死を忘れ、ついでに今の季節も忘れ、脈絡のない思い出話を鉄砲水みたいに差し込む。カケイさんが認知症を患っていると気づけば、その違和感にも、同情じみた合点がいく。

…….そうか。健一郎は死んだのか。どおりで、ここんとこ、見かけないとおもった。

ああ、ボケてんのね。頭の中に、身近な高齢者を思い浮かべたのは、私だけではないはずだ。

認知症患者と、明るく優しい介護士の、ほのぼのした日常ストーリーが始まるんだろうな。そう信じて読み進めていたら、思いっきり裏切られた。白昼夢のように混濁したカケイさんの記憶は、語りを通して、ミステリのように少しずつ紐解かれてゆく。

つくづく因果はめぐるんだね

カケイさんは、因果という言葉を何度も使う。人生に起こるすべてのことには、因果がある。認知症ゆえだろうと思っていた彼女の発言や行動のすべてには、壮絶な一生から織りなされる “因果” が、裏地のように縫い付いていて、度々驚かされる。(以下略)

お願いします。

認知症老人だからといって、カケイさんをバカにしないでください。忘れたことや思い出せないことがいくつもあって、それをごまかそうと余分なことを一杯言いますが、どうか叱らないでやってください。

あわてず、丁寧に読んでいくと、カケイさんが生きてきたこれまでの人生の艱難辛苦の数々が、手に取るように甦ってきます。そしてそれとは逆に、確かにあった幸せな日々の出来事も。

カケイさんは都度それらを思い出し、それで十分だと。花はきれいで、今日は、死ぬ日だ。 そんな心境に至ります。不幸だらけの人生でありながら、不幸だけではなかった彼女の一生が、自らの言葉で綴られています。その味わいを、存分に感じ取ってください。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆永井 みみ
1965年神奈川県生まれ。
ケアマネージャーとして働きながら執筆した本作で 第45回すばる文学賞を受賞。

関連記事

『マークスの山』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『マークスの山』高村 薫  早川書房 1993年3月31日初版 @1,800 高村薫が好き

記事を読む

『アポロンの嘲笑』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『アポロンの嘲笑』中山 七里 集英社文庫 2022年6月6日第7刷 東日本大震災直

記事を読む

『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行 【夏目香織】 夏目は32歳の独身

記事を読む

『メタボラ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『メタボラ』桐野 夏生 文春文庫 2023年3月10日新装版第1刷 ココニイテハイ

記事を読む

『緑の毒』桐野夏生_書評という名の読書感想文

『緑の毒』 桐野 夏生 角川文庫 2014年9月25日初版 先日書店に行ったとき、文庫の新刊コー

記事を読む

『秋山善吉工務店』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版 父・秋山史親を

記事を読む

『ヒポクラテスの試練』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの試練』中山 七里 祥伝社文庫 2021年12月20日初版第1刷 自

記事を読む

『ふる』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふる』西 加奈子 河出文庫 2015年11月20日初版 繰り返し花しすの前に現れる、何人も

記事を読む

『無理』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『無理』奥田 英朗 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 〈ゆめの市〉は、「湯田」「目方」「

記事を読む

『ぼくは落ち着きがない』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『ぼくは落ち着きがない』長嶋 有 光文社文庫 2011年5月20日初版 両開きのドアを押して入

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑