『鈴木ごっこ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2016/03/14 『鈴木ごっこ』(木下半太), 作家別(か行), 書評(さ行), 木下半太

『鈴木ごっこ』木下 半太 幻冬舎文庫 2015年6月10日初版


鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)

 

世田谷区のある空き家にわけありの男女四人(男三人、女一人)が集められる。四人には、ヤクザに多額の借金があった。借金を返済するためには、『鈴木』を名乗り、家族を演じること。一年間、近所に気づかれず家族として過ごせれば借金がチャラになるのだ。

戸惑いながらも、家族を演じる四人。三ヶ月後、ヤクザから新しい指令が出る。「隣の二階堂家の奥さんを落とせ」驚く四人は、何とか協力し、隣の奥さんを落とす作戦に出る。その中で、四人は自分の人生を振り返って反省し、生まれ変わる決意をする。

そして、一年が経ち、鈴木として最後の日。『鈴木ごっこ』の秘密が明かされる・・・。(木下半太オフィシャルブログより)

タイトルに惹かれて読んでみました。とりあえず、話の内容は大凡分かりますよね。帯には「まったくの他人である4人の男女が「鈴木家」を演じる疑似家族ゲーム! 」とあり、「ラスト7行の恐怖にあなたは耐えられるか?」と、やや大げさな文字が踊っています。

夏には、映画になることが決まっているようです。映画のタイトルは『家族ごっこ』、不思議な家族をテーマにしたシュールなオムニバス映画というふれ込みです。ちなみに「鈴木ごっこ」の他には「佐藤家の通夜」「父の愛人たち」「貧乳クラブ」「高橋マニア」・・・、何やら「世にも奇妙な物語」風で面白そうではないですか。

こうなったら、宣伝ついでに主な出演者を紹介しておくと、今が人気の斎藤工を始めとして、柄本時生、小林茂光、霧島れいか、といった面々。監督はもちろん著者である木下半太。元々この人の本業はお芝居ですから、これは当然のこと。映画の公開は8月1日の土曜日から。新宿K’s cinema 他を皮切りに、全国順次公開予定となっています。
・・・・・・・・・・
スミマセン、ここまではほぼ全面的に文庫に巻かれた帯の受け売りです。手抜きと言われても致し方ないところですが、これでもちゃんと読むには読んで書いているのです。

読んだ上で、敢えて言いますが、映画の方がきっと面白い。そんな気がします。小説がダメだと言う訳ではないのですが、上手く出来ていてすんなり読める分、後に残るインパクトが少々弱くてあっけない。これがドラマの演出にかかれば、かなりゾッとする後味に仕上がると思うのです。

その違いを確認するために、まずはこの本を読み、そして映画を観ようではありませんか。夏休みの、ささやかな娯楽になると思います。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)

◆木下 半太
1974年大阪府茨木市生まれ。
18歳で予備校に通いながらパチプロになるが、大学受験は失敗。劇団「渋谷ニコルソンズ」主宰。

作品 「悪夢のエレベーター」「悪夢の観覧車」「悪夢の六号室」「宝探しトラジェディー」「オーシティー」「サンブンノイチ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

『獅子吼』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『獅子吼』浅田 次郎 文春文庫 2018年12月10日第一刷 獅子吼 (文春文庫) け

記事を読む

『ジェントルマン』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ジェントルマン』山田 詠美 講談社文庫 2014年7月15日第一刷 ジェントルマン (講談社

記事を読む

『サブマリン』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『サブマリン』伊坂 幸太郎 講談社文庫 2019年4月16日第1刷 サブマリン (講談社文庫

記事を読む

『黒い家』(貴志祐介)_書評という名の読書感想文

『黒い家』貴志 祐介 角川ホラー文庫 1998年12月10日初版 黒い家 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

『くまちゃん』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『くまちゃん』角田 光代 新潮文庫 2011年11月1日発行 くまちゃん (新潮文庫)

記事を読む

『慈雨』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『慈雨』柚月 裕子 集英社文庫 2019年4月25日第1刷 慈雨 (集英社文庫) 警察

記事を読む

『シンドローム』(佐藤哲也)_書評という名の読書感想文

『シンドローム』佐藤 哲也 キノブックス文庫 2019年4月9日初版 シンドローム(キノブッ

記事を読む

『今昔百鬼拾遺 河童』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『今昔百鬼拾遺 河童』京極 夏彦 角川文庫 2019年6月15日再版 今昔百鬼拾遺 河童 (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版

『トリニティ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『トリニティ』窪 美澄 新潮文庫 2021年9月1日発行 トリ

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』大石 圭 光文社文庫 2021年

『青空と逃げる』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『青空と逃げる』辻村 深月 中公文庫 2021年7月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑