『土に贖う』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『土に贖う』(河﨑秋子), 作家別(か行), 書評(た行), 河﨑秋子

『土に贖う』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年11月25日第1刷

明治30年代札幌。養蚕農家の娘ヒトエは、使用人たちと桑の葉を摘む日々。だが、養蚕農家が増え過ぎて・・・・・・・「蛹の家」。江別のレンガ工場の頭目・佐川。過酷な労働環境で年老いた部下が斃れ・・・・・・・「土に贖う」。ミンク養殖、ハッカ栽培、羽毛採取、蹄鉄屋など、可能性だけに賭けて消えていった男たち。道内に興り衰退した産業を悼みながら、生きる意味を冷徹に問う表題作他6編。圧巻の第39回新田次郎文学賞受賞作。(集英社文庫)

[目次]
蛹 の 家
頸、冷える
翠に蔓延る
南北海鳥異聞
うまねむる
土に贖う
温 む 骨

解説者・松井今朝子が北海道は根室半島寄りの別海町にある河﨑牧場を訪れたのは、2017年4月半ばのことでした。当時、著者はそこでお兄さん夫婦と100頭以上の乳牛を世話しつつ、20頭ほどの羊を飼育して 「羊飼い」 を自称する傍らの執筆活動でした。初めて上梓した小説 『颶風の王』 で、既に三浦綾子文学賞とJRA賞馬事文化賞をW受賞しています。

そうと知った時は、驚きました。滅多にこんな人はいないだろうと。寂寥感漂う道東で、女性で、何頭もの牛と羊の世話をしながら・・・・・・・他を圧倒して書く小説の源泉は、ここにあるのかと。

冬場はマイナス二十七度の極寒となる戸外で羊たちに給餌し、乳牛は毎朝晩五時台の搾乳が欠かせず、生き物を扱う仕事は当然ながらほぼ年中無休。牧場の作業と食事や最低限の身のまわりのことを済ませてからの執筆は夜十時以降となり、しかも早朝の作業に響かないようにしなくてはならない。聞くだに過酷な文筆活動を平淡に話す河﨑さんは、そんな苦労を微塵も感じさせない終始穏やかでにこやかな表情だった。

「羊飼いは顔も白い羊が好きな派と、顔の黒い子が好きな派に分かれていて」 と話しながら河﨑さんが案内された飼育場には顔の黒いサフォーク種が飼われていた。
「やっぱり黒い子のほうが可愛いですよね」 と無邪気そうにいわれても、河﨑さんは自分が育てた羊を食肉加工場から枝肉で引き取って、自らの手で精肉もなさっている方なのである。

「羊に名前とか付けてます? 」 と思わず問うたら、その時こちらの意図を察知したように続けられた発言が忘れがたい。
「羊は人間に食べられることで自分の種を残すという、生存戦略の側面があるんだと、羊飼いは思ってるんですよね」

本書に収録されていない彼女の作品から借用すれば、「生命の秤が違うな」 と感じさせる名言だった。(解説より)

※かつて、北の大地にあった豊かな暮らし。時代とともに亡びゆく産業に、己の運命に、抗ってでも生き延びようとする人たちがいます。その圧倒的リアリティ、迫りくる思いが胸を打ちます。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆河﨑 秋子
1979年北海道別海町生まれ。
北海学園大学経済学部卒業。

作品 「颶風の王」「肉弾」「鯨の岬」他

関連記事

『地下鉄に乗って〈新装版〉』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『地下鉄に乗って〈新装版〉』浅田 次郎 講談社文庫 2020年10月15日第1刷 浅

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 1972年冬。全国を震撼させた浅間山荘事

記事を読む

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 街外れで暮らすジャズ・ベー

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 「この本は何も教えてくれな

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 生きているうちに読むことができて

記事を読む

『デッドエンドの思い出』(よしもとばなな)_書評という名の読書感想文

『デッドエンドの思い出』よしもと ばなな 文春文庫 2006年7月10日第一刷 以下は、アマゾン

記事を読む

『伝説のエンドーくん』(まはら三桃)_書評という名の読書感想文

『伝説のエンドーくん』まはら 三桃 小学館文庫 2018年6月11日初版 中学校の職員室を舞台に、

記事を読む

『茗荷谷の猫』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『茗荷谷の猫』木内 昇 文春文庫 2023年7月25 第7刷 もう少し手を伸ばせばあの夢にと

記事を読む

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 大物彫刻家が遺した縮小

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 どうして悲し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑