『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日発行

読めば読むほど感動した。2回目に読んだときは、途中からずっと泣きっぱなしだった。(今野敏)

馬主とその家族の波瀾の20年を描く比類なき傑作!
お前に一つだけ伝えておく。絶対俺を裏切るな - 。父を亡くし、空虚な心を持て余した税理士の栗須英治はビギナーズラックで当てた馬券を縁に、人材派遣会社 「ロイヤルヒューマン」 のワンマン社長・山王耕造の秘書として働くことに。競馬に熱中し、〈ロイヤル〉 の名を冠した馬の勝利を求める山王と共に有馬記念を目指し・・・・・・・。馬主一家の波瀾に満ちた20年間を描く長編。第33回山本周五郎賞受賞作。(新潮文庫)

波乱に満ちた展開は刺激的で面白く、再三、胸が熱くなります。登場する人物が皆 「誠実」 で、どんな世界の話であったとしても、人は人なんだと。地道な努力の果てに、先へと繋がる夢に、大きな希望を見た気がします。

- さて 『ザ・ロイヤルファミリー』 だが、実は三回読んだ。これには事情がある。第33回山本周五郎賞の候補作となり、選考委員だった私はしかるべき時期に読んだ。
選考会に向けて準備万端と思っていると、コロナ禍だ。春に実施されるはずだった選考会が秋に延期になった。四ヵ月先にずれた。

四ヵ月も経てば、いくら何でも内容を忘れてしまう。もちろん印象に残った部分は忘れないが、細かなところがすっぽ抜けてしまったりする。
そこで、もう一度読まなくてはならなくなったのだ。

候補作の五作品すべてを二度読んだ。その結果、二度目でも面白さが変わらなかったのは 『ザ・ロイヤルファミリー』 だけだったのだ。
いや、むしろ二度目のほうが感動し、興奮した。作品のハイライトとなる競走の結果はわかっている。それでも読んでいると血が熱くなった。迷うことなく、受賞作に推した。

そして、今回この解説を書くためにもう一度読むことにしたのだ。三度目でもこの作品が色あせることはなかった。読むたびに新たな感動がある。

私は競馬とは縁がない。競馬場に出かけたことも馬券を買ったこともほとんどない。だから自分とは無縁な物語と思って読みはじめた。だが、そんなことは関係なかった。

「扱う材料は何であろと、俺は人間を書いているのだ」
そう語る早見の声が聞こえてきそうだった。どんな世界でも面白いものにしてみせる。俺は人間を見つめているからだ。そういう早見の自信を感じた。
読めばたちまちロイヤルホープとロイヤルファミリーという馬のファンになってしまう。(今野敏/解説より)

※ワクワク、ハラハラ、時にイライラもすることでしょう。先を読みたくて、夜更かしするかもしれません。600ページを超える長編ですが、大丈夫。思う以上にするすると読めてしまいます。そういえば帯にありました、

ずるいほどのリーダビリティ!
かろやかに、重厚に、疾走する小説!
最後の10ページ、圧巻でした。
ブレイディみかこ

- と。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆早見 和真
1977年神奈川県横浜市生まれ。
國學院大學文学部中退。

作品 「ひゃくはち」「スリーピング・ブッダ」「イノセント・デイズ」「東京ドーン」「6 シックス」「ぼくたちの家族」「店長がバカすぎて」他多数

関連記事

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 以前ほどではないにせよ、時々

記事を読む

『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行 風の吹くまま旅をしよう、と和史が言

記事を読む

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 銀行強盗で得た大金を山分けし、

記事を読む

『珠玉の短編』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『珠玉の短編』山田 詠美 講談社文庫 2018年6月14日第一刷 作家・夏耳漱子は掲載誌の目次に茫

記事を読む

『神様の裏の顔』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『神様の裏の顔』藤崎 翔 角川文庫 2016年8月25日初版 神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造

記事を読む

『サブマリン』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『サブマリン』伊坂 幸太郎 講談社文庫 2019年4月16日第1刷 『チルドレン』

記事を読む

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

『新宿鮫』(その1)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版 『新宿

記事を読む

『シンドローム』(佐藤哲也)_書評という名の読書感想文

『シンドローム』佐藤 哲也 キノブックス文庫 2019年4月9日初版 「これは宇宙

記事を読む

『死体でも愛してる』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『死体でも愛してる』大石 圭 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 台所に立っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑