『煙霞』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『煙霞』黒川 博行 文芸春秋 2009年1月30日第一刷


煙霞 (文春文庫)

 

WOWOWでドラマになっているらしい。

北新地のホステスと欧州視察旅行に出かける理事長を誘拐した美術講師の熊谷と音楽教諭の菜穂子。私学助成金の不正受給をネタに正教員の資格を得ようとするが、二人を操る黒幕の狙いは理事長の隠し財産だった。教育現場の闇は100キロの金塊に姿を変え、悪党たちを翻弄する。元高校教師の著者が描く痛快ミステリー。(「BOOK」データベースより)

書店へ行ったら、えらいド派手に文庫が積まれています。森山未來の、不敵な面構えが嫌でも目に付きます。森山未來はすごく好きな役者さんですが、それにしても見事なワル顔で、少し上目で睨めつけるような視線が何とも素晴らしい。

あの表情だけで、どんなドラマか観たくなります。相手役の高畑充希チャンも可愛いし、他にも関西出身の個性的な俳優さんがたくさん出演しているようです。木村祐一の悪党ぶりなんかもぜひ観てみたい。しれーっとした顔で、きっとツッコミまくるんやろなー。
・・・・・・・・・
熊谷が勤めているのは、学校法人晴峰学園・晴峰女子高等学校。この学園の経営は理事長である酒井のワンマンで、教師たちの多くが何がしかの不満を抱えています。

常勤とは言え未だに講師の身分で、約束だったはずの正教員になれずにいる熊谷も例外ではありません。ことによると次の人事では、条件も環境も悪い他校へ異動させられるかも知れないという状況に鬱々としています。

そんなところへ、同じく身分保障を求める体育講師の小山田がある計画を持ってきます。計画は杜撰でしかもかなり乱暴なものですが、最終的に熊谷は音楽教諭の正木菜穂子と一緒に、この計画に乗ることを決心します。

ところが、理事長の酒井を追い詰めて交渉するまではそれなりに予定通りだったのですが、そのあとがいけません。事態は思わぬ方向へ転がっていきます。

(ドラマでもきっとそうでしょうが)小説の方は、ちょっと頼りなさげの熊谷と気の強い菜穂子の掛け合いがホントに面白い。悪党たちとの騙し合いも、最後まで目が離せません。

理事長と愛人が失踪するあたりまでは、ちょっと我慢して読んでください。そこを過ぎると、急に話の展開が加速します。あとは最後まで怒涛の一気読みです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


煙霞 (文春文庫)

◆黒川 博行
1949年愛媛県今治市生まれ。6歳の頃に大阪に移り住み、現在大阪府羽曳野市在住。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。妻は日本画家の黒川雅子。
スーパーの社員、高校の美術教師を経て、専業作家。無類のギャンブル好き。

作品 「二度のお別れ」「左手首」「雨に殺せば」「ドアの向こうに」「絵が殺した」「疫病神」「国境」「悪果」「文福茶釜」「暗礁」「螻蛄」「破門」「後妻業」「勁草」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷 カラフル (文春文庫) 生前の罪

記事を読む

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第1刷 傲慢と善良 婚約者

記事を読む

『教団X』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『教団X』中村 文則 集英社文庫 2017年6月30日第一刷 教団X (集英社文庫) 突然自

記事を読む

『きみの友だち』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの友だち』重松 清 新潮文庫 2008年7月1日発行 きみの友だち (新潮文庫) わた

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 検事の死命 (角川文庫)

記事を読む

『神様』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『神様』川上 弘美 中公文庫 2001年10月25日初版 神様 (中公文庫) なぜなんだろうと。

記事を読む

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 回転木馬のデッド

記事を読む

『だから荒野』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『だから荒野』桐野 夏生 文春文庫 2016年11月10日第一刷 だから荒野 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月

『ひとでちゃんに殺される』(片岡翔)_書評という名の読書感想文 

『ひとでちゃんに殺される』片岡 翔 新潮文庫 2021年2月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑