『帝都地下迷宮』(中山七里)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2023/09/11 『帝都地下迷宮』(中山七里), 中山七里, 作家別(な行), 書評(た行)

『帝都地下迷宮』中山 七里 PHP文芸文庫 2022年8月17日第1版第1刷

現代・東京の地下鉄廃駅跡に潜む100名もの人々。彼らの秘密は国を揺るがす - 著者新境地、怒涛の鉄道ミステリー!

鉄道マニアの公務員・小日向はある日、廃駅で立ち入り禁止となっている地下鉄銀座線萬世橋駅へと潜り込む。そこで出会ったのは、政府の “ある事情” により地下で生活する謎の集団 「エクスプローラー」 だった。その集団内で起こった殺人事件をきっかけに、小日向は捜査一課と公安の対立も絡む大事件に巻き込まれていく・・・・・・・。エクスプローラーが抱える秘密とは? 殺人犯は誰か? 東京の地下で縦横に展開するノンストップミステリー! (PHP文芸文庫)

本作 『帝都地下迷宮』 は、2017年秋から 「WEB文蔵」 にて連載され、2020年に中山七里の作家生活10周年記念キャンペーンとして実現した、”12ヶ月連続刊行” の第2作として単行本化され、その後文庫化なった作品です。

舞台は、大都市・東京の地下でかつて実際に使用されていた地下鉄の駅 - 新たな路線の開通でその役割を終えたにもかかわらず、なぜか今も当時のままに存在する “駅” がありました。その廃駅で、人目を忍びながら暮らす人々がいます。

主人公の小日向巧は、普段は区役所の生活支援課に勤務する公務員でありながら、重度の廃駅オタクとして余暇とリソースを趣味に費やす、地味めの二十六歳。しかし、地味ではあっても困っている人を見過ごせない性分のようで、生活保護を求めて日々窓口にやってくる人たちを、できるだけ国の制度で救ってやりたいと頑張る心優しい青年でもあります。

- 彼はある日、公式の見学ツアーでは決して公開されることのない、より深部の廃駅への不法侵入を試みます。

その手口はこうです。深夜の秋葉原へ出向き、まず物陰で作業着に着替えます。次に路面の通風孔の周りにネットで購入したカラーコーンを並べ、工事中を装います。そしてグレーチング (格子状の蓋) をはずし、そこから縄梯子をつたって降りていく、というもの。

これはもちろん、公務員にあるまじき立派な違法行為です。昨今、リアルでも鉄オタの迷惑行為がよくニュースで取り上げられますが、ジャンルを問わず自身の欲求を満たすためなら時に正気を失ってしまうのがオタクの恐ろしいところ。その点に関しては、小日向くんも同じ穴の貉というわけですね。これがすべての始まりでした。(解説より)

このあと小日向くんは、誰もいないはずの地下の廃駅で、香澄と名乗る少女と出会うことになります。

思いもしない出会いに戸惑うばかりの小日向くんは、香澄の口から、さらに衝撃的な事実を知らされます。自分を含め、地下には100名もの人間がいる。ここで暮らしていると - 彼女はそう言ったのでした。

※例えば 『切り裂きジャックの告白』、例えば 『連続殺人鬼カエル男』、例えば 『護られなかった者たちへ』 (これは一等傑作でした!) などと比べると、やや “読み劣り” すると感じるのは私だけでしょうか。これまでにない斬新な切り口は、それはそれでまあよいと思うのですが、大仰なタイトルの割にはやや雑駁で、現実とは遠い印象を受けました。残念!

この本を読んでみてください係数 75/100

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「闘う君の唄を」「嗤う淑女」「魔女は甦る」「連続殺人鬼カエル男」「護られなかった者たちへ」他多数

関連記事

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 表紙には、艶

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 物書きの「私」は、ひきこもり

記事を読む

『第8監房/Cell 8』(柴田 錬三郎/日下三蔵編)_書評という名の読書感想文

『第8監房/Cell 8』柴田 錬三郎/日下三蔵編 ちくま文庫 2022年1月10日第1刷

記事を読む

『月の上の観覧車』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『月の上の観覧車』荻原 浩 新潮文庫 2014年3月1日発行 本書『月の上の観覧車』は著者5作目

記事を読む

『さよならドビュッシー』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『さよならドビュッシー』中山 七里 宝島社 2011年1月26日第一刷 ピアニストからも絶賛!

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村は、私の妻の旧姓です。そん

記事を読む

『地下鉄に乗って〈新装版〉』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『地下鉄に乗って〈新装版〉』浅田 次郎 講談社文庫 2020年10月15日第1刷 浅

記事を読む

『ゆれる』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『ゆれる』西川 美和 文春文庫 2012年8月10日第一刷 故郷の田舎町を嫌い都会へと飛び出し

記事を読む

『罪の声』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『罪の声』塩田 武士 講談社 2016年8月1日第一刷 多くの謎を残したまま未解決となった「グリコ

記事を読む

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第1刷 女性の困窮と憤怒を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑