『バールの正しい使い方』(青本雪平)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『バールの正しい使い方』(青本雪平), 作家別(あ行), 書評(は行), 青本雪平

『バールの正しい使い方』青本 雪平 徳間書店 2022年12月31日初刷

僕たちは嘘をつく - 。明日も 生きるために。転校した小学校の先々で事件は起こる。

転校を繰り返す小学生の礼恩が、行く先々で出会うクラスメートは嘘つきばかりだった。
なぜ彼らは嘘をつくのか。

友達に嫌われてもかまわないと少女がつく嘘。
海辺の町で一緒にタイムマシンを作った友達の嘘。
五人のクラスメイトが集まってついた嘘。
お母さんのことが大好きな少年がつかれた嘘。
主人公になりたくない女の子がついた嘘。

さらにはどの学校でもバールについての噂が出回っているのはなぜなのか。
やがて礼恩は、バールを手にとる - 。(徳間書店)

各章と、章の冒頭に太字で書かれた文章を紹介します。

〇プロローグ
〇狼とカメレオン
それは、四年生の春から夏にかけてのことだった。あの子が意味のない嘘ばかりつくのは一体どうしてなのか、考えてみても僕にはわからなかった。
嘘つきが嫌われるのは何となくわかるけれど、嘘をまったくつかない人なんていない。
結局人は、みんな嘘つきなんだ。

〇タイムマシンとカメレオン
それは、小学四年の夏と、小学五年の夏のことだった。
もしタイムマシンが出来たとしたら、僕は過去よりも未来に行ってみたい。
未来を覗くのはとても怖いけれど、それでも過去を覗くことのほうが怖い気がする。
過去を覗いてみたら、きっとその過去を変えたくなってしまうから。
でも過去は変えてはいけないと思う。
変えてしまったら、今が無くなってしまうかもしれないから。どんな今でも、なかったことにしてはいけないと思うから。

〇五人とカメレオン
それは、小学五年の秋のことだった。
自分のためにつく嘘と、他人のためにつく嘘ならどっちがマシなんだろうと考える。
自分の都合のためにつく嘘は大抵自分勝手な感じがするけれど、他人のためにつく嘘は、大抵優しさから始まるもののように思える。

でも、その善意からくる優しい嘘は、次第に守られた本人の重荷になっていくのかもしれない。

〇靴の中のカメレオン
それは、小学六年の春から夏にかけてのことだった。
何かを選択することは難しい。
それはきっと何かを選ぶ事で別の何かを捨てるということにもなるのだから。
これから僕は、正しい選択をとることができるのだろうか。

〇ブルーバックとカメレオン
それは、小学六年の秋から冬にかけてのことだった。
たとえ正しい選択をとれたとしても、その後どうするかがとても重要だと、僕は思う。
何を選び、そしてどのように行動するのか。
僕は今、試されているのかもしれない。
これが本当に正しい選択なのかは、正直わからない。でも僕は、選んだ。バールを正しく使うことを、選んだのだ。

〇ライオンとカメレオン
〇エピローグ

僕は考え、そして思い知るのでした。

僕はバールを正しく使えたのだろうか - 。小学四年生からの三年間で、少年は現実の残酷さと優しさを知る

※なぜ 「バール」 なのかがよくわかりません。のような、のようにふんわりとしている、ものの象徴に、「バール」 は如何なものかと。バールはバール、(鉄でできた) 工具以外の何ものでもありません。

ほかのものでは伝わらないと思う、何か特別な理由があったのでしょうか。嘘の正しい使い方 - とでもすればよかったのに、それでは伝えられない何かがあるのでしょうか? うまく理解できず、腑にも落ちません。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆青本 雪平
1990年青森県生まれ。

作品 「ぼくのすきなせんせい」 で第3回大藪春彦新人賞を受賞してデビュー。2020年に長篇 「人鳥クインテット」 を刊行。本作が長篇第二作となる。

関連記事

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021年3月1日発行

記事を読む

『ふたり狂い』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『ふたり狂い』真梨 幸子 早川書房 2011年11月15日発行 『殺人鬼フジコの衝動』を手始

記事を読む

『路地の子』上原 善広_書評という名の読書感想文

『路地の子』上原 善広 新潮社 2017年6月16日発売 金さえあれば差別なんてさ

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 1972年

記事を読む

『寡黙な死骸 みだらな弔い』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『寡黙な死骸 みだらな弔い』小川 洋子 中公文庫 2003年3月25日初版 息子を亡くした女が洋菓

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 もう二度と

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 五十歳の再会 『平

記事を読む

『走れ! タカハシ』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『走れ! タカハシ』村上龍 講談社 1986年5月20日第一刷 あとがきに本人も書いているの

記事を読む

『あなたならどうする』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あなたならどうする』井上 荒野 文春文庫 2020年7月10日第1刷 病院で出会

記事を読む

『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌の叫ぶ夜』 逢坂 剛 集英社 1986年2月25日第一刷 「百舌シリーズ」第一作。(テレビ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑