『とらすの子』(芦花公園)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『とらすの子』(芦花公園), 作家別(わ行), 書評(た行), 芦花公園

『とらすの子』芦花 公園 東京創元社 2022年7月29日初版

ホラー界の新星が描く、美しい異常
嫌なやつは、みんな マレ様 が殺してくれる。 安息を求める人々が集う 「とらすの会」。皆の輪の中心で微笑む美しい 「マレ様」 に殺したい人間の名を告げると、必ず凄惨な死を遂げる。

「とらすの会」 の人は皆優しくて、居心地が良かったんです。中でもマレ様なんて嘘みたいに綺麗で、悩みを聞いてぎゅって抱きしめてくれました。でも “会議” では、誰かが 「許せない人」 への恨みをマレ様に訴えて、周りの人たちも口々に煽って・・・・・・・翌日、その 「許せない人」 は死体で見つかるんです。それが怖くて行かなくなったら、裏切者って責められて・・・・・・・。時間がないです、私、殺されます -

錯乱状態に陥った少女は、オカルト雑誌のライター・美羽の眼前で突然、爆発するように血肉を散らして死んだ。スクープを狙った美羽は とらすの会 を訪ねるが、マレ様に出会ったことで、想像を絶する奈落へと突き落とされる - (東京創元社)

[主たる登場人物と目次]
坂本美羽① 坂本美羽は都内でライターをしている。
        不幸な女性だ。

川島希彦① 川島希彦は中学二年生だ。

坂本美羽② 坂本美羽は不幸な女性ではない。

川島希彦② 川島希彦は中学二年生だ。

白石 瞳① 白石瞳は女性警察官だ。
        正しい女性だ。

川島希彦③ 川島希彦は■■■■だ。

白石 瞳② 白石瞳は女性警察官だ。
        白石瞳は真実が知りたい。

白石 瞳③ 白石瞳はもう警察官ではない。

[希彦の父のある日の日記]

十二月二日
捕鯨問題のニュースがテレビで流れている。
多くの有名芸能人たちが参加していて、しきりに捕鯨中止を訴えている。
メディアも概ね賛同していて、日本の食鯨文化を野蛮であると非難している。

私がチャンネルを変えようとすると耳元でくすりと笑い声がした。
妻かと思ったが、希彦だった。
何が面白いのか、と尋ねると、牛などを平気で食べる割に、鯨をさも人のように扱っている者たちが面白いのだと言う。

私としては賛成する部分の多い意見だったが、このような年齢のうちから、嘲る、という感情を露にする希彦に驚き、多少の不快感を覚えた (エゴではあるが、子供には天真爛漫でいてほしいものなのだ)。

「アニマルに心なんてないのにね」
画面を見てくすくすと笑いながら希彦が言うので、
「そんなことはないんじゃないかな」 と言ってみる。

「チンパンジーなどは群れを作り、社会性がある。恋もすれば、仲間の死を悼むこともある。犬も夢を見たりするらしい。心がないとはお父さんは思わないけど」
希彦はテレビから目を離し、私をまっすぐに見つめて、

「アニマルが宗教を作れたら人と同じに扱ってもいいかもしれない」
と言った。
そしてまた、テレビを見て、くすくすと笑うのだった。

恐怖だ。
私は何も言い返せなかった。
言い返す、とも違う。納得させられていた。
希彦の言うことは、とても正しい。
だからこそ、恐怖だった。(白石 瞳① より)

※希彦の中では何かが変わり、あるいは突出し、別の何かに取って代わろうとしています。彼はもはや普通の中学生ではありません。いつの頃からか、それは父も母もわかっていたはずでした。わが子可愛さに、気付かぬふりをしていただけのことでした。それがやがて、あり得ない事態を招くことになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆芦花 公園
東京都生まれ。

作品 Web小説サイト 「カクヨム」 で公開していた 「ほねがらみ - 某所怪談レポート -」 が注目を集める。同作が編集者の目に留まり、2021年4月に幻冬舎から刊行された 「ほねがらみ」 で書籍デビュー。同年5月に刊行された 「異端の祝祭」 (角川ホラー文庫) も話題を呼ぶ。近著に 「漆黒の慕情」 (角川ホラー文庫) がある。

関連記事

『照柿』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『照柿』高村 薫 講談社 1994年7月15日第一刷 おそらくは、それこそが人生の巡り合わせとし

記事を読む

『つけびの村』(高橋ユキ)_最近話題の一冊NO.1

『つけびの村』高橋 ユキ 晶文社 2019年10月30日4刷 つけびして 煙り喜ぶ

記事を読む

『懲役病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『懲役病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2023年6月11日初版第1刷発行 累計23万

記事を読む

『鳥の会議』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『鳥の会議』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。

記事を読む

『爪と目』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『爪と目』藤野 可織 新潮文庫 2016年1月1日発行 はじめてあなたと関係を持った日、帰り際

記事を読む

『通天閣』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『通天閣』西 加奈子 ちくま文庫 2009年12月10日第一刷 織田作之助賞受賞作だと聞くと

記事を読む

『憤死』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『憤死』綿矢 りさ 河出文庫 2015年3月20日初版 「憤死」 この短編は、文字通り「憤死

記事を読む

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行 16歳で両親

記事を読む

『角の生えた帽子』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『角の生えた帽子』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年11月25日初版 何度

記事を読む

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1刷 大好きなの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑