『メタボラ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『メタボラ』(桐野夏生), 作家別(か行), 書評(ま行), 桐野夏生

『メタボラ』桐野 夏生 文春文庫 2023年3月10日新装版第1刷

ココニイテハイケナイ。

孤独。貧困。破滅の予感 - 。僕たちはいったいどこへ行けばいいのだろう? 沖縄を舞台に、社会から疎外された若者のリアルな生態を描く傑作長編!

沖縄の密林で偶然出会った、記憶喪失の 「僕」 と故郷の島を捨てた昭光。名前を変え、過去のつながりを絶ち、新たな人生を歩もうとする二人に安住の地は見つかるのか - 。ニート、請負労働者、バックパッカー、ホスト等、社会の底辺で生きる若者たちの姿を鮮やかに描き、なお清新な余韻を残す傑作ロードノベル! (文春文庫)

気付くと、そこは亜熱帯のジャングルでした。「僕」 はそのときそれを知らないのですが、そこは沖縄本島の北部に位置する場所でした。

「僕」 は、自分に関する全ての記憶を失くしています。名前も年齢も、どこから来たのかも。荷物は見当たらず、身ひとつの 「僕」 は、なすすべがありません。

そこで 「僕」 は、伊良部昭光と出会います。彼は宮古島出身で、独立塾から脱走してきた青年でした。彼は二度と宮古へは帰らないと言い、すべてをリセットし、新たな人生を歩むのだと。ために、これからは自分をジェイクと呼んでほしいと言い、名無しの 「僕」 をギンジと名付けたのでした。

格差、貧困、就職氷河期、派遣切り、下流、親ガチャ・・・・・・・ 「時代」 を物語る言葉は殺伐を増すばかりだ。そしてさらに悪いことに、私たちはそのことにいつしか慣れてしまう。私たちは、毎年の自殺者数の統計を見て、「酷くなった」 とか 「少しマシだった」 などと感想を漏らす。心をいためるとさえ言えるのかもしれない。しかし、それでもやはり、数字は数字でしかない。2022年の日本の自殺者数は速報値で21,584人、前年との比較で500人ほど増えたが、経済状況の悪さに鑑みれば、私たちは 「この程度で済んだか」 と安堵することさえできるかもしれない。そのとき抜け落ちるのは、21,584人の人々のそれぞれが味わった21,584の苦悩と悲惨なのだ。

貧しくなるとはどういうことなのか、一億総中流社会が崩壊するとはどういうことなのか、雇用が不安定化するとはどういうことなのか、そして人が自死にまで追い込まれるとはどういうことなのか - 私が桐野夏生氏の作品を読むときに圧倒されるのは、この時代の経験を描き尽そうという作家の途轍もない気魄によってである。

この気魄が余すところなく発揮されているのが、本作 『メタボラ』 である。『メタボラ』 が刊行されたのは2007年、リーマン・ショックの前夜であった。(以下略/解説より)

前向きに努力して、ホームレス状態から何とか抜け出そうとしていたし、工場労働も時期を一年と限って頑張るつもりだった。だが、うまくいかない失意が積もると、失敗を怖れて心の弾力性が失われる。

そう、僕はとても疲れていた。
慢性的な疲労の中で、
あらゆる感情が鈍磨していった。

磯村ギンジが、実は自分が香月雄太だと知るのは、物語も随分進んだ後になります。そしておそらくそこからがこの物語の山場、時代が生んだ若者たちの、報われない、顧みられることのない絶望へと、場面を変えていきます。

彼らは、その先どこへ行くのでしょう。目指すべき先が、あるのでしょうか。読んで 「なお清新な余韻を残す」 かどうかは、現に読んだあなたの感性に委ねることとしましょう。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆桐野 夏生
1951年石川県金沢市生まれ。
成蹊大学法学部卒業。

作品 「OUT」「グロテスク」「錆びる心」「夜また夜の深い夜」「奴隷小説」「バラカ」「猿の見る夢」「夜の谷を行く」「路上のX」「デンジャラス」「日没」「砂に埋もれる犬」他多数

関連記事

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 後頭部を千枚通しで一突き

記事を読む

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

記事を読む

『黛家の兄弟』(砂原浩太朗)_書評という名の読書感想文

『黛家の兄弟』砂原 浩太朗 講談社文庫 2023年12月15日 第1刷発行 謀略、犠牲、裏切

記事を読む

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第1刷 女性の困窮と憤怒を

記事を読む

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 県警本部捜査一課の番場は、二回りも

記事を読む

『サクリファイス』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『サクリファイス』近藤 史恵 新潮文庫 2010年2月1日発行 ぼくに与えられた使命、それは勝利の

記事を読む

『マッチング』(内田英治)_書評という名の読書感想文

『マッチング』内田 英治 角川ホラー文庫 2024年2月20日 3版発行 2024年2月23

記事を読む

『死ねばいいのに』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『死ねばいいのに』京極 夏彦 講談社 2010年5月15日初版 3ヶ月前、マンションの一室でアサミ

記事を読む

『報われない人間は永遠に報われない』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『報われない人間は永遠に報われない』李 龍徳 河出書房新社 2016年6月30日初版 この凶暴な世

記事を読む

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他 新潮文庫 2022年7月25

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑