『占/URA』(木内昇)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『占/URA』(木内昇), 作家別(か行), 書評(あ行), 木内昇

『占/URA』木内 昇 新潮文庫 2023年3月1日発行

占いは信じないと思っていた。

知りたいのはあの人の気持ち。視えたのは私の執心。不安にもがき、逞しく生きる女性たちを描く七つの短編。

翻訳家の桐子は大工の伊助と深い仲。ただ彼は、生き別れた義妹が一番大事という。ならば私は何だと桐子は憤り、偶然行き着いた卜い家で彼の本心を探る (「時追町の卜い家」)。お宅は平穏ねと羨まれる政子。果たしてそうか、近所の家庭を勝手に格付けし、比べ始める。それが噂になってしまい・・・・・・・(「深山町の双六堂」)。”占い” に照らされた己の可能性を信じ、逞しく生きる女性たちを描く短編集。(新潮文庫)

[目次]
時追町の卜い家
山伏村の千里眼
頓田町の聞奇館
深山町の双六堂
宵待祠の喰い師
鷺行町の朝生屋
北聖町の読心術

人の本心を知りたい、心の内を覗いてみたいと思う気持ちは切実で、それがひいては、自分の存在や自分が今いる状況が、人と比べて多少なりとも “優位” であるとか、”人並み” には暮らせているだとか、そんなことの確証を得たいばかりにする 「占い」 に通じているのでしょう。

たとえそれが訊いた自分にとって都合の良い答えだと薄々勘付いていたとしても、それが何だというのでしょう。その答えこそを、あなたは (私は) 期待していたのではないのでしょうか? でなければ、(日ごろ見向きもしない) 占いなんかには頼らないはずです。

ここに登場する女性たちは、悩むべくして悩みます。悩んだあげく 「占い」 にどっぷり嵌まり、その “罠” から中々抜け出すことが出来ません。気付かぬ内に、いつの間にか深間に嵌まり、占い方の言うことの一々が、至極真っ当に思えてくるのでした。

たとえばこんな “お告げ” が -

可能性を見出して、お伝えするということです。そこでなにをどう信じるか、どういう手立てをとるかは、お客様次第ということになります。そうして選んだ行いの先に、ただひとつの真実が待っているということです。(「時追町の卜い家」 より)

どうです? よく読むと、何の占いにもなっていない “お告げ” ではありますが、藁をもすがる思いでいる者には、これで十分なわけです。卜い家を訪ね来た者にしてみれば、これこそが “答え” で、自分の背中を押してくれさえすれば、それで来た甲斐はあったというものです。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆木内 昇
1967年東京都生まれ。
中央大学文学部哲学科心理学専攻卒業。

作品 「茗荷谷の猫」「笑い三年、泣き三月」「光炎の人」「漂砂のうたう」「櫛挽道守」他多数

関連記事

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 北の小さな田舎町。中

記事を読む

『AX アックス』(伊坂幸太郎)_恐妻家の父に殺し屋は似合わない

『AX アックス』伊坂 幸太郎 角川文庫 2020年2月20日初版 最強の殺し屋は

記事を読む

『臣女(おみおんな)』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『臣女(おみおんな)』吉村 萬壱 徳間文庫 2016年9月15日初版 夫の浮気を知った妻は身体が巨

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 頼む・・・・僕はもうセッ

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 大阪でニューハーフ店 「さく

記事を読む

『八号古墳に消えて』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『八号古墳に消えて』黒川博行 創元推理文庫 2004年1月30日初版 降りしきる雨の中、深さ4

記事を読む

『文庫版 オジいサン』(京極夏彦)_なにも起きない老後。でも、それがいい。

『文庫版 オジいサン』京極 夏彦 角川文庫 2019年12月25日初版 72歳の益

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 以前ほどではないにせよ、時々

記事を読む

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 抱かれたい。触られたい。早くあなたに私を満たし

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 アラブ首長国連邦最大の都市・ドバイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑