『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷


鍵のない夢を見る (文春文庫)

 

誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行--日常に倦んだ心にふと魔が差した瞬間に生まれる「犯罪」。
現代の地方の閉塞感を背景に、ささやかな欲望が引き寄せる奈落を鮮やかにとらえる短編集。ひとすじの光を求めてもがく様を、時に突き放し、時にそっと寄り添い描き出す著者の筆が光る傑作。(文芸春秋BOOKSより)

作品は「仁志野町の泥棒」「石蕗(つわぶき)南地区の放火」「美弥谷団地の逃亡者」「芹葉大学の夢と殺人」「君本家の誘拐」の5編です。いずれも平凡な人々が起こすありふれた事件と、それに翻弄される5人の女性が描かれています。

各編のラストシーンが際立っており、上質なミステリーを読んでいるようでもあります。4作目の「芹葉大学の夢と殺人」に限っては日常的で平凡とは言えない内容ですが、その分底知れない狂気含みで、この作品を推す読者も多いようです。

きっかけは、それこそどこにでもあるような、決してテレビや新聞に取り上げられることのない小さな事件です。それが気付かぬうちに、あるいは半ば承知しつつも、いつしか取り返しのつかない事態を招いてしまう。そんな〈転落〉の様子が描かれています。

「仁志野町の泥棒」は、決してお金に困っているわけではない、人付き合いも愛想もいい主婦が、近所の家々で繰り返し盗みを働いて周囲を困惑させるという話。「石蕗南地区の放火」では、役場の職員であり地元の消防団員でもある男が、あろうことか放火に手を染めていたことが分かります。

「美弥谷団地の逃亡者」- 浅沼美衣が出会い系サイトで男を探すようになったのは、偏に処女を卒業するのが目的でした。美衣はやがて陽次という男と知り合い、付き合い始めます。陽次が実はDV男だと分かるのですが、それでも彼女は付き合うことを止めません。

別れられない、彼女には彼女なりの理由があります。とは言え、陽次のDVはエスカレートするばかりです。遂に警察へ駆け込むことになるのですが、時はすでに遅く、このあとさらなる悲劇が美衣を襲うことになります。

物語は掲載順に深刻度合を増して行くのですが、先にも書いたように、いずれも発端はごくありふれた身近で起こる出来事です。他人事ではなく、誰もが、いつ同じような場面に遭遇したとしても不思議ではありません。
・・・・・・・・・・
それにつけても、ややこしいのが女心です。男にちやほやされたい、昔の男にもう一度会いたい、辛い育児から解放されたい - 彼女たちが願うのは、そんなささやかな希望です。

それが、いつしか、「そうあるべきだ」という確信に変わってしまう。その瞬間が怖ろしいのです。

彼女たちに共通するのは、「こんなはずではなかった」という強烈な思いです。自分はこんなところで、こんなことをしているような人間ではない。もっと輝いて、もっと特別な何者かであるべき存在なんだ-そう信じて疑おうとはしません。

自分の行為や考えをもののみごとに正当化して、省みることがない彼女たち。現実を前にした彼女たちの、微妙ではあるけれど決して擦り合わない〈ズレ〉のようなもの、その心の歪みを、辻村深月は書こうとしたのだと思います。

※ この小説は、第147回の直木賞受賞作品です。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


鍵のない夢を見る (文春文庫)

◆辻村 深月
1980年山梨県笛吹市生まれ。
千葉大学教育学部卒業。

作品 「冷たい校舎の時は止まる」「凍りのくじら」「ぼくのメジャースプーン」「名前探しの放課後」「ツナグ」「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 青春ぱんだバンド (小学館

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春

記事を読む

『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『去年の冬、きみと別れ』中村 文則 幻冬舎文庫 2016年4月25日初版 去年の冬、きみと別れ

記事を読む

『劇場』(又吉直樹)_書評という名の読書感想文

『劇場』又吉 直樹 新潮文庫 2019年9月1日発行 劇場 (新潮文庫) 高校卒業後、

記事を読む

『やりたいことは二度寝だけ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『やりたいことは二度寝だけ』津村 記久子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷 やりたいこと

記事を読む

『幻年時代』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『幻年時代』坂口 恭平 幻冬舎文庫 2016年12月10日初版 幻年時代 (幻冬舎文庫) 4

記事を読む

『拳に聞け! 』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『拳に聞け! 』塩田 武士 双葉文庫 2018年7月13日第一刷 拳に聞け! (双葉文庫)

記事を読む

『ポトスライムの舟』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポトスライムの舟』津村 記久子 講談社 2009年2月2日第一刷 ポトスライムの舟 (講談社

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 カエルの楽園202

記事を読む

『我らが少女A』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『我らが少女A』高村 薫 毎日新聞出版 2019年7月30日発行 我らが少女A 一人の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑