『炎上する君』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『炎上する君』西 加奈子 角川文庫 2012年11月25日初版


炎上する君 (角川文庫)

 

「君は戦闘にいる。恋という戦闘のさなかにいる。誰がそれを、笑うことが出来ようか。君は炎上している」(「炎上する君」より)

これだけでは何のことだか分からないでしょうが、とにもかくにも小説の最後で、主人公の梨田が、無二の親友・浜中(2人は高校の同級生で、共に32歳の女性です)に向かってこう叫びます。

そして、この言葉をして「自分の背中に彫りたいと思えるほど美しく、強い」と解説に記しているのが、ピースの又吉直樹です。
・・・・・・・・・・
いいですねぇ。「自分の背中に彫りたいくらい美しくて、強い」言葉とは、彼が受けた衝撃が如何に本物であったのかがよくわかる、(皮肉でも何でもなく)まことに芥川賞作家らしい名言だと思います。

そして、それくらい「炎上する君」という小説が素晴らしいということです。何でしょうか、こんなのをポンポン(本当はそんなわけないのでしょうが)と書いてしまう西加奈子に、思わず「降参」とでも言ってしまうしかないような気分です。

めずらしく8編もの作品が収められている短編集なのですが、それぞれに趣きが異なっており、一々感心してしまいます。何に感心するかと言えば、やはり彼女の「発想力」に対してなんだろうと思います。それは、もはや誰をも凌駕しているように思えます。

誰が同業の作家の名前を、そのまま小説の登場人物の名前に使おうなんてします? 誰が自分の「お尻」について、ツラツラと短編を書こうとするのでしょうか。

「炎上する君」にしたって、そもそもの発端は「足が炎上している男」が世間を騒がせているという噂から始まっているのです。これは比喩でも何でもありません。本当に足首から下が燃えている男がいるのです。そいつが梨田と浜中の前に現れる、あるいは2人がその男を探し出そうとすることで、物語は予想もつかぬ着地を迎えます。

「足が炎上している男」に出会った浜中は、(すでにこの設定が並みの発想ではないのですが)突然恋という戦場に戦い出て、自ら「炎上」することになります。

まるで冗談みたいな話が、単なる冗談で終わらずに、最後には、又吉をしてあんなに感動的なセリフを言わせてしまう。そこにどんなマジックが潜んでいるのか、ということです。

※ 同業の作家とは「山崎ナオコーラ」のことで、作品名は「甘い果実」。お尻のことは、そのまま「私のお尻」というタイトルで出ています。「私のお尻」には、又吉が愛してやまない「太宰治」も登場します。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


炎上する君 (角川文庫)
◆西 加奈子
1977年イラン、テヘラン生まれ。エジプト、大阪府堺市育ち。
関西大学法学部卒業。

作品 「あおい」「さくら」「きいろいゾウ」「窓の魚」「円卓」「漁港の肉子ちゃん」「きりこについて」「通天閣」「ふくわらい」「サラバ!」他

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『愛と人生』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『愛と人生』滝口 悠生 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 愛と人生 (講談社文庫)

記事を読む

『青が破れる』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

『青が破れる』町屋 良平 河出書房新社 2016年11月30日初版 青が破れる この冬、彼女

記事を読む

『窓の魚』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『窓の魚』西 加奈子 新潮文庫 2011年1月1日発行 窓の魚 (新潮文庫)  

記事を読む

『異邦人(いりびと)』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『異邦人(いりびと)』原田 マハ PHP文芸文庫 2018年3月22日第一刷 異邦人(いりびと

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 オロロ畑でつかまえて

記事を読む

『逢魔』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『逢魔』唯川 恵 新潮文庫 2017年6月1日発行 逢魔 (新潮文庫) 抱かれたい。触られた

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 田舎でロックンロール

記事を読む

『西の魔女が死んだ』(梨木香歩)_書評という名の読書感想文

『西の魔女が死んだ』梨木 香歩 新潮文庫 2001年8月1日初版 西の魔女が死んだ (新潮文庫

記事を読む

『サムのこと 猿に会う』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『サムのこと 猿に会う』西 加奈子 小学館文庫 2020年3月11日初版 サムのこと 猿に会

記事を読む

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑