『ふたりの距離の概算』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『ふたりの距離の概算』米澤 穂信 角川文庫 2012年6月25日初版


ふたりの距離の概算 (角川文庫)

 

春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの〈古典部〉に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。教室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。あいつは他人を傷つけるような性格ではない-。奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する! 〈古典部〉シリーズ第5弾! (「BOOK」データベースより)

この〈古典部〉シリーズには、当然と言えば当然なのですが、例えて言うと〈アク〉みたいなものが一切ありません。舞台は学校で、事件を起こすのが高校生なら解決するのも高校生。その純朴さ故に、登場人物と同じ世代の若者に絶大な人気があるわけです。

評判を呼んだ『満願』が評判以上に面白くて、次にちょっと長かったのですが『折れた竜骨』を頑張って読んでみたら、これがまたよくできた話です。これはちょっと集中的に米澤穂信を読まねばと思って、次に買ったのが『氷菓』という小説です。

『満願』『折れた竜骨』『氷菓』と並べてみるとよく分かるのですが、面白いのは同じでも、扱っている題材がまったく違うことに気付きます。米澤穂信という作家の間口の広さというか、多彩な目のつけどころに只々感心するほかありません。

中でも一番信頼できるのは、何と言っても物語の構成力です。張り巡らされた伏線はきっちり拾われ、最後まで破綻なく物語が終わるという安心感と、それとは別に、ラストには読み手の想像をはるかに超えた結末が必ず用意されているのが何よりの魅力です。
・・・・・・・・・・
『氷菓』も面白い小説でした。面白かったのですが、これがいわゆる〈古典部〉シリーズの第一弾だということをしっかり認識したのは、買った後のことでした。そして、またもやよく確かめもせずに買ったのが、この『ふたりの距離の概算』です。

だから言わんこっちゃない。『氷菓』を読んだときに、確かに私はこう思ったのです。「面白い。確かに面白いけれど、これはやっぱり若者向きで、私のような〈十分大人な人間〉には少々刺激がなさ過ぎて物足りない」・・・それをすっかり忘れていました。

そもそもこのシリーズに大人の世界の生臭さや、悍ましい狂気などといったものを期待する方がどうかしているのです。それが好みなら、最初からそういうミステリーを読めという話です。
・・・・・・・・・・
というわけで、正直に白状すると、この本は随分と前に買ってはいたのですが、読む気にならずに長い間留め置いていた本です。

内容は紹介の通り、学校の行事であるマラソン大会に出た奉太郎君が、走りながらある出来事についての謎に迫るという筋立てです。各章ごとに走った距離と残りの距離が表示され、それが奉太郎君の推理の進捗とリンクするような仕掛けが施してあります。

もちろん最も重要な〈距離〉とは、人と人の間にあるべき適正な関係性です。単なる謎の解明に終わるのではなく、真実を知ることで、高校生たちは級友等と自分との関係について、その正しい距離についての〈概算〉を改めて考えることになります。

私がズルズルと読まずにいた間にも、巷ではこの本の感想をよく見かけたものです。まるで恋愛小説のように粋なタイトルの効果もあってか、若い人たちからは多くの支持が集まっているのが分かります。

言っておきますが、私はこの本を貶しているわけではないのです。中学生や高校生諸君、どうか誤解しないでください。ただ〈十分大人な人間〉であるオジサンの私には、少々不向きですねと言いたいだけなのです。

君たちにとっては、大いなるバイブルになり得る本だと思います。長い夏休みですから、是非ともこのシリーズの読破にチャレンジしてみてください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


ふたりの距離の概算 (角川文庫)

◆米澤 穂信
1978年岐阜県生まれ。
金沢大学文学部卒業。

作品「折れた竜骨」「心あたりのある者は」「氷菓」「インシテミル」「追想五断章」「満願」他多数

関連記事

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 バラカ   ア

記事を読む

『星々たち』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『星々たち』桜木 紫乃 実業之日本社 2014年6月4日初版 星々たち  

記事を読む

『福袋』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『福袋』角田 光代 河出文庫 2010年12月20日初版 福袋 (河出文庫) 私たちは

記事を読む

『箱庭図書館』(乙一)_書評という名の読書感想文

『箱庭図書館』乙一 集英社文庫 2013年11月25日第一刷 箱庭図書館 (集英社文庫) 僕

記事を読む

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本性 (講談社文庫) 異常

記事を読む

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行 ふたりぐらし(新潮文庫)

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『ハーレーじじいの背中』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ハーレーじじいの背中』坂井 希久子 双葉文庫 2019年1月13日第一刷 ハーレーじじいの

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 砂漠ダンス (河出文庫 や)

記事を読む

『本屋さんのダイアナ』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『本屋さんのダイアナ』柚木 麻子 新潮文庫 2016年7月1日発行 本屋さんのダイアナ (新潮

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月2

『白磁の薔薇』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『白磁の薔薇』あさの あつこ 角川文庫 2021年2月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑