『えんじ色心中』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 『えんじ色心中』(真梨幸子), 作家別(ま行), 書評(あ行), 真梨幸子

『えんじ色心中』真梨 幸子 講談社文庫 2014年9月12日第一刷


えんじ色心中 (講談社文庫)

 

ライターの収入だけでは満足な生活を送れない久保は派遣会社から紹介された職場で働き、糊口を凌いでいた。マニュアル作成の仕事を受けた彼だが、派遣の仕事との両立が難しくなる。折しも16年前の殺人事件が再注目される時、窮地に陥った久保の脳裡にあの光景が重なる。かつてない閉塞感を最大圧縮した凄絶作品! (「BOOK」データベースより)

この小説は、真梨幸子の第二作目の小説です。デビュー作の『孤虫症』を始めとして、後に大ブレークした『殺人鬼フジコの衝動』などのいわゆる〈イヤミス小説〉(読んだ後に嫌な気分になる後味の悪いミステリーの意)の狭間で、今まであまり注目されなかった作品ではないかと思います。

表向きは他の作品と同じような色調なので、いつもの如くドロドロ系の気色悪さを想像し、また期待もしたのですが、どうもそうではないのです。うまく言えませんが、そもそもの狙いどころが他の作品とは別物のような気がするのです。

嫌な気分になるとか後味が悪いと言うよりも、どこにも出口がなくて「気が重くなる」 - そんな小説です。

他の作品と比較してみて感じるのは、読み様によっては、こちらの方がはるかにダークだと言えなくもない、ということです。他の作品は確かに〈イヤミス〉の極みを描いているのですが、それだけにある種の突き抜けた「快感」もあるのです。

しかし、この小説にはそれがありません。解説にある通り「かつてない閉塞感」が描かれており、しかもその「閉塞感」が最後まで解消されることがありません。「息が詰まって、呼吸がうまくできなくなる」・・・、喩えて言うとそんな感じでしょうか。

この小説で真梨幸子が書きたかったのは、まさにその感覚ではなかったのか。そんな気がします。物語では、年代も年齢も異なる2人の人物がその「感覚」をみごとに体現してみせてくれています。行き場のない彼等の、窒息間際の行状をしかとご覧ください。

・・・・・・・・・・

物語の発端となるのが1989年、今から16年前に発生した「西池袋事件」なる出来事です。この小説は、西池袋事件が起きる前と、事件から16年が経った現在が複雑に混ざり合った構成からなる物語です。

一方の語り手は、「僕」という一人称の、小学6年生の少年。そしてもう一方の語り手が、28歳になる食い詰めたフリーライターである久保という男です。

「西池袋事件」の意外な展開を間に挟みながら、一見何の関係もないように思える、一人の少年と久保という男の日常が綴られていきます。それは最後の最後まで別個の物語でしかないように思えるのですが、それこそが真梨幸子の企みであり仕掛けなのです。

途中で惑わされることが何度もあるとあると思いますが、粘り強く読んでみてください。すべての因果、すべての過去は「エピローグ、あるいは真相」と題された最終章で詳らかになります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


えんじ色心中 (講談社文庫)

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「殺人鬼フジコの衝動」「深く深く、砂に埋めて」「女ともだち」「あの女」「人生相談」「お引っ越し」他多数

関連記事

『霧/ウラル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『霧/ウラル』桜木 紫乃 小学館文庫 2018年11月11日初版 霧 (小学館文庫) 北海道

記事を読む

『あのひと/傑作随想41編』(新潮文庫編集部)_書評という名の読書感想文

『あのひと/傑作随想41編』新潮文庫編集部 新潮文庫 2015年1月1日発行 あのひと: 傑作

記事を読む

『ウエストウイング』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ウエストウイング』津村 記久子 朝日文庫 2017年8月30日第一刷 ウエストウイング (朝

記事を読む

『凍てつく太陽』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『凍てつく太陽』葉真中 顕 幻冬舎 2019年1月31日第2版 凍てつく太陽 昭和二十

記事を読む

『空港にて』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『空港にて』村上 龍 文春文庫 2005年5月10日初版 空港にて (文春文庫) &nb

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版   1

記事を読む

『誰かが見ている』(宮西真冬)_書評という名の読書感想文

『誰かが見ている』宮西 真冬 講談社文庫 2021年2月16日第1刷 誰かが見ている (講談

記事を読む

『消滅世界』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『消滅世界』村田 沙耶香 河出文庫 2018年7月20日初版 消滅世界 (河出文庫) 世界大

記事を読む

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 デフ・ヴ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『52ヘルツのクジラたち』町田 そのこ 中央公論新社 2021年4月

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』町田 そのこ 新潮文庫 2021年

『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑