『えんじ色心中』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/08/24 『えんじ色心中』(真梨幸子), 作家別(ま行), 書評(あ行), 真梨幸子

『えんじ色心中』真梨 幸子 講談社文庫 2014年9月12日第一刷


えんじ色心中 (講談社文庫)

 

ライターの収入だけでは満足な生活を送れない久保は派遣会社から紹介された職場で働き、糊口を凌いでいた。マニュアル作成の仕事を受けた彼だが、派遣の仕事との両立が難しくなる。折しも16年前の殺人事件が再注目される時、窮地に陥った久保の脳裡にあの光景が重なる。かつてない閉塞感を最大圧縮した凄絶作品! (「BOOK」データベースより)

この小説は、真梨幸子の第二作目の小説です。デビュー作の『孤虫症』を始めとして、後に大ブレークした『殺人鬼フジコの衝動』などのいわゆる〈イヤミス小説〉(読んだ後に嫌な気分になる後味の悪いミステリーの意)の狭間で、今まであまり注目されなかった作品ではないかと思います。

表向きは他の作品と同じような色調なので、いつもの如くドロドロ系の気色悪さを想像し、また期待もしたのですが、どうもそうではないのです。うまく言えませんが、そもそもの狙いどころが他の作品とは別物のような気がするのです。

嫌な気分になるとか後味が悪いと言うよりも、どこにも出口がなくて「気が重くなる」 - そんな小説です。

他の作品と比較してみて感じるのは、読み様によっては、こちらの方がはるかにダークだと言えなくもない、ということです。他の作品は確かに〈イヤミス〉の極みを描いているのですが、それだけにある種の突き抜けた「快感」もあるのです。

しかし、この小説にはそれがありません。解説にある通り「かつてない閉塞感」が描かれており、しかもその「閉塞感」が最後まで解消されることがありません。「息が詰まって、呼吸がうまくできなくなる」・・・、喩えて言うとそんな感じでしょうか。

この小説で真梨幸子が書きたかったのは、まさにその感覚ではなかったのか。そんな気がします。物語では、年代も年齢も異なる2人の人物がその「感覚」をみごとに体現してみせてくれています。行き場のない彼等の、窒息間際の行状をしかとご覧ください。

・・・・・・・・・・

物語の発端となるのが1989年、今から16年前に発生した「西池袋事件」なる出来事です。この小説は、西池袋事件が起きる前と、事件から16年が経った現在が複雑に混ざり合った構成からなる物語です。

一方の語り手は、「僕」という一人称の、小学6年生の少年。そしてもう一方の語り手が、28歳になる食い詰めたフリーライターである久保という男です。

「西池袋事件」の意外な展開を間に挟みながら、一見何の関係もないように思える、一人の少年と久保という男の日常が綴られていきます。それは最後の最後まで別個の物語でしかないように思えるのですが、それこそが真梨幸子の企みであり仕掛けなのです。

途中で惑わされることが何度もあるとあると思いますが、粘り強く読んでみてください。すべての因果、すべての過去は「エピローグ、あるいは真相」と題された最終章で詳らかになります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


えんじ色心中 (講談社文庫)

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「殺人鬼フジコの衝動」「深く深く、砂に埋めて」「女ともだち」「あの女」「人生相談」「お引っ越し」他多数

関連記事

『甘いお菓子は食べません』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『甘いお菓子は食べません』田中 兆子 新潮文庫 2016年10月1日発行 甘いお菓子は食べませ

記事を読む

『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下 奈都 集英社文庫 2013年1月25日第一刷 太陽のパスタ、

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 犬 (文芸書) 大阪でニューハー

記事を読む

『静かに、ねぇ、静かに』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『静かに、ねぇ、静かに』本谷 有希子 講談社 2018年8月21日第一刷 静かに、ねぇ、静かに

記事を読む

『Iの悲劇』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『Iの悲劇』米澤 穂信 文藝春秋 2019年9月25日第1刷 Iの悲劇 序章 Iの悲劇

記事を読む

『エヴリシング・フロウズ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『エヴリシング・フロウズ』津村 記久子 文春文庫 2017年5月10日第一刷 エヴリシング・フ

記事を読む

『望郷』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『望郷』湊 かなえ 文春文庫 2016年1月10日第一刷 望郷 (文春文庫)  

記事を読む

『神の子どもたちはみな踊る』(村上春樹)_ぼくたちの内なる “廃墟” とは?

『神の子どもたちはみな踊る』村上 春樹 新潮文庫 2019年11月15日33刷 神の子どもた

記事を読む

『奇貨』(松浦理英子)_書評という名の読書感想文

『奇貨』松浦 理英子 新潮文庫 2015年2月1日発行 奇貨 (新潮文庫)  

記事を読む

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 いかれころ 「ほんま私は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 理

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 樽

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑