『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版


公園

 

先日、丹下健太が書いた小説『青色讃歌』を紹介しましたが、今回もその時の気分によく似た動機でこの本のことを書いてみようと思い立ちました。たまたまですが2人が京都に縁がある人で、たまたま私もそうだという、たったそれだけの理由なのですが。

しかし、これがなかなかに面白いのです。丹下健太と荻世いをら(それにしても変な名前です。ご両親はどうしてこんな名前を思い付いたんでしょう。断っておきますが荻世いをらは男性です。勘違いなさらぬよう)は、同じような時期に文藝賞を受賞しているのです。

荻世いをらの方が一個早くて第43回、丹下健太が第44回の受賞。受賞年齢は荻世の方が若干若くて20代の前半、丹下は29歳。いずれも20代での受賞で前途洋々に思えたのですが、これはちょっと寂しい共通点ですが、彼らのその後の消息が分からないのです。

小説を書いてはいるようですが、最近はまず書店で見かけませんし、文藝賞以後話題に上ることもありません。荻世いをらは元々映画が好きで、学生時代小説に先駆けて映像関係の賞を獲っているような人なので、もしかするとそちらを本業にしているのかも知れません。
・・・・・・・・・・
さて、この『公園』という小説ですが、これが何とも「とりとめのない」話なのです。専門家の意見は別にして、一般読者の感想はまあバラバラで、どちらかと言えばやや否定的な意見の方が多いといったところでしょうか。

中には「これは文学ではない」であるとか、「せいぜい大衆小説である」とか、かなりひどい言い方をされているのですが、面白いのは、そんな風にこき下ろしておきながら、最後には、まあなんだかんだで「ラストまで一気に読めました」とくるわけです。

なんじゃ、そりゃ!? - なら最初からそう書けよ、って話です。本当は結構ハマって読んだくせに、結局何が書いてあって、何が言いたいのかがよく分からない。もしくは、上手く言葉にする自信がないので中途で諦めて投げ出した・・・、だけのことじゃない?

「分かる分からない」は重要です。が、それよりもっと大事なのは「面白かったかどうか」でしょ。もちろん「面白い」にも色々な「面白い」があるのは分かります。けれども、そもそも「面白い」本に出合ったことをまず謙虚に感謝するべきだし、「一気に読めた」のなら、それは間違いなくあなたの心を掴んだ「面白い」本だということです。

荻世いをらは、こんなことを言っています。

「あいつは才能がない」とか簡単に言う人がいますが、才能がない人なんていません。例えば育ってきた環境、名前などは人によって違うもの。それはれっきとした個性であり、つきつめれば表現になり得るんです。

彼は、実に優しく他者を見つめます。そのまなざしこそが、この小説の小説たる所以だと私は思っています。主人公である「ぼく」は、友人や周囲の人間に対して、余計な詮索や、批判や、弁明、などといったことを一切しません。

それは一見突き放したような、あるいは尻切れトンボで結論がないように思えるかも知れませんが、私には、「ぼく」という人間が安易に他者の領分に立ち入らぬよう精一杯気を付けて、できるだけ対等な関係でいようとしているようにしか見えないのです。

「ぼく」には、いたずらな偏見や人からすり込まれた先入観といったものがありません。自分を見つめる確かな目を持っています。それと同時に、他者を他者だと認めるもうひとつの目、目の前の在り様をあるがまま受け入れようとする律儀な心の目を持っています。
・・・・・・・・・・
実にさっくりしたものですが、「BOOK」データベースの説明ではこんな物語になります。

公園 → 新宿 → 下田 → ニューヨーク、そしてグラウンドゼロ。世界の縮図・公園からはじまる、ぼくとオノサの終わりなき移動。第43回文藝賞受賞。

「ぼく」は最初公園に来て、色んな人が思い思いの場所で好き勝手なことをしている光景を見るに及んで、公園ほど気味の悪い場所は無いと思います。よく見れば、公園は「とてつもなく把握できない空間」で、調和なんておかまいなしにみんなが何かしらやっている所にしか見えないのです。

「まるで世界の縮図のようだ」と、「ぼく」は考えます。そして、「これからどうしようか」などと思うのですが、それはよくある悩みで、実のところ、「ぼく」はなんだか色々やる気がしないのです。

※ この後、「ぼく」は友人のオノサの頼みで下田へ行くことになります。そして、次がニューヨーク。オノサの他には、イクヨンとマルという2人の友人が登場します。出番はほんの僅かですが、オノサと同様に、彼らが「ぼく」にはかけがえのない人間であることが
とてもよく分かります。ちなみにイクヨンは韓国人、マルは在日の韓国人です。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


公園

◆荻世 いをら
1983年京都府長岡京市生まれ。
早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。

作品 「東京借景」「ピン・ザ・キャットの優美な叛乱」など

関連記事

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『このあたりの人たち』(川上弘美)_〈このあたり〉 へようこそ。

『このあたりの人たち』川上 弘美 文春文庫 2019年11月10日第1刷 このあたりの人たち

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その2)

『国境』(その2)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境(下) (文春文庫)

記事を読む

『だれかの木琴』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『だれかの木琴』井上 荒野 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版 だれかの木琴 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 検事の死命 (角川文庫)

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『この話、続けてもいいですか。』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『この話、続けてもいいですか。』西 加奈子 ちくま文庫 2011年11月10日第一刷 この話、

記事を読む

『空飛ぶタイヤ』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『空飛ぶタイヤ』 池井戸 潤 実業之日本社 2008年8月10日第一刷 @1,200 &n

記事を読む

『幸せになる百通りの方法』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『幸せになる百通りの方法』荻原 浩 文春文庫 2014年8月10日第一刷 幸せになる百通りの方

記事を読む

『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『去年の冬、きみと別れ』中村 文則 幻冬舎文庫 2016年4月25日初版 去年の冬、きみと別れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 カ

『逃亡刑事』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『逃亡刑事』中山 七里 PHP文芸文庫 2020年7月2日第1刷

『太陽の塔』(森見登美彦)_書評という名の読書感想文

『太陽の塔』森見 登美彦 新潮文庫 2018年6月5日27刷

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑