『格闘する者に◯(まる)』三浦しをん_書評という名の読書感想文

『格闘する者に◯(まる)』 三浦 しをん 新潮文庫 2005年3月1日発行


格闘する者に○ (新潮文庫)

 

三浦しをんが気になる。

 

この人の本が店頭に並んでいると、素通りできずについ手に取ってしまいます。

私はこの人の本から漂う「雰囲気」に間違いなく惹かれています。

『格闘する者に◯(まる)』は三浦しをんのテビュー作です。二十代の半ばに書いた若さと才気に溢れた小説です。

・・・・・・・・・・・

この小説は、女子大生の藤崎可南子が就職活動に奮闘する物語です。

三浦しをんの才能を見抜き作家になることを強く勧めた人物がいるのですが、「自分の就職活動」の話なら書けるだろうという彼の提案がもとでこの小説は誕生しました。

ですから、可南子が作者の分身だということは容易に想像できますし、後に優れた作家になる前の若かりし三浦しをんの生態が垣間見える小説だと思います。

 

「藤崎家」の家庭事情はかなり複雑です。

家族は、婿養子の父親に後妻の義母、先妻の娘である可南子、義母の息子=母親違いの弟で高校生の旅人で構成されています。

父親は義父の後継として政治家になり、そのまた後継を可南子か弟の旅人に期待しています。が、二人は政治家になるつもりなど毛頭なく裏工作にも動じません。

可南子は漫画が大好きで漫画雑誌の編集者を目指して就職活動を開始しますが、世間は甘くなく内定ゼロ状態が続きます。

「K談社」、「集A社」の面接場面は笑えます。ついでに妙なタイトルの由来も判明しますよ。

友人の砂子と二木君も就活に熱心とは言えず、どちらかと言えばかなり呑気で、彼等が出会ってダベる内容はどうでもいい分面白く、真面目な分若者らしくて切実です。

可南子には交際相手がいるのですが、これが何と推定年齢65〜70歳の書道家の西園寺老人。脚がとても綺麗だと褒められたことがきっかけで、今では相思相愛の仲です。

「西園寺さんはたいそう私の脚を気に入っていて、舐めたり氷で冷やしてから抱き締めたり、綺麗にペディキュアを塗ってくれてからしゃぶったりする」のですが、可南子が言うと厭らしくも何ともない。背筋がまっすぐ伸びた行儀のよい文章で読むと、西園寺老人がただのエロ爺ではないことにすぐに気が付くからでしょう。

 

小説の冒頭に、熱帯雨林の中に立つ塔の上から地上を見渡す王女の話が出てきます。

塔の前の広場には象を連れた男が一列に並んでいます。今日は王女のお見合いの日で、多くの象の中から一頭を選び、その選ばれた象の持ち主が王女の婿として迎えられるのです。。。

この短い物語がなぜ書かれたのかしばらく分からないままですが、読み終わるころには作家が示唆したことの輪郭がはっきりとみえてくるはずです。

・・・・・・・・・・・

彼女はこの作品について、書いてはみたものの自分が書きたいものは別にあるといった自分なりの評価を下しているようです。

そんなコメントを裏付けるように、小説はやがてユーモラスな語り口が影を潜めシリアスな作風へと変化していきます。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


格闘する者に○ (新潮文庫)

◆三浦 しをん

1976年東京都生まれ。

早稲田大学第一文学部演劇専修。「しをん」という名前は、両親が家の庭の紫苑の花から名付けた。母親が石川淳の『紫苑物語』が好きという意味もある。

作品 「まほろ駅前多田便利軒」「神去なあなあ日常」「月魚」「秘密の花園」「私が語りはじめた彼は」「風が吹いている」「きみはポラリス」「光」「舟を編む」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『金魚姫』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『金魚姫』荻原 浩 角川文庫 2018年6月25日初版 金魚姫 (角川文庫) 金魚の歴史は、

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

『勝手にふるえてろ』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『勝手にふるえてろ』綿矢 りさ 文春文庫 2012年8月10日第一刷 勝手にふるえてろ (文春

記事を読む

『感染領域』(くろきすがや)_書評という名の読書感想文

『感染領域』くろき すがや 宝島社文庫 2018年2月20日第一刷 【2018年・第16回「こ

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 月桃夜 (新潮文庫nex) この世

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 グラニテ (集英社文庫)

記事を読む

『村上龍映画小説集』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『村上龍映画小説集』村上 龍 講談社 1995年6月30日第一刷 村上龍映画小説集 (講談社文

記事を読む

『カルマ真仙教事件(上)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(上)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 カルマ真仙教事件(

記事を読む

『星々の悲しみ』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『星々の悲しみ』宮本 輝 文春文庫 2008年8月10日新装版第一刷 星々の悲しみ (文春文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑