『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田 圭介 文芸春秋 2015年8月10日初版


スクラップ・アンド・ビルド

 

今回の芥川賞の選考は、どえらい騒ぎになりました。メディアはこぞってピース又吉を追いかけて、候補作品のみならず、彼が好んで読んでいる小説、彼が良いと言えばなじみの薄い昔の作家の本までが注目され、また実際に売れているらしい。

それは決して悪いことではないと思うのですが、日頃は小説などには見向きもしないような人までもが大挙して書店に詰めかけて、われ先にと買い漁る様子は必ずしも気持ちの良いものではありません。一過性だと分かっている分、何だか痛々しくもあるのです。

だからと言う訳でもないのですが、今回の2つの受賞作についてはなかなか読もうという気持ちになれずにいました。

『火花』については、あらゆるメディアで紹介されていましたので半分読んだ気になり、あとの半分は「たぶん自分は全部読み切れずに、途中で止めてしまうだろうな」という変な予感があって、まだ読もうという気になれずにいます。
・・・・・・・・・・
『スクラップ・アンド・ビルド』については、これはこれで別の理由があって、できれば読まずにおきたかったのですが、ただタイトルには惹かれるものがあったので、我慢できずに文芸春秋を買いました。

芥川賞にしては読みやすい小説で、可笑しみと話のストレートさから言うと「直木賞」でもいいんじゃないかと思うくらいの内容です。ただ、その「軽み」が評価の分かれるところでもあり、私が「読まずにおきたかった」理由でもあるのですが。

身内の介護というのは、これはもう誰にとっても深刻で、抜き差しならない問題です。私も経験者の一人ですが、いつ終わるやも知れない、出口の見えない毎日は本当に疲れます。

一日一日を切り取ってみると、それはそれで何でもなくもあるのですが、世話をしなければならない人間が常に間近にいるという現実、しかもそれが最も近しい近親者であるということが無言のプレッシャーとなり、澱のような徒労感を溜めることになります。

私の場合は父親で、自宅での介護のあと病院で寝たきりのまま2年4ヶ月の間生き長らえた末、77歳で亡くなりました。最後の1年程は眠ったままの状態、そのまま二度と目を覚ますことも口をきくこともありませんでした。

この小説はそこまで間際の話ではないのですが、孫の健斗のややトンチンカンなというか、彼にしか思いつかない、分かったような分からぬような「介護理論」でもって可笑しみを持たせ、鬱々とした気配をずいぶん風通しの良いものにしています。

その着想や構成が高い評価を受けていることは、素直に認めなければなりません。但し、申し訳ないのですが、私の生理には合わないのです。

もう一つの受賞作『スクラップ・アンド・ビルド』には、共感を覚えなかった。だが、作者の技量は高く、他の何人もの選考委員が魅了されたのも理解できる。描かれた世界が、わたしの個人的な好みと合わなかっただけだ。(村上龍の選評より)

ということ。好きではないものを、好きだとは言えません。よくよく考えるに、もしかすると、このことは多分に私の個人的な感情、羽田圭介という人物をあまり好ましく思っていないことが原因なのかも知れません。こうなると偏見以外の何物でもない訳ですが、嫌いなものはしょうがないのです。

単行本ではなく文芸春秋を買ったのが、さらに悪かった。選評と本作の間に挟まれて「受賞者インタビュー」というのがあるのですが、そのタイトルが「綿矢りささんに先を越されたと思った」とあるのです。

著者の羽田圭介は、17歳で書いた『黒冷水』が文藝賞を受賞したことで作家としてデビューしています。一方、綿矢りさが『インストール』という小説で文藝賞を受賞したのも17歳のときで、綿矢りさの方が羽田圭介より1歳年上です。

ですから、彼が高校1年生のときにひとつ年上の彼女が文藝賞を受賞して、さらに単行本が出版されることを知った羽田圭介は、〈なぜか、「先を越された、やられた! 」〉と焦るのです。自分と同じくらいの年齢でデビューする人がいるのを知って、こうしてはいられないと思ったという訳です。

気持ちは分かる。気持ちは分かるのです。高い志を持った者同士ですから互いに意識もするでしょうし、ましてや17歳の高校生です、剥いた気持ちはその通りだったろうとも思います。ただ、この期に及んで、それをそのまま言ってしまうのか・・・

その神経が分からないのです。言うにしても、もう少し違った言い方があるでしょう、と思う訳です。もし同じような経験がピース又吉にあったとしても、彼なら、死んでもあんな言い方はしません。というか、又吉にとっては「先を越された」などという言葉は、言おうとしても、おそらく恥ずかしすぎて言えたものではないのです。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


スクラップ・アンド・ビルド

◆羽田 圭介
1985年東京都生まれ。
明治大学商学部卒業。

作品 「黒冷水」「不思議の国のペニス」「ミート・ザ・ビート」「メタモルフォシス」他

関連記事

『未必のマクベス』(早瀬耕)_書評という名の読書感想文

『未必のマクベス』早瀬 耕 ハヤカワ文庫 2017年7月25日発行 未必のマクベス (ハヤカワ

記事を読む

『センセイの鞄』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『センセイの鞄』川上 弘美 平凡社 2001年6月25日初版第一刷 センセイの鞄 (文春文庫)

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 十字架 (講談社文庫) &

記事を読む

『職業としての小説家』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『職業としての小説家』村上 春樹 新潮文庫 2016年10月1日発行 職業としての小説家 (新

記事を読む

『杳子・妻隠』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『杳子・妻隠』古井 由吉 新潮文庫 1979年12月25日発行 杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫

記事を読む

『カルマ真仙教事件(上)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(上)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 カルマ真仙教事件(

記事を読む

『その日東京駅五時二十五分発』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『その日東京駅五時二十五分発』西川 美和 新潮文庫 2015年1月1日発行 その日東京駅五時二

記事を読む

『ひと呼んでミツコ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ひと呼んでミツコ』姫野 カオルコ 集英社文庫 2001年8月25日第一刷 ひと呼んでミツコ

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑