『センセイの鞄』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『センセイの鞄』川上 弘美 平凡社 2001年6月25日初版第一刷


センセイの鞄 (文春文庫)

 

ひとり通いの居酒屋で37歳のツキコさんがたまさか隣あったご老体は、学生時代の国語の恩師だった。カウンターでぽつりぽつりと交わす世間話から始まったセンセイとの日々は、露店めぐりやお花見、ときにささいな喧嘩もはさみながら、ゆたかに四季をめぐる。年齢のはなれた男女の、飄々として、やがて切々と慈しみあう恋情を描き、あらゆる世代をとりこにした谷崎賞受賞の名作。(Amazon.co.jp より)

15年程も前のことです。本の造作がやさし気なのについ惹かれて、買ったような記憶があります。改めて調べてみると、えらく売れた本らしい。しかし、そんなことも、とうの昔に忘れています。今さら言うのも何ですが、ずいぶん歳を取ったものです。

当時なら、私とツキコさんは大して違わぬ年齢です。私の方が3つ、4つ上、お付き合いするなら格好の相手だと言えなくもありません。それが今ではどうでしょう、もはや誰が見ても〈ご老体〉の「センセイ」の方により近い年齢になっています。

歳の差が30ほどもある男女の恋愛話を読んで、当時の私(少なくとも今よりは断然若かった! )は何を感じ、どう思ったのか - 考えるに、曖昧で確かな覚えがありません。

いくら何でも、70に手が届こうかという年寄りの気持ちにはなれなかったはずです。と言うか、はたして私は、話のそもそもを理解した上で読んでいたのかどうか。解説には「あらゆる世代をとりこにした」とありますが、少々これには無理があるような気がします。

この小説を本当に理解するためには、やはりそれ相応の加齢が必要なのです。今の私には、それがよく分かります。歳を取って初めて分かることがあるのです。若い人が読めば、腑に落ちない部分や想像し得ない部分がどうしたって残るということです。

以前はあやふやだったセンセイの心情が、今の私なら痛いくらいに分かります。よくよく分かってしまうので、他人事ながら切なくもあり、また羨ましくもあるのです。

女性にしたところで、まだまだ駆け出しの、ハタチそこそこの〈小娘〉などではツキコさんのようにはいかないのです。酒が飲みたいからといって、仕事帰りに一杯飲み屋の暖簾をくぐり、一人カウンターで手酌をするなどという離れ業ができるはずはないのです。

小説の中では何一つそのことに触れられてはいませんが、たかが仕事帰りの一杯と言えども、そもそも37歳で独身のツキコさんが、いかなる経緯のもとで一人酒を嗜むに至ったのか、そのことに深く思いを巡らせなければなりません。
・・・・・・・・・・
一方の、センセイ - かつての高校時代の恩師である先生の名前を忘れていたので、「センセイ」。ツキコさん的には、それは「先生」でもなく、「せんせい」でもなく、断じてカタカナの「センセイ」なのです。

ツキコさんは、ほとんどのことを忘れています。担任だったわけでもなく、国語の授業を特に熱心に聞いたわけでもなかった彼女のことを、センセイが覚えていたのです。覚えていて、わざわざ名簿とアルバムを調べて、ツキコさんの名前も齢も知っていたのです。

センセイが初めてツキコさんに声をかけるシーン - 普通のラブストーリーでも、作家さんがおそらく一番心を砕いて工夫をするところ。いかにも自然で、しかもさり気にさもありなんと思わせなければならない場面です。この小説では、それがこんな風に始まります。

数年前に駅前の一杯飲み屋で隣あわせて以来、ちょくちょく往来するようになった。センセイは背筋を反らせ気味にカウンターに座っていた。
「まぐろ納豆。蓮根のきんぴら。塩らっきょう」カウンターに座りざまにわたしが頼むのとほぼ同時に隣の背筋のご老体も、「塩らっきょ。きんぴら蓮根。まぐろ納豆」と頼んだ。
趣味の似たひとだと眺めると、向こうも眺めてきた。どこかでこの顔は、と迷っているうちに、センセイの方から、「大町ツキコさんですね」と口を開いた。

ま、そんなことで2人はお近づきになるわけです。が、これって、センセイ的には最初っからツキコさんに目を付けていたということですよ、きっと。話すきっかけが来るのを今か今かと待ち焦がれて、やっとそのタイミングが来たのです。でなきゃ、普通ここまで同じ注文になどなるわけがないのです。

しかし、同じ居酒屋で飲むと言っても、わざわざ待ち合わせをしたり、日にちを決めるわけではありません。偶然にタイミングが合えば一緒に飲むだけで、支払いはいつも折半、これといったことのない関係がしばらく続きます。

センセイとツキコさんの間には、何ひとつ慌てる様子がありません。2人は、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かっていくように、あわあわと恋愛に入り込んでいきます。どうかして2人があやしい気配になるのは、まだまだ、まだまだずっと先のことです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


センセイの鞄 (文春文庫)

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。本名は山田弘美。
お茶の水女子大学理学部卒業。高校の生物科教員などを経て作家デビュー。俳人でもある。

作品 「神様」「溺レる」「蛇を踏む」「真鶴」「ざらざら」「風花」「天頂より少し下って」「パスタマシーンの幽霊」「どこから行っても遠い町」他多数

関連記事

『潤一』(井上荒野)_書評という名の読書感想文 

『潤一』井上 荒野 新潮文庫 2019年6月10日3刷 潤一 (新潮文庫) 「好きだよ

記事を読む

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 水やりはいつも深夜

記事を読む

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『絶叫』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『絶叫』葉真中 顕 光文社文庫 2019年3月5日第7刷 絶叫 (光文社文庫) - 私

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 事件 (創元推理文庫) 196

記事を読む

『過ぎ去りし王国の城』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『過ぎ去りし王国の城』宮部 みゆき 角川文庫 2018年6月25日初版 過ぎ去りし王国の城 (

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版 ソウ

記事を読む

『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田 圭介 文芸春秋 2015年8月10日初版 スクラップ・アン

記事を読む

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ロック母』:「ゆうべの神様」と「ロック母」角田 光代 講談社文庫 2010年6月15日第一刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑