『月の砂漠をさばさばと』(北村薫)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2019/05/31 『月の砂漠をさばさばと』(北村薫), 作家別(か行), 北村薫, 書評(た行)

『月の砂漠をさばさばと』北村 薫 新潮文庫 2002年7月1日発行


月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)

9歳のさきちゃんと作家のお母さんは二人暮らし。毎日を、とても大事に、楽しく積み重ねています。お母さんはふと思います。いつか大きくなった時、今日のことを思い出すかな - 。どんな時もあなたの味方、といってくれる眼差しに見守られてすごす幸福。かつて自分が通った道をすこやかに歩いてくる娘と、共に生きる喜び、切なさ。やさしく美しいイラストで贈る、少女とお母さんの12の物語。(新潮文庫解説より)

又吉直樹が推薦する本の中の一冊です。書店へ行って、たまたま目立つ所に置いてあったので買ってみました。前から読みたかったわけではありません。と言うか、この本自体を知りませんでしたし、私は北村薫という人の本をほとんど読んだことがなかったのです。

北村薫が男性なのか女性なのか、そんなことさえ調べもせず、知らない間に長い時間が経っています。沢山の本が出ているのは知っていましたが、何だかまるっと優し過ぎるような感じに思えて読もうという気になれずにいたのです。

読んでみると・・・、優しいことに間違いはありません。しかし、その優しさの本質ともなれば、私が思っていたものとは土台話が違ってきます。ただ単に心が温まる話かというと、そうではないのです。

読み始めた当初の私は、まるで児童文学を読まされているようで、どこを指して又吉がいいと言うのか、何をして他の大勢の読者が口々に素晴らしいと言うのか、その理由が分からずにいました。

仕方がないので途中で一旦諦めて、梨木香歩さんが書いている解説を読んでみることにしました。お恥ずかしいのですが、それでようやくことの「本質」を理解したのです。梨木香歩さんの解説はみごとと言う他ないもので、それはそれは「お手本」のような解説です。

その最後の部分。

数えて7話目に「さばのみそ煮」という掌編があります。この話は「替え歌 ≒ でたらめ歌」がテーマになっています。さきちゃんのお母さんは救いようのない音痴なのですが、それでもよくCDを買ってきては、二人だけの時に限って、ハミングをしたりします。

まったくでたらめの、おかしな歌を口ずさむこともあります。洗濯物を干す時にお母さんがよく歌うのは、お母さんが子供の頃にお母さんのお父さんが一回だけ歌った歌です。

元は学校の先生で、普段は冗談など言わなかったおじいちゃんが歌ったでたらめな歌を、大きくなったお母さんは覚えていたのです。

そして、秋になったある日のこと。夕食の時、お母さんがさばを煮ていました。あたりはしんと静まり返っています。おみその香りが台所に広がります。さきちゃんは、テーブルに向かって、宿題をやっていました。その時、お母さんがゆっくりと歌い出したのです。

月のー砂漠を
さーばさばと
さーばのーみそ煮が
ゆーきました

どうです? なんとも傑作な歌ではないですか。試しに一度、みなさんも声に出して歌ってみてください。何だかほろほろと、優しい気分になるではないですか・・・

お母さんがかつて子供だった頃、お父さんが思いがけにずに、たった一度だけ歌った歌をお母さんは幸福感と共にいつまでも覚えていました。

そして今度は、お母さんが「月の砂漠をさばさばと」とでたらめな歌を口ずさみ、その歌を、おそらくさきちゃんはいつまでも、大人になっても覚えているのでしょう。日常の至福とはそのようにして受け継がれてゆくものだと、梨木香歩さんは言います。

最後の最後の、締めの文章。これがまた痺れます。ここだけ読んでもこの本の素晴らしさが分かるというものです。

日常は意識して守護されなければならない。例えばこういう物語で、幸福の在処(ありか)を再確認する。そういう時代に、私たちは生きている。

この本を読んでみてください係数 85/100


月の砂漠をさばさばと (新潮文庫)
◆北村 薫
1949年埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。

作品 「空飛ぶ馬」「夜の蝉」「円紫さんと私」シリーズ、「覆面作家」シリーズ、「時と人の三部作」「鷺と雪」「スキップ」「盤上の敵」他多数

関連記事

『ニュータウンは黄昏れて』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『ニュータウンは黄昏れて』垣谷 美雨 新潮文庫 2015年7月1日発行 ニュータウンは黄昏れて

記事を読む

『とかげ』(吉本ばなな)_書評という名の読書感想文

『とかげ』吉本 ばなな 新潮社 1993年4月20日発行 とかげ (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1日発行 ただしくないひと

記事を読む

『トリップ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『トリップ』角田 光代 光文社文庫 2007年2月20日初版 トリップ (光文社文庫) 普通

記事を読む

『キッドナップ・ツアー』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『キッドナップ・ツアー』角田 光代 新潮文庫 2003年7月1日発行 キッドナップ・ツアー (

記事を読む

『翼』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『翼』白石 一文 鉄筆文庫 2014年7月31日初版   翼 (鉄筆文庫 し

記事を読む

『バラカ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『バラカ』桐野 夏生 集英社 2016年2月29日第一刷 バラカ   ア

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 太陽の坐る場所 (文春文庫

記事を読む

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』(丸山正樹)_書評という名の読書感想文

『デフ・ヴォイス/法廷の手話通訳士』丸山 正樹 文春文庫 2015年8月10日第一刷 デフ・ヴ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑