『土の中の子供』(中村文則)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/05/13 『土の中の子供』(中村文則), 中村文則, 作家別(な行), 書評(た行)

『土の中の子供』 中村 文則 新潮社 2005年7月30日発行


土の中の子供 (新潮文庫)

 

中村文則が気になります。

 

この人の小説は大体が暗くて、難解です。ドストエフスキーやカミュ、カフカなどの影響を受けているというのですから言わずもがなです。

私はおそらくこの本を出版直後に買っていますが、中村文則という名前も初めてなら、芥川賞を受賞していることさえ知りませんでした。

読み出してみると、えらく深刻な内容で、書出しだけざっと眺めた印象とはまるで別物なのに戸惑ったことをよく憶えています。

以後認識をきっちり改めて、この作家の小説に向き合おうとするのですが、悲しいかな未だに右往左往しています。

『土の中の子供』についても、正直何から感想を書き出して、どこを着地にすればよいのか分からないのです。

作家が伝えようとするものが非常に普遍的な心象なので、行間に詰め込まれたメッセージを正しく掴まえるのに難儀します。

・・・・・・・・・・・

主人公が暴走族に囲まれ、激しく痛めつけられる場面から物語は始まります。

きっかけは、煙草の吸殻をわざと彼等に向かって投げつけたことで、その結果受けるであろう暴行も予測した上での行為でした。

わざと自分を危険に晒し、不利な状態に陥ることを主人公の「私」は幾度となく繰り返していました。

激しい暴力に対して恐怖するものの、「怖さのあまり脱力して、心臓の鼓動が苦しくなり、痙攣する背筋」の感覚を「悪くない」と感じている「私」がいるのです。

傷つけられた先の究極にある快感や安堵を期待する自分を「私」は明らかに意識しているのでした。

 

子供時代に受けた虐待とその虐待から救われた施設での話が、27歳になる現在の「私」の原点として語られます。

「恐怖に乱され、故に恐怖に依存する」ことから抜け出せないままの現在の自分と過去の体験を重ねるシーンです。

高所から落下する空缶やトカゲに「私」がイメージするもの、「私は土の中から生まれた」と言わしめるものの発露がそこに存在しています。

 

かつての同僚・白湯子と「私」は同居していますが、決して積極的な理由からではなく、行き場を失くした白湯子をはずみで迎え入れた格好です。

深い愛情で結ばれているわけではない白湯子と同居を続ける「私」の心情は、正直分かりづらいところです。

ただ、この小説で「私」はあくまでひとり自分の内面と向き合い自分に語りかけているのですが、白湯子は唯一質感のある他者です。

心通うとまでは行かずとも、生身の白湯子が「私」にとって当面の救いをもたらす存在として描かれているならいいなと思うのです。

 

尚、単行本には本作ともう一篇「蜘蛛の声」が収められています。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


土の中の子供 (新潮文庫)

 

◆中村 文則

1977年愛知県東海市生まれ。

福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。

作品 「銃」「遮光」「悪意の手記」「最後の命」「何もかも憂鬱な夜に」「世界の果て」「掏摸<スリ>」「悪と仮面のルール」「去年の冬、きみと別れ」他多数

関連記事

『嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2018年4月25日第6刷 嗤う淑女 (実業之日本

記事を読む

『その日東京駅五時二十五分発』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『その日東京駅五時二十五分発』西川 美和 新潮文庫 2015年1月1日発行 その日東京駅五時二

記事を読む

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』(西村賢太)_書評という名の読書感想文

『芝公園六角堂跡/狂える藤澤清造の残影』西村 賢太 文春文庫 2020年12月10日第1刷

記事を読む

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 谷崎潤一郎犯罪

記事を読む

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ツ、イ、ラ、ク』姫野 カオルコ 角川文庫 2007年2月25日初版 ツ、イ、ラ、ク (角川文

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『笑え、シャイロック』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『笑え、シャイロック』中山 七里 角川文庫 2020年10月25日初版 笑え、シャイロック

記事を読む

『沈黙』(遠藤周作)_書評という名の読書感想文

『沈黙』遠藤 周作 新潮文庫 1981年10月15日発行 沈黙 (新潮文庫) 島原の乱が鎮圧

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑