『元職員』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『元職員』(吉田修一), 作家別(や行), 吉田修一, 書評(ま行)

『元職員』吉田 修一 講談社 2008年11月1日初版

吉田修一の本の中では、どちらかと言えばこの小説は目立たない方かも知れません。扱っている題材が「公金横領」と「逃避行」ですからベタと言えばベタで、読者はある程度事の顛末が想像できてしまうからでしょう。

「元職員」というタイトルには何かしら想像をかき立てる雰囲気がありますし、書出しから続くバンコクの情景描写は、現地の蒸し暑く猥雑な様子がよく描かれています。

主人公である栃木の公社職員・片桐が、勤め先から数千万円の現金を着服したままで、リフレッシュ休暇を利用して海外旅行に来ているわけですが、

この事情が判明した時点で興味の何割かが減退するのは、私だけでしょうか。

メディアが騒ぎ立て世間が一斉に注目するような事件や事故を題材にして小説を書くのは、プロの小説家にとっても如何ばかりか難しいと思います。

殺人を頂点とする凶悪犯罪、巨額の詐欺や横領などは事件そのものがセンセーショナルで、その衝撃をさらに上回る刺激をタイミング良く与えないと読者は満足しないからです。

吉田修一には『悪人』や『怒り』あるいは『さよなら渓谷』などの「悪」を扱った名作が多くありますが、それらと比較するとこの小説は少々おとなしい仕上がりに感じます。

小説をよく読まれる方は、この小説から角田光代の秀作『紙の月』を想起されると思います。

『紙の月』では、主人公である銀行のパート社員・梅澤梨花は、得意先で知り合った大学生の光太と深い関係になり、徐々に彼との逢瀬にのめり込んでいきます。

贅沢を尽くし欲しい物を与えますが、梨花は最後に光太から「ここから解放してほしい」と言われてしまいます。

一方この小説の片桐は、バンコクで日本人の若者・津田武志と偶然知り合い、彼から紹介された娼婦のミントに惹かれ離れがたくなります。

しかし、旅の最後にミントの弟が出場するムエタイの試合を観戦した後、予期せぬしっぺ返しを受けてしまいます。

共通しているのは、横領と一時的な逃げ場が海外であること。

そして、梨花には光太、片桐にはミント。夫や妻ではない異性の存在と背信の心です。

原因と結果は真逆ですし、揺れ動く心情の機微は男女で明らかに違うものがあり似て非なる小説ですが、破滅に向かう道行には同じ気配が漂います。

片桐は現金を着服しはじめたかなり早い段階で、自分がもう後戻りできないことを薄々感付いていたと思いますし、

この先にどんな結末が待っているのかも十分承知していたはずです。

しかし、それでも横領をやめないのは、後戻りできない覚悟と破滅の対岸にみえる、かつて味わったことのない解放感への誘惑なのかも知れません。

物語の終りで片桐がみせる開き直りは、近い将来自分の肩書きが「元職員」になることを予見した上での、最後の、愚かな矜持なのでしょう。

この本を読んでみてください係数  75/100


◆吉田 修一

1968年長崎県長崎市生まれ。

法政大学経営学部卒業。

作品 「最後の息子」「熱帯魚」「パレード」「パーク・ライフ」「東京湾景」「7月24日通り」「悪人」「横道世之介」「平成猿蟹合戦図」「愛に乱暴」「怒り上・下」など多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『臣女(おみおんな)』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『臣女(おみおんな)』吉村 萬壱 徳間文庫 2016年9月15日初版 夫の浮気を知った妻は身体が巨

記事を読む

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 セレブマ

記事を読む

『流転の魔女』(楊逸/ヤン・イー)_書評という名の読書感想文

『流転の魔女』楊 逸(ヤン・イー) 文春文庫 2015年12月10日第一刷 居酒屋で時給900

記事を読む

『天使が怪獣になる前に』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『天使が怪獣になる前に』山田 悠介 文芸社文庫 2015年2月15日初版 中高生にダントツの

記事を読む

『かわいい結婚』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『かわいい結婚』山内 マリコ 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 結婚して専業主婦となった29

記事を読む

『マークスの山』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『マークスの山』高村 薫  早川書房 1993年3月31日初版 @1,800 高村薫が好き

記事を読む

『森は知っている』(吉田修一)_噂の 『太陽は動かない』 の前日譚

『森は知っている』吉田 修一 幻冬舎文庫 2017年8月5日初版 南の島で知子ばあ

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 後頭部を千枚通しで一突き

記事を読む

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田 詠美 幻冬社 2013年2月25日第一刷

記事を読む

『リアル鬼ごっこ』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『リアル鬼ごっこ』山田 悠介 幻冬舎文庫 2015年4月1日75版 全国500万の 〈佐藤〉 姓を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑