『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 『誰にも書ける一冊の本』(荻原浩), 作家別(あ行), 書評(た行), 荻原浩

『誰にも書ける一冊の本』荻原 浩 光文社 2011年6月25日初版


誰にも書ける一冊の本 光文社文庫

 

荻原浩が好きである。

 

この小説は複数の作家による競作の中の一つで、「死様(しにざま)」が共通のテーマになっています。

他には、佐藤正午、白石一文、土井伸光、藤岡洋子といった作家が名を連ねています。

 

荻原浩が書いたのは、病床で死を目前にした父が密かに書き綴っていた自伝「小説」と、息子である「私」がその「小説」を読みながら辿る自分史です。

父親が命の期限を告知されまさに死に逝く間際になって、初めて息子は父親の存在を正面に据えて眺めるものなのでしょうか。

息子と父親の関係というものは、ある時期を境にして急速に他人行儀なものになってしまいます。

そして気が付いたとき目の前にいる父親は、もう面と向かってきちんと話も出来ないくらいに耄碌して小さくなっているのです。

多くを語らず怒鳴られたこともないのに、それでも父親はどこかしら怖くて逆らえない人でした。

 

しかし、今その姿は見る影もありません。

生体情報モニタにつながれ人工呼吸器を付けた父の意識は、もう戻らないと医師から告げられていました。

東京から函館に戻り、病院で母親から渡されたのは紙袋に入った原稿用紙の束でした。それは、孫娘の香乃から貰った万年筆で3年程前から書いていたという父の小説でした。

広告業のかたわら小説を書いている「私」に読んでもらいたかったのではないか、と母親は言います。

「本にしたいんじゃないかね、お前みたいに。羨ましかったんでないかい」...思いもよらない話に「私」は面食らうばかりです。

 

人は誰にも、一生に一冊の本が書けるという...父の場合、それは「長く短い物語」というタイトルの自伝でした。

大正13年に福島県大沼郡本郷町(現在の会津若松市)に生を受けたところから始まり、開拓民として家族で北海道へ移植した少年時代へと話は展開して行きます。

熊と格闘して背中に大傷を負った武勇伝、中学進学の費用を稼ぐために父親と行ったニシン漁、そして戦争の話。

配属されたマレーのアエルタワル基地、空中戦で敵国の若者が墜落していく様を歓喜した自分を恥じ、懺悔の思いが綴られます。

しかし何よりも意外で驚いたのは、父が実は文学の道に進みたかったと告白していることでした。父親からは縁遠い、全く気配を感じることがなかった事実に唖然とする「私」です。

・・・・・・・・・・

読み出した当初は、ただの素人が書いた自己顕示欲だけが強くて家族以外の誰も読まないであろう小説を、いつしか真剣に校正している「私」がいます。

父の小説を読み進める間、「私」は「私」の来し方と行く末にも思いを巡らせています。

離婚して独り身でいること。デビュー作の小説はそこそこ評価されたものの、二作目が出たきりで三作目の発注はまだどこからも来てはいないこと、等々。

しかしながら、父の死と父が遺した小説を読んだことが契機となり、「私」のなかで将来への新しい希望が芽生えてくるのです。

それを後押しするように、葬儀の当日期待していなかった人物が遠方から訪れてくるのでした。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


誰にも書ける一冊の本 光文社文庫

◆荻原 浩

1956年埼玉県大宮市生まれ。

成城大学経済学部卒業。広告制作会社、コピーライターを経て、1997年小説家デビュー。

作品 「オロロ畑でつかまえて」「コールドゲーム」「明日の記憶」「お母様のロシアのスープ」「あの日にドライブ」「四度目の氷河期」「愛しの座敷わらし」「砂の王国」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 月の満ち欠け 生きている

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 奴隷小説  

記事を読む

『夫婦一年生』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夫婦一年生』朝倉 かすみ 小学館文庫 2019年7月21日第2刷発行 夫婦一年生 (小学館

記事を読む

『ぼっけえ、きょうてえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井 志麻子 角川書店 1999年10月30日初版 ぼっけえ、きょうて

記事を読む

『ロゴスの市』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ロゴスの市』乙川 優三郎 徳間書店 2015年11月30日初版 ロゴスの市 (文芸書) 至

記事を読む

『よみがえる百舌』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『よみがえる百舌』逢坂 剛 集英社 1996年11月30日初版 よみがえる百舌 (百舌シリーズ

記事を読む

『伝説のエンドーくん』(まはら三桃)_書評という名の読書感想文

『伝説のエンドーくん』まはら 三桃 小学館文庫 2018年6月11日初版 伝説のエンドーくん

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 ツタよ、ツタ (小学館

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 悪寒 (集英社文庫) 男は

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑