『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷


鼻に挟み撃ち (集英社文庫)

御茶ノ水、聖橋のたもとで演説をする奇妙な男。ゴーゴリの「鼻」と後藤明生の「挟み撃ち」について熱く語るその男は、大声を出すには相応しくないマスクをしている。そしてまた道行く人々もみな同様に。なぜ誰もが顔を隠しているのか、男の演説の意図は何なのか。支離滅裂に思える内容に耳を傾けるうち、次第に現実が歪み始め - 。政治小説の再来を目指した表題作の他三篇を含む幻惑小説集。(集英社文庫)

もうひとつ。(「BOOK」データベースより)

耳を澄まし、鼻をきかせるとあらわれる、マスクの下の、もう一つの秘密。いとうせいこうにしか書けない、可笑しくて哀しい、人生4つ分のふしぎ。第150回芥川賞候補作となった表題作の他、不思議な読後感を残す3つの傑作短編を収録。

収録作品は、「今井さん」「私が描いた人は」「鼻に挟み撃ち」「フラッシュ」の4作品。

いとうせいこうの中編「鼻に挟み撃ち」(『すばる』)は、後藤明生の名作「挟み撃ち」を踏まえ、後藤へのオマージュを捧げながらも、後藤が踏まえているロシアの作家ゴーゴリ(特に「鼻」)の世界にも入りこむ。

舞台は現代の御茶ノ水駅前の雑踏から、19世紀のペテルブルグの間を自由に行き来し、語り手も駅頭で演説する男と、作者自身の分身とおぼしき人物と、後藤明生その人との間で融通無碍に入れ替わり、1973年の「挟み撃ち」の後藤と2013年の「私」(= いとうせいこう)が重なり合って区別できなくなる。

そして、いとうせいこう自身の私小説的な回想を読んでいるうちに、読者はいつのまにか世界文学の波打ち際に越境している、といった風なのだ。

「わたしたちはこの鼻の喜劇から逃れようがない! 」という結末は、さまざまに解釈できるが、自分と世界の「挟み撃ち」にあった作家の存在様式を端的に言い表わしたものと私は読んだ。(沼野充義、文芸時評 2013年11月、東京新聞他掲載/解説より)

ちょっと読み、手に負えない気がしなくもありません。後藤明生(って誰?)、ゴーゴリにカフカ。って言われてもねえ。これじゃどうしようもない。

知った上で読むのに越したことはないけれど、知らなくてもそれはそれでおもしろいなんて言われて、バカ面下げて「ハイそうですか」なんて言えたもんじゃない。解らん奴は読まんで結構と正直に言えばいい。

小説には珍しく「政治」のことが書いてあります。例えばそれが(笑いを含んだ)こんな文学的表現でもって。

本来、きな臭さとは不穏さのことであります。自称マスクは声の調子を一段上げた。

ある政治家はAと言っているが実はBを意図してはいないか、と危うさを嗅ぎつける。さらに疑えばCの匂いも奥にくすぶっているのではないか、と敏感に匂いを判断する。それが鼻というものの役割ですよ、皆さん。

ところが、誰も彼も鼻が利かなくなってきたのではないですか。だから政治家も官僚もマスメディアも評論家も飲み屋のオヤジもAから匂わせているわけにいかない。はっきりCと言わなければ、いやそれどころか超C、激しくC、ウルトラCにしないと伝わらない。

話題にならない。これではきな臭いどころではありません。はっきり火薬。もろに山火事。憶測とか忖度とか屈折を通じて慎重に議論を深めていく「嗅ぎあい社会」は、もはやここにない!

尾籠な話で恐縮ですが、と自称マスクはたたみかけてきた。尾籠な話は面白そうだ、と私は耳を澄ませた。(本文104ページ)

何を喩えて「鼻」なのか? 私が今、「挟み撃ちにあっている」と感じるものの正体は? - 読むうち段々とそれが明らかになっていきます。但し断っておきますが、間違ってもダレた正月休みに読むものではありません。政治や世相についてはさほど関心が無いという方、特にお気をつけください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


鼻に挟み撃ち (集英社文庫)

◆いとう せいこう
1961年東京都生まれ。
早稲田大学法学部卒業。

作品 「ノーライフキング」「ボタニカル・ライフ」「ワールズ・エンド・ガーデン」「解体屋外伝」「存在しない小説」「想像ラジオ」など

関連記事

『ヒポクラテスの試練』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの試練』中山 七里 祥伝社文庫 2021年12月20日初版第1刷 ヒポクラテス

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 合意情死(がふ

記事を読む

『フォルトゥナの瞳』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『フォルトゥナの瞳』百田 尚樹 新潮文庫 2015年12月1日発行 フォルトゥナの瞳 (新潮文

記事を読む

『ふたたび嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ふたたび嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2021年8月15日初版第1刷 ふたたび嗤

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 八月は冷たい城 (講

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 冷蔵庫を抱きしめて (新潮

記事を読む

『凶獣』(石原慎太郎)_書評という名の読書感想文

『凶獣』石原 慎太郎 幻冬舎 2017年9月20日第一刷 凶獣 神はなぜこのような人間を

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 雨の夜、夜行列車に (角

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑