『満願』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/03/26 『満願』(米澤穂信), 作家別(や行), 書評(ま行), 米澤穂信

『満願』米澤 穂信 新潮社 2014年3月20日発行


満願

米澤穂信の『満願』をようやく読みました。

なんせ評判がすごいものですから気にはなっていたのですが、ミステリーランキングの国内編3冠獲得ですか。これは大したものです。これを読まずに今年のミステリは語れないと言われれば、もう読むしかないのです。
・・・・・・・・・・
この本には、表題作「満願」をはじめ6つの短編が収められています。

「夜警」
ある事件で、新任の川藤巡査は犯人の短刀によって命を奪われます。犯人も川藤の銃弾が命中して死亡します。警察は、川藤の拳銃使用は適正だったという見解を示します。
川藤の生前、交番長の柳岡は川藤が警官には不向きな男だと感じており、川藤の言動を注視していました。

「死人宿」
佐和子が仕事で悩んでいた時、彼女を十分理解しようとしなかったことを私は後悔しています。佐和子は大学職員を辞めた後、栃木の八溝の山深い温泉宿の仲居になっていました。
その温泉宿は「死人宿」と噂され、毎年自殺者が出ることで有名な宿でした。
「柘榴」
さおりの夫・佐原成海は異性を惹き付ける不思議な魅力の持ちですが、如何せん生活能力がありません。夕子と月子、二人の娘がいるものの、さおりは佐原との離婚を決意します。
放棄すると思っていた親権について、佐原は予想に反して二人の娘を引取ると言います。

「万灯」
井桁商事の伊丹は、バングラデシュで天然ガス資源の開発に従事しています。しかし、インフラは未整備、政情も定まらない中で仕事は思うように捗りません。事業を円滑に進めるには、開発予定地への途中にどうしても物資の集積拠点を設置する必要がありました。

「関守」
伊豆半島の天城連山を越える道「桂谷峠」は、小田原から車で三時間、曲がりくねった山道をひたすら辿った先にありました。ライターの俺は、都市伝説の原稿を依頼されて桂谷峠まで来ています。俺はさびれたドライブインで、店主の老婆に何気に取材を始めます。

「満願」
藤井が初めて鵜川妙子と出会ったのは、先輩から紹介された下宿先の玄関でした。鵜川家は夫婦二人、藤井は二階で、弁護士を目指して司法試験の勉強に明け暮れます。
鵜川妙子が貸金業を営む矢場英司を殺害したのは、昭和52年9月のことでした。
調布警察署の面会室で4年ぶりに妙子と再会した藤井は、妙子の弁護人となります。

どこかに書いてましたが、まさしく王道ですね。久々にミステリーに浸りました。
題材が豊富で、同じような話が一切なくて、トリックというかオチがどれも鮮やかです。
こんな短編なら、いくらでも読んでいたい、そう思いました。

好みはあるでしょうが、私のオススメは「万灯」と「関守」ですかね。
どちらか選べと言われたら、、、「関守」、いやそれより「柘榴」の艶っぽさが捨てがたいな。。。
「夜警」の柳岡の硬質な感じはいいよなぁ、と思いは千々に乱れるのです。

 

この本を読んでみてください係数 90/100


満願

◆米澤 穂信

1978年岐阜県生まれ。

金沢大学文学部卒業。

作品「氷菓」「心あたりのある者は」「インシテミル」「追想五断章」「折れた竜骨」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ミート・ザ・ビート』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『ミート・ザ・ビート』羽田 圭介 文春文庫 2015年9月10日第一刷 ミート・ザ・ビート (

記事を読む

『夏の庭 The Friends 』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『夏の庭 The Friends 』湯本 香樹実 新潮文庫 1994年2月25日発行 夏の庭―

記事を読む

『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 夫の骨 (祥伝社文庫) 昨年

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

『とかげ』(吉本ばなな)_書評という名の読書感想文

『とかげ』吉本 ばなな 新潮社 1993年4月20日発行 とかげ (新潮文庫) &nbs

記事を読む

『身の上話』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『身の上話』佐藤 正午 光文社文庫 2011年11月10日初版 身の上話 (光文社文庫) あ

記事を読む

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 水やりはいつも深夜

記事を読む

『窓の魚』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『窓の魚』西 加奈子 新潮文庫 2011年1月1日発行 窓の魚 (新潮文庫)  

記事を読む

『まずいスープ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『まずいスープ』戌井 昭人 新潮文庫 2012年3月1日発行 まずいスープ (新潮文庫)

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版 いつか深

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』日向奈 くらら 角川ホラー文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑