『伝説のエンドーくん』(まはら三桃)_書評という名の読書感想文

『伝説のエンドーくん』まはら 三桃 小学館文庫 2018年6月11日初版

中学校の職員室を舞台に、14歳という繊細で多感な年齢の子どもたちと日々真剣に向きあう中学教師たちの、リアルな姿を描いた連作集。その中学校には代々語り継がれる伝説のヒーロー「エンドーくん」がいる。校内のあちらこちらに残された「エンドーくん」にまつわる落書きの言葉が、それを目にした悩みや葛藤を抱える教師や生徒の一歩踏み出すきっかけとなった。なぜ「エンドーくん」が伝説となったのか? その謎がラストで明かされる - 。坪田譲治文学賞作家の傑作が待望の文庫化。巻末に文庫版のために書き下ろした「エンドーくん」のその後の物語を収載。(小学館文庫)

この小説はとある市内にある指折りの伝統校、市立緑山中学校が舞台となっている。但し、(紛れもない児童文学作品でありながら) 主たる登場人物の多くが2年生を担当する担任教師 - つまりは、”大人” だというところがおもしろい。

全般を通じて登場するのが、今年新任体育教師として緑山中学校に着任してきた、清水勇気という男性教師25歳。彼は2年3組の担任で、2年生は全部で6クラス。他に、

1組は、学年主任であり数学担当の、赤坂剛。赤坂は52歳だと言うが、年よりもだいぶ若く見える。ふちなしの眼鏡をかけた細身の教師だ。2組は国語の矢島美佳。全体的にぽっちゃり型の45歳。4組担任が、少し陰気な感じの美術教師、北野徳明48歳。かなり度のきつそうな眼鏡をかけている。5組は、英語の石田和子。公務員にしては、服装が華やかで、身長も高く顔立ちも派手だ。年齢は非公開と言って教えてくれなかったが、赤坂によると41歳らしい。そして、6組が理科担当の児玉豊。児玉は実年齢より多少老けて見えるが、来年定年をむかえる59歳ということだ。(P10.11)

物語は歴史あるこの緑山中学校に古くから書き継がれた、ある「落書き」を軸に綴られてゆきます。古いものなら全共闘時代から、つい最近になって書かれたものまで、落書きは学校のいたるところに残されています。不思議なことに、それを誰も消そうとはしません。

エンドーくんは、体育祭の星
エンドーくんの愛はふめつ
エンドーくんはお金よりつよし
エンドーくんは変化をおそれない
エンドーくんは、魔王にかつ

その「エンドーくん」が誰のことかが、さっぱりわかりません。

伝説のヒーロー・エンドーくんは架空の人物かと思いきや、実はそうではなかったことがわかってきます。エンドーくんは実在し、現に生きて今もどこかにいることが、やがて明らかになってゆきます。

※ ただの「遠藤くん」が、何があって「伝説のエンドーくん」になったかは、第6章「エンドーくん誕生」で明らかになります。この小説は単に子ども向けの児童文学に非ず、大人であっても読むべきような、そんな話であるのが段々とわかってきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆まはら 三桃(みと)
1966年福岡県北九州市生まれ。

作品 「カラフルな闇」「たまごを持つように」「おとうさんの手」「なみだの穴」「ひかり生まれるところ」「鉄のしぶきがはねる」他多数

関連記事

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 村上春樹の初めての短

記事を読む

『月と蟹』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『月と蟹』道尾 秀介 文春文庫 2013年7月10日第一刷 海辺の町、小学生の慎一と春也はヤド

記事を読む

『沈黙博物館』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『沈黙博物館』小川 洋子 ちくま文庫 2004年6月9日第一刷 耳縮小手術専用メス、シロイワバイソ

記事を読む

『高校入試』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『高校入試』湊 かなえ 角川文庫 2016年3月10日初版 県下有数の公立進学校・橘第一高校の

記事を読む

『逃亡者』(中村文則)_山峰健次という男。その存在の意味

『逃亡者』中村 文則 幻冬舎 2020年4月15日第1刷 「一週間後、君が生きてい

記事を読む

『鳥の会議』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『鳥の会議』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。

記事を読む

『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷 生前の罪により輪廻のサイクルから外され

記事を読む

『蟻の棲み家』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『蟻の棲み家』望月 諒子 新潮文庫 2021年11月1日発行 誰にも愛されない女が

記事を読む

『青が破れる』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

『青が破れる』町屋 良平 河出書房新社 2016年11月30日初版 この冬、彼女が死んで、友達が死

記事を読む

『ドクター・デスの遺産』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ドクター・デスの遺産』中山 七里 角川文庫 2020年5月15日4版発行 警視庁

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑