『異邦人(いりびと)』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『異邦人(いりびと)』原田 マハ PHP文芸文庫 2018年3月22日第一刷


異邦人(いりびと) (PHP文芸文庫)

たかむら画廊の青年専務・篁一輝(たかむら・かずき) と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長期逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗の画廊で、一枚の絵に心を奪われる。画廊の奥で、強い磁力を放つその絵を描いたのは、まだ無名の若き女性画家。深く、冷たい瞳を持つ彼女は、声を失くしていた - 。京都の移ろう四季を背景に描かれる、若き画家の才能をめぐる人々の 「業」。『楽園のカンヴァス』 の著者、新境地の衝撃作。(紀伊國屋書店ウェブサイトより)

有吉菜穂・改め篁菜穂は、以下のようにして運命的な出会いを果たします。京都でのホテル暮らしに辟易し、気分転換にと、何気に町へ出かけた日のことでした。

京阪線の三条駅でタクシーを下り、少し南へ下って、新門前通りに入る。骨董屋のしかつめらしい門構えを眺めて歩くうちに、見覚えのある日本画の画廊に行き合った。

結婚前に、一輝と京都を旅行して、なかなか気に入った日本画をみつけ、その場で買ったことを、菜穂は唐突に思い出した。「刺さる」 という感じではなかったが、気に入ったのだ。京都画廊の名のある画家の手によるものだった。画家の名前は志村照山といった。

その (美濃山画廊の) 奧の応接室に、一枚の、青葉を描いた絵が掛かっています。

- クレーのような、青葉の連なり。
一輝と一緒に行った、パウル・クレーの展覧会。淡い色、ときには深い色彩を重ねて、クレーの絵の数々がさざ波のように菜穂の胸に立ち上った。

まさか、クレーの絵ではあるまい。けれど、クレーの絵のいちばんいい部分を集約し、日本画に翻訳したような、抽象的な青葉の絵だった。ショウウィンドウに出ていた志村照山の作品よりも、はるかに強い磁力を放つ絵。

自分の中で、何かが、ことりと動く感じがあった。
いや、違う。動いたのではない。刺さったのだ。
菜穂の胸中に、得体の知れない感情が、つむじ風のように巻き起こった。
えも言われぬ感情。見果てぬ欲望の予感があった。(P52)

その絵こそが - まだ無名の若き女性画家・白根樹 (菜穂と並ぶこの物語のもう一人の主人公) - その人が描いたものでした。

そのとき菜穂は、まだ何も知りません。「しらね・たつる」 が男性なのか、女性なのかさえも。しばらく経って、ようやく菜穂は “彼女” とめぐり会うことになります。

その人は、美しい。そして、哀しい。

聞こえはするものの、樹は声に出して話をすることができません。たいていは薄く微笑みながら、頭を縦にか横にか振ることで自分の意思を伝えます。際立った才能がありながら、あたかもそれを隠すようにして、樹は照山のもとで暮らしています。

弟子ではありながら、しかし樹と照山の間には、尋常ならざる “男と女の関係” が、あるのやら、ないのやら。すでに師匠の照山を凌駕するほどの技量を持ちながら、彼女が未だ正式に画壇デビューを果たせないでいるのは、何があってのことなのか。

いまはまだ無名の、しかし天賦の才能の持ち主の若き一人の女性画家に対し、菜穂もまた、他人にない審美眼の持ち主でした。その眼力は絶対で、菜穂は自分の直感に対し、梃子でも動かぬ信念を持っています。

自らの手で、必ずや白根樹を表舞台に立たせてみせる - 異邦人を寄せ付けず、強固なまでに古い因習にばかり固着する京都画壇の中にあって、無謀な闘いに向け、菜穂の心はなお一層燃え上がるのでした。

その過程において、菜穂は亡き祖父・喜三郎の、自分にも樹にも関わる、思いもしない過去を知ることになります。喜三郎をよく知る京都の人々の中にあって、おそらくは、菜穂だけがそれを知りません。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


異邦人(いりびと) (PHP文芸文庫)

◆原田 マハ
1962年東京都小平市生まれ。
関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。

作品 「カフーを待ちわびて」「楽園のカンヴァス」「ジヴェルニーの食卓」「あなたは、誰かの大切な人」「さいはての彼女」「まぐだら屋のマリア」他多数

関連記事

『阿弥陀堂だより』(南木佳士)_書評という名の読書感想文

『阿弥陀堂だより』南木 佳士 文春文庫 2002年8月10日第一刷 阿弥陀堂だより (文春文庫

記事を読む

『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷 【第162回 芥川賞受賞作】背

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 王とサーカス (創元推理文

記事を読む

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版 雪が降る (角川文庫)

記事を読む

『十六夜荘ノート』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『十六夜荘ノート』古内 一絵 中公文庫 2017年9月25日初版 十六夜荘ノート (中公文庫)

記事を読む

『生きる』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『生きる』乙川 優三郎 文春文庫 2005年1月10日第一刷 生きる (文春文庫) 亡き藩主

記事を読む

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』(中山七里)_シリーズ最高傑作を見逃すな!

『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山 七里 講談社文庫 2019年11月14日第1刷 悪徳の輪舞曲

記事を読む

『不思議の国の男子』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『不思議の国の男子』羽田 圭介 河出文庫 2011年4月20日初版 不思議の国の男子 (河出文

記事を読む

『エイジ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『エイジ』重松 清 新潮文庫 2004年7月1日発行 エイジ (新潮文庫)   重松清の小説が嫌いだ

記事を読む

『愛なんて嘘』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『愛なんて嘘』白石 一文 新潮文庫 2017年9月1日発行 愛なんて嘘 (新潮文庫) 結婚や

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑