『世にも奇妙な君物語』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『世にも奇妙な君物語』朝井 リョウ 講談社文庫 2018年11月15日第一刷

彼は子供の頃から 『世にも奇妙な物語』 が大好きで、当初は単純に、最後にどんでん返しがあるとか手軽にゾクっとする感覚を味わえるとか、そんな理由で好きだったものが、「小説を書くようになり全く違う魅力に溺れてしまった」 といいます。

で、その魅力とは - “世にも奇妙な” という言葉が持つ、すべてを無にするほどのパワーである - と。

小説を書くとき、特に、少し現実離れしたような設定の人物や舞台を描写するとき、理由の存在がついて回る。このキャラクターの天真爛漫さは過去に暗いエピソードでもないと成立しない、この世界がこんな状態なのは相応の歴史がなければ必然性がない・・・・・私たちは目の前の事象に理由を求める。物語に背景を求める。それどころか、小説家自身にさえ、「どうしてこの小説を書いたのか」 と問い、自分なりに答え合わせをしたがる。

私はそれが苦手だ。特に理由もなく人や世界や物語を描いたっていいはずなのに、現実は予感も助走もないような出来事ばかりなのに、いつも小説が成り立つ理由を掻き集めてばかりいる自分に辟易している。(P315.316/著者あとがきより)

- そんな私にとって、『世にも奇妙な物語』 は深く呼吸ができるオアシス - で、そこでは - その人が、その世界がどうしてそんなことになったのか、理由を求めようとは思わない。だって、”世にも奇妙な” 物語だと、最初に宣言しているから - なんだと。

世界は何が起こるかわからない。人の心は覗けない。誰かが意図したものなら尚更に。結末の先にあるもうひとつの結末。その恐怖、その落差を、存分に味わってください。

あらすじ
いくら流行っているからといって、経済的にも精神的にも自立した大人が、なぜ一緒に住むのか。(第一話 「シェアハウさない」

その人がどれだけ 「リア充」 であるのかを評価する、「コミュニケーション能力促進法」 が執行された世界。知子のもとに、一枚の葉書が届く。(第二話 「リア充裁判」

親のクレームにより、幼稚園内で、立っている金次郎像が座っているものに変えられた! (第三話 「立て! 金次郎」



そしてすべての謎は、第五話 「脇役バトルロワイヤル」 に集約される。(小説現代より)

※できるだけ最初から順番通りに読んでください。途中はまだしも、第五話 「脇役バトルロワイヤル」 だけは、何があっても最後に読むように。でないと、せっかくの著者の企みが台無しになってしまいます。

収録作品
1.シェアハウさない
2.リア充裁判
3.立て! 金次郎
4.13.5文字しか集中して読めな
5.脇役バトルロワイヤル

この本を読んでみてください係数 85/100

◆朝井 リョウ
1989年岐阜県垂井町生まれ。
早稲田大学文化構想学部卒業。

作品 「桐島、部活やめるってよ」「何者」「世界地図の下書き」「もういちど生まれる」「少女は卒業しない」「何様」「スペードの3」他多数

関連記事

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 四十三歳の宇津井茂美はいまだに

記事を読む

『口笛の上手な白雪姫』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『口笛の上手な白雪姫』小川 洋子 幻冬舎文庫 2020年8月10日初版 「大事にし

記事を読む

『ゆれる』(西川美和)_書評という名の読書感想文

『ゆれる』西川 美和 文春文庫 2012年8月10日第一刷 故郷の田舎町を嫌い都会へと飛び出し

記事を読む

『沈黙の町で』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『沈黙の町で』奥田 英朗 朝日新聞出版 2013年2月28日第一刷 川崎市の多摩川河川敷で、

記事を読む

『てらさふ』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『てらさふ』朝倉 かすみ 文春文庫 2016年8月10日第一刷 北海道のある町で運命的に出会っ

記事を読む

『よだかの片想い』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『よだかの片想い』島本 理生 集英社文庫 2021年12月28日第6刷 24歳、理

記事を読む

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版 ひと

記事を読む

『八月の路上に捨てる』(伊藤たかみ)_書評という名の読書感想文

『八月の路上に捨てる』伊藤 たかみ 文芸春秋 2006年8月30日第一刷 第135回 芥川賞

記事を読む

『さようなら、オレンジ』(岩城けい)_書評という名の読書感想文

『さようなら、オレンジ』岩城 けい ちくま文庫 2015年9月10日第一刷 オーストラリアに流

記事を読む

『つやのよる』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『つやのよる』井上 荒野 新潮文庫 2012年12月1日発行 男ぐるいの女がひとり、死の床について

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑