『眺望絶佳』(中島京子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『眺望絶佳』(中島京子), 中島京子, 作家別(な行), 書評(た行)

『眺望絶佳』中島 京子 角川文庫 2015年1月25日初版

藤野可織が書いている解説に、とても感心しました。文庫の帯には、「本書は、神様を持たない人に神様をくれる本だと思う」と大書してあります。彼女はその理由について、自分には神様がいないと言い、まずその説明を始めるのですが、それがいいのです。

お墓とか仏壇とか檀家とか、そういうものと「信心」が結びついていない、と言います。日頃は神仏を崇めるような生活をしていないのに、必要のあるときだけ都合よく、数珠を巻いてみたり拝んでみたりして、信心のあるようなふるまいをしていると言うのです。

自分が嘘をついているのにちょっとだけ傷つき、同時に自分が立派に空気を読んだふるまいをしていることをちょっとだけ誇りに思います。

ここまで、どうですか? 失礼を承知で言いますが、大多数の方の「信心」とは、まことにこの程度ではないのでしょうか。彼女が宗教を頼みにしないのは、宗教と縁が薄いからと言って表立って批判もされないし、既成の神様はどこか敷居が高いと感じているからです。

習慣や義務を課すようなものは、はっきり言って迷惑だと言います。何もかもを瞬く間に解決して、すべてから解放してくれる都合のいい神様なんて存在するわけはない。中学生の頃に読んだ遠藤周作の小説も、一旦は感心するものの、すぐに忘れてしまう彼女です。

これが、藤野可織の神様がいない理由です。そして、彼女がほしい神様とは、「私たちみんなが、たった一人でつかみどころがなくて理解の及ばないものと必死で戦っていることを、ときどき思い出させてくれる神様」なのです。

長くなりましが、藤野可織がほしいと願う神様が、この小説『眺望絶佳』には間違いなくいるんですよと彼女は結んでいます。もちろん、スカイツリーや東京タワーが神様ですという単純な話ではなく、神様の存在を知らしめるための象徴としてあるわけです。

スカイツリーから東京タワーに宛てた手紙に続いて8つの短い話が綴られた後、最後に東京タワーからスカイツリーに向けての返信が準備されています。8つの短編はそれぞれ違った趣きで、どれもがふたつの電波塔と関連している話ではありません。

なぜ往復書簡の間にこれらの短編が差し挟まっているのか、どこにも理由は書かれていませんし、さらっと読んだ(読めてしまうのですが)だけでは、正直確かな意味は掴めないと思います。それほどにそれぞれの話は独立して、一貫性がありません。

ここでまた、藤野解説を頼らなければなりません。藤野可織曰く、8つの短編にはふたつの共通点があると言います。その共通するものをして、日本で一番と二番目に高い建物である電波塔同士の手紙に挟まれている意味がある、と解説しているのです。

スカイツリーと東京タワーに与えられた宿命、8つの物語が示唆する「人」としての宿命、なぜ藤野可織は「神様」の存在をいの一番に取上げたのか。

それは書かずにおきたいと思います。ただ、この小説はこの程度の準備をしてから読む方が内容をよく吟味できると思います。ひとつひとつの話をぶつ切りにせず、全体の構成上必然的に今はこの話が語られているんだということを意識しながら読めば、見えないものが見えてくるように感じられます。

この本を読んでみてください係数 80/100


◆中島 京子
1964年東京都生まれ。
東京女子大学文理学部史学科卒業。

作品 「FUTON」「イトウの恋」「均ちゃんの失踪」「冠・婚・葬・祭」「小さいおうち」「妻が椎茸だったころ」他

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『私の消滅』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『私の消滅』中村 文則 文春文庫 2019年7月10日第1刷 「このページをめくれば

記事を読む

『鳥の会議』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『鳥の会議』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。

記事を読む

『ダンデライオン』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『ダンデライオン』中田 永一 小学館 2018年10月30日初版 「くちびるに歌を」 以来7年ぶり

記事を読む

『漁港の肉子ちゃん』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 男にだまされた母・肉子ちゃん

記事を読む

『テミスの剣』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『テミスの剣』中山 七里 文春文庫 2017年3月10日第1刷 昭和五十九年、台風

記事を読む

『アポロンの嘲笑』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『アポロンの嘲笑』中山 七里 集英社文庫 2022年6月6日第7刷 東日本大震災直

記事を読む

『太陽は気を失う』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『太陽は気を失う』乙川 優三郎 文芸春秋 2015年7月5日第一刷 人は(多かれ少なかれ)こんな

記事を読む

『月と蟹』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『月と蟹』道尾 秀介 文春文庫 2013年7月10日第一刷 海辺の町、小学生の慎一と春也はヤド

記事を読む

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 中上健次という作家

記事を読む

『吉祥寺の朝日奈くん』(中田永一)_書評という名の読書感想文

『吉祥寺の朝日奈くん』中田 永一 祥伝社文庫 2012年12月20日第一刷 彼女の名前は、上から読

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑