『よるのばけもの』(住野よる)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『よるのばけもの』(住野よる), 住野よる, 作家別(さ行), 書評(や行)

『よるのばけもの』住野 よる 双葉文庫 2019年4月14日第1刷

夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても、それは深夜に突然やってくる。ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野さつきがいて - 。大ベストセラー青春小説 『君の膵臓をたべたい』 の著者が描く、本当の自分をめぐる物語。(双葉文庫)

文庫の帯には「夜の学校で、僕はひとりぼっちの少女に出会った - 本当の君が、ここにいる」 とあります。

最初は何が始まってゆくのだろうと。

そのうち段々と、「ああ、これはよくある “いじめ” の話」 なんだと、きっとそう思うはずです。「本当の君」 とは - なぜか夜中の教室に一人ぽつんと佇む同級生の、矢野さつきのことなんだと - そう思うに違いありません。

さつきという少女は確かにいじめに遭っています。クラスの中で、明らかに孤立しています。

しかしです。よく読むと、(外見は) さつきはさほどそのことに傷ついてはいないように思えます。というか、敢えてその立場(=いじめに遭う側) に甘んじているように思えてなりません。

昼間の学校では、彼女は決して本心を晒しません。むしろ、いじめを享受しているようにさえみえます。自分が承知でそうであるのなら、少なくとも別の誰かには害が及ばないとでも言うようにして。

だからこそ、さつきにだけは - 化け物の “僕” が “僕” だとわかった - のでしょう。

いじめの物語ではなかった、と読み終わったあとに清々しく胸を衝かれる。いじめが醸成される構造も柱の一つではあるが、主ではない。必死で空気を読んでその他大勢であり続けようとする少年と真夜中の化け物、どちらが本当の彼なのか。なぜ二つに引き裂かれたのかという問いかけが痛いくらいに鮮やかだ。地雷原、と作中で書かれた思春期の教室で、化け物的な側面を持たすに生きていける子がどれだけいるだろう。(週刊文春 2017.2.9号掲載/彩瀬まるの書評から抜粋)

※実際には、なかなか矢野さつきのような少女はいないと思います。彼女のような人物よりも、むしろ化け物になってしまった主人公の “僕” に似た者の方が、何倍も、何十倍も多いはずです。

なぜなら、地雷原を避けて通るには、それが一番容易い方法だからです。但し、ただ避けて通るばかりでは、問題は何一つ解決しません。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆住野 よる
1990年生まれの29歳(らしい)。大阪府在住。男性。

作品 「君の膵臓をたべたい」「また、同じ夢を見ていた」「青くて痛くて脆い」「か「」く「」し「」ご「」と「」「麦本三歩の好きなもの」等

関連記事

『さよならドビュッシー』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『さよならドビュッシー』中山 七里 宝島社 2011年1月26日第一刷 ピアニストからも絶賛!

記事を読む

『夜は終わらない』上下 (星野智幸)_書評という名の読書感想文

『夜は終わらない』上下 星野 智幸 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 「婚約者が自殺した」と

記事を読む

『歪んだ波紋』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『歪んだ波紋』塩田 武士 講談社文庫 2021年11月16日第1刷 マスコミの 「

記事を読む

『千の扉』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『千の扉』柴崎 友香 中公文庫 2020年10月25日初版 五階建ての棟の先には、

記事を読む

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 「おとなになっても忘れ

記事を読む

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版 〈没後15年記念〉 

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 生きているうちに読むことができて

記事を読む

『木曜日の子ども』(重松清)_書評という名の読書感想文

『木曜日の子ども』重松 清 角川文庫 2022年1月25日初版 世界の終わりを見た

記事を読む

『夜に啼く鳥は』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『夜に啼く鳥は』千早 茜 角川文庫 2019年5月25日初版 辛く哀しい記憶と共に続

記事を読む

『せんせい。』(重松清)_書評という名の読書感想文

『せんせい。』重松 清 新潮文庫 2023年3月25日13刷 最泣王・重松清が描く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑