『ベッドタイムアイズ』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『ベッドタイムアイズ』(山田詠美), 作家別(や行), 山田詠美, 書評(は行)

『ベッドタイムアイズ』山田 詠美 河出書房新社 1985年11月25日初版

2 sweet + 2 be =4 gotten( Too sweet to be forgotten 忘れ去られるには甘過ぎる)
たまには、日本人離れした too sweet な小説を読んでみるのはいかがですか?

山田詠美のデビュー作であり、文藝賞受賞作品です。

単行本の巻末には、4名の選者の選後評の一部が掲載されています。選者は、江藤淳、野間宏、河野多恵子、小島信夫。若い方ならいざ知らず、私のような年代の人間には錚々たるメンバーです。しかもその人たちが全員声を揃えて、この小説を激賞しているのです。

河野多恵子は、「文学はよき変革期に入ろうとしているのかも知れない。」とまで書いています。人工飼育された魚や鶏のように肥大した作品群のなかで、懸命に尾鰭を振って渦潮を突っ切ろうとする鯛や、放し飼いで地面を爪痕だらけにする鶏を思わせると言うのです。

その肉には、少しの無駄もない-すべての文章が完全に機能している、と結んでいます。小島信夫の文章は、氏らしく簡潔で明瞭です。「書くべきことがハッキリしているし、むだもない。汚くもない。鮮烈というべきか。」

江藤淳と小島信夫は、ノーベル賞作家・大江健三郎の『飼育』を引合いに出して、『ベッドタイムアイズ』が鮮やかさで『飼育』を圧倒し、その頃既に27、8年前の小説になっていた『飼育』が、童話とも抒情的散文詩ともつかないものに感じられると書いているのです。

この小説は、米国駐軍相手のクラブで歌手をしている若い日本人女性キムと、横須賀の基地から脱走した黒人兵スプーンとの刹那の同棲生活を描いています。スプーンはキムをかわいがるのがとても上手ですが、それは彼女の体であって、決して心ではありません。

スプーンは、彼の呼び名です。スプーンは、ポケットの中にいつも〈銀の匙〉を入れて持ち歩いています。幸福に恵まれた子供のことを「銀の匙をくわえて生まれてきた」という言い方に倣って、親しみと嘲りの気持ちをこめて、人々は彼のことをそう呼んでいます。

当然ですが、小説では二人のセックスシーンが数多く描かれます。おそらくそれまでは書かれたことがない、直截的な単語がごく自然に使われているのですが、これも発売当初は大きな衝撃だったと思います。

彼の《ディック》に対して、赤味のある白人のいやらしい《コック》。日本人のたよりない《プッシー》。《ファック》に《ビッチ》に《マスタベイト》。ある人はこれらの言葉だけで拒絶反応を示すのでしょうが、じつは下品でも卑猥でもありません。

「いつでもよ」にはエニタイム、「あんたの肌はまるで黒檀ね」の黒檀はエボニー、「雨の音を聴きなよ」はリスントウザレイン」・・・、普通の訳ですが、二人の会話はカタカナ表記で読む方がはるかにピタリとくるのです。

それにしても驚異なのは、初版から30年後の現在でもこの小説がまったく古くなっていないことです。時代背景の描写がないこともあるでしょうが、内容は今でも新鮮で、全く予備知識がない人に最近出た本ですよと差し出しても、たぶん信じると思いますよ。

この本を読んでみてください係数  85/100


◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー」「僕は勉強ができない」「風葬の教室」「トラッシュ」「アニマルロジック」「A2Z」「風味絶佳」「学問」「放課後の音符」「熱血ポンちゃんシリーズ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『パレートの誤算』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『パレートの誤算』柚月 裕子 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 ベテランケース

記事を読む

『ふたり狂い』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『ふたり狂い』真梨 幸子 早川書房 2011年11月15日発行 『殺人鬼フジコの衝動』を手始

記事を読む

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷 どうして私はこん

記事を読む

『橋を渡る』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『橋を渡る』吉田 修一 文春文庫 2019年2月10日第一刷 ビール会社の営業課長

記事を読む

『徘徊タクシー』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『徘徊タクシー』坂口 恭平 新潮文庫 2017年3月1日発行 徘徊癖をもつ90歳の曾祖母が、故郷熊

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 あのひとのこと

記事を読む

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版第1刷 本郷に

記事を読む

『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷 B県海塚市は、過去の災厄から蘇りつ

記事を読む

『僕が殺した人と僕を殺した人』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山 彰良 文藝春秋 2017年5月10日第一刷 第69回 読売文

記事を読む

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発行 朝日、読売、毎日、日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑