『あなたの不幸は蜜の味』(辻村深月ほか)_書評という名の読書感想文

『あなたの不幸は蜜の味』辻村深月ほか PHP文芸文庫 2019年7月19日第1版

ある地方都市で起きた放火事件を通して、自意識過剰な人間の滑稽さを見つめた 「石蕗南地区の放火」、過食に走った美人の姉と、姉に歪んだ優越感を覚える妹の姿が鬼気迫る 「贅肉」。また、事故死したはずの兄が生きているのではないかと疑いを抱いた妹の葛藤を描く 「おたすけぶち」 など、読んで心がざわつく、後味が悪いミステリー。人気の女性作家六人の、結末が衝撃的な作品を収録したアンソロジー。(PHP文芸文庫)

収録作品
1.石蕗(つわぶき)南地区の放火
2.贅 肉
3.エトワール
4.実 家
5.祝 辞
6.おたすけぶち  以上6作品

第3話 「エトワール沼田まほかる

くるぶしのせいで恋に落ちた、と吉澤は言っていた。そんなことが閃くように思い出されて、私は信号が青になったのに発車せず、またクラクションを浴びせられた。

雨の降りしきる夏の朝、店に出勤してきた奈緒子が屈んで、濡れたソックスをくるりと剥いだ。白く硬いくるぶしの陰翳にハッとして、見てはいけないもののように目を逸らす。その瞬間の若い吉澤の心に、奈緒子という女は深々と入り込んだのだった。

語り手の私は、職場の上司の吉澤と不倫の関係にある。吉澤は、妻の奈緒子と離婚するといい、私と一緒に暮らし始める。だが、周囲に奈緒子の姿がちらつくことで、しだいに私は追いつめられていくのだった。

略奪愛で幸せになるはずの私が、奈緒子の姿や影に怯えて、どんどん常軌を逸していく。この過程を作者は、恐ろしいほどリアルに活写する。その果てに現れる、ある事実がさらに恐ろしい。必要最小限の登場人物で、これほど狂気に満ちたストーリーを創れるとは! 読者の気持ちを巧みに誘導し、イヤな場所まで連れていく、作者の手腕が鮮やかなのだ。(解説より)

私は奈緒子に叶わない - その思いは、日を追うごとに強くなっていきます。吉澤と二人でいても安らぐことがありません。むしろ疑心暗鬼が募ります。私に向けて吉澤は、わざとのように奈緒子のことを話題にします。

濡れたソックスを脱いで密やかなくるぶしを吉澤の視線にさらした、もしかしたらそれさえも奈緒子の企みではなかったか。そんな気がしてくる。

私の、奈緒子に対する激しい嫉妬と憎悪は止むことがありません。何かにつけ今も奈緒子を庇う吉澤に、遂に私が切れると、

奈緒子という女はね吉澤はまっすぐに前方を見ていた。

いないんだ
え、何が?

奈緒子は死んだ母の名だ。僕には妻はいない。奈緒子は存在しないんだよ」(太字は全て本文より)

と言ったのでした。

※途中で車に轢かれて死にかけた猫の話が出てきます。下半身はぺちゃんこで、かろうじて目を開けている猫を救ったのは奈緒子でした。彼女は一体どんな方法で猫を救ったのでしょう? 読むと必ず、気持ち悪くなります。吐くかもしれません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆辻村深月 
 小池真理子 
 沼田まほかる 
 新美きよみ 
 乃南アサ 
 宮部みゆき 

関連記事

『雨のなまえ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『雨のなまえ』窪 美澄 光文社文庫 2022年8月20日2刷発行 妻の妊娠中、逃げ

記事を読む

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3月1日発行 母

記事を読む

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 あたしってなんでこんな

記事を読む

『草祭』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『草祭』恒川 光太郎 新潮文庫 2011年5月1日 発行 たとえば、苔むして古びた

記事を読む

『おはなしして子ちゃん』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『おはなしして子ちゃん』藤野 可織 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 理科準備室に並べられた

記事を読む

『あこがれ』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『あこがれ』川上 未映子 新潮文庫 2018年7月1日発行 第1回 渡辺淳一文学賞受賞作品 ま

記事を読む

『森の家』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『森の家』千早 茜 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 自由のない家族関係を嫌う美里は、一回

記事を読む

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 克己と

記事を読む

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初版発行 期待して

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 萩原浩の代表作と言えば、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑