『血縁』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『血縁』(長岡弘樹), 作家別(な行), 書評(か行), 長岡弘樹

『血縁』長岡 弘樹 集英社文庫 2019年9月25日第1刷

コンビニの店員が男にナイフを突きつけられるなか、電話の音が響いた。【でていいか】 店長が差し出したメモを見ても、男はなぜか何も答えなかった -(「文字盤」)。自首という言葉を聞くと、あの出来事が芹沢の頭をよぎる。刑務官が押さなければならない3つのボタン - (「ラストストロー」)。など7編。家族とは、いったい何か? 短編ミステリーの名手が放つ、情感豊かな犯罪小説集。(集英社文庫)

内容とはまるで違うのですが、この小説を読み終えた矢先に起こったことで、ふとそれを書いてみようと思いました。

突然のことだったのですが、妻の従弟が亡くなりました。41歳でした。大工だった彼は男ばかり3人兄弟の次男で、早くに結婚し、女の子が二人いました。

数年前、彼は大工にとって致命的な傷を負います。仕事中に屋根から転落し、下半身を大きく損傷し、思うように身体が動かなくなってしまいます。生活がままならず、やむなく家族は奥さんの実家に身を寄せることになります。

再起を果たそうと、彼は精一杯努力してリハビリに励みます。しかし身体は元に戻らず、稼ぎのない彼に対し、奥さんの両親からは時に心ない言葉を浴びせられ、やむにやまれず二人は離婚を決意します。三人を残し、彼は自分の実家へ戻ることになります。

その後の亡くなるまでの彼の生活は、日を追って荒んでいったようです。自暴自棄になり、酒に溺れ、酒が入ると父親にも母親にも見境なく暴力を振るうようになります。家の財布から金を抜き、焼酎ばかりを呑んでいたようです。

亡くなる前の晩も同様で、翌朝彼が起き出してこないのを気にした母親が部屋を覗くと、その時彼は既に冷たくなっていたといいます。壁に凭れたままの姿勢で、眠るように亡くなっていたそうです。

突然死故、警察の検死を受け、その後通夜と告別式が営まれました。家族葬ですると決めた斎場はさほど大きくはなかったのですが、通夜の席には彼のかつての仕事仲間や友人が数多く参列してくれました。

彼らは、彼の死をどう受け止めたのでしょう? 彼の無念さ切なさを、どこまで感じてくれたでしょう。通夜の斎場には、棺で眠る彼の顔を撫でながら、「ごめんな、ごめんな」と繰り返し呼びかける別れた元の奥さんの悲痛な声が響きます。彼女の本意を、子どもたちの胸中を、どう察することができたでしょう。

家族って、なんだろう?
私ぐらいの年齢になり、両親をはじめ親族で亡くなる人が増えてくると、亡くなった人のことや子供時代の記憶を共有するのは生きている家族、つまり身内しかいない。そう考えると、家族というのは記憶を共有する場なのだとも思う。そして、生きているといろんな人と出会い、懐かしい人が増えていく。本書の家族は一筋縄ではいかないし、シビアなこともたくさん描かれているけれど、未来に繋がる救いもある。長岡さんの短編は、アイデア重視といえども 「人間味」 も魅力だ。人情や町の風景が脳裏に浮かび、読み終えたときに涙を誘われたりする。
(青木千恵/解説より)

本書にはざまざまな家族の形が登場し、引きこもり、介護、同族会社、格差、親族殺人等、現代社会のあらゆる事象が盛り込まれています。

家族は、必ずしも温かな場所とは限りません。何かの都合でそれは簡単に崩れ去り、時に人に言えない地獄にさえなってしまいます。それでも、家族でいることをやめるわけにはいきません。誰より濃い関係であるからこそ、断ち切るわけにはいかないのです。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆長岡 弘樹
1969年山形県山形市生まれ。
筑波大学第一学群社会学類卒業。

作品 「陽だまりの偽り」「傍聞き」「教場」「教場2 」「線の波紋」「波形の声」「群青のタンデム」「白衣の嘘」他

関連記事

『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷 ガレージや車が燃やされ

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 物書きの「私」は、ひきこもり

記事を読む

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 『最悪』『邪魔』とクライム・ノ

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 まるで吸い寄せられるように二

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 古書店 『無窮堂』 の若き当主、真志喜と

記事を読む

『口笛の上手な白雪姫』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『口笛の上手な白雪姫』小川 洋子 幻冬舎文庫 2020年8月10日初版 「大事にし

記事を読む

『高校入試』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『高校入試』湊 かなえ 角川文庫 2016年3月10日初版 県下有数の公立進学校・橘第一高校の

記事を読む

『きみの町で』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの町で』重松 清 新潮文庫 2019年7月1日発行 あの町と、この町、あの時

記事を読む

『風に舞いあがるビニールシート』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『風に舞いあがるビニールシート』森 絵都 文春文庫 2009年4月10日第一刷 第135回直木賞受

記事を読む

『草祭』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『草祭』恒川 光太郎 新潮文庫 2011年5月1日 発行 たとえば、苔むして古びた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑