『儚い羊たちの祝宴』(米澤穂信)_名手が放つ邪悪な五つの物語

『儚い羊たちの祝宴』米澤 穂信 新潮文庫 2019年6月5日12刷

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

味わえ、絶対零度の恐怖を。ラストの1行で世界が反転。新世代ミステリの旗手が放つ衝撃の暗黒連作。

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル 「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な 「バベルの会」 をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。(新潮社)

目次
・身内に不幸がありまして
・北の館の罪人
・山荘秘聞
・玉野五十鈴の誉れ
・儚い羊たちの晩餐

収録された五篇は、いずれも浮世離れした上流社会を背景としている一応、それぞれ独立した話ではあるものの、バベルの会という読書サークルの存在が、各話をゆるく繋いでいる。しかし、話の内容は甘美というよりは残酷であり、毒々しささえも感じさせる。その意味で、本書の最高傑作は玉野五十鈴の誉れだろう。この話は真相もさることながら、ラスト一行の衝撃が尋常ではなく、読後、引きつった笑いさえこみ上げてくるほどだ。(解説より by千街晶之)

- とあり、(間を空けて) 話はこんな風に続きます。

一方で 儚い羊たちの祝宴の登場人物は、全員が読者の共感を拒むように描かれている。無垢はたやすく邪悪に転換するし、弱者はとことん弱者、俗物はとことん俗物として突き放されている。結末で主人公に救いが与えられる場合であっても、そこには何らかの残虐な行為が必ず代償として用意される。目的のためにはどんな無慈悲な行為も辞さない登場人物たちの、一切迷いを感じさせない奸計合戦。それは、極彩色の人工的背景の前で繰り広げられる、華麗で無邪気で非情な人形劇のようでもあるし、古代や中世の王朝における、あまりに残酷すぎていっそお伽話にも似た宮廷陰謀のようでもある。

読者は純粋に傍観者として、著者が演出した劇を愉しめばいい。読者の感情移入を拒むことによってこそ描ける純粋な悪意というのも、また存在するのである。それは時に、玉野五十鈴の誉れ のラスト一行に代表される黒い笑いへと展開する。

今ある世界のことではないような、あるような。恐怖は、距離を置いた先にあります。

この本を読んでみてください係数 85/100

儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)

◆米澤 穂信
1978年岐阜県生まれ。
金沢大学文学部卒業。

作品「折れた竜骨」「心あたりのある者は」「氷菓」「インシテミル」「追想五断章」「ふたりの距離の概算」「満願」「王とサーカス」「本と鍵の季節」「Iの悲劇」他多数

関連記事

『ブラックライダー』(東山彰良)_書評という名の読書感想文_その1

『ブラックライダー』(その1)東山 彰良 新潮文庫 2015年11月1日発行 ブラックライダー

記事を読む

『凶犬の眼』(柚月裕子)_柚月裕子版 仁義なき戦い

『凶犬の眼』柚月 裕子 角川文庫 2020年3月25日初版 凶犬の眼 (角川文庫) 広

記事を読む

『ふたりの距離の概算』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『ふたりの距離の概算』米澤 穂信 角川文庫 2012年6月25日初版 ふたりの距離の概算 (角

記事を読む

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』(山寺香)_書評という名の読書感想文

『誰もボクを見ていない/なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか』山寺 香 ポプラ文庫 2020年

記事を読む

『舞台』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『舞台』西 加奈子 講談社文庫 2017年1月13日第一刷 舞台 (講談社文庫) 太宰治『人

記事を読む

『本性』(黒木渚)_書評という名の読書感想文

『本性』黒木 渚 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 本性 (講談社文庫) 異常

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

『ひざまずいて足をお舐め』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ひざまずいて足をお舐め』山田 詠美 新潮文庫 1991年11月25日発行 ひざまずいて足をお舐め

記事を読む

『蓮の数式』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『蓮の数式』遠田 潤子 中公文庫 2018年1月25日初版 蓮の数式 (中公文庫) 35歳の

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 ぼくとおれ (実業之

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑