『桃源』(黒川博行)_「な、勤ちゃん、刑事稼業は上司より相棒や」

『桃源』黒川 博行 集英社 2019年11月30日第1刷

桃源

沖縄の互助組織、模合 (もあい)。
グループで毎月集まって金を出し合い、欲しい人間から順に落札するこの制度で集めた、仲間の金六百万円を持ち逃げした比嘉の行方を追うこととなった大阪府泉尾署の刑事、新垣と上坂。
どうやら比嘉は沖縄に向かったらしいという情報をつかんだ二人が辿り着いたのは、沖縄近海に沈む中国船から美術品を引き上げるという大掛かりなトレジャーハントへの出資詐欺だった - 。
遺骨収集、景徳鎮、クルーザーチャーター。様々な情報と思惑が錯綜するなか、真実はどこに向かうのか。著者過去作の 『落英』 に登場した上坂が新たに組んだ相方は沖縄出身の色男・新垣。新結成の警察コンビが事件の謎に迫る!

黒豆コンビ」、「ブンと総長など初期警察小説から三十余年、黒川博行の新たな正統派警察捜査小説シリーズ、ここに誕生。刑事・新垣遼太郎×上坂勤が南西諸島を舞台とするトレジャーハント事件に挑む。(集英社/版元ドットコムより)

(2018年6月刊 『泥濘』 に次ぐ) 黒川博行の新刊 『桃源』 を読みました。

いつにも増して分厚い本で、全部で556ページあります。座って読んだり寝転んでみたり、右を向いたり左を向いたりして2日がかりで読み終えました。

いろいろ意見はあるのでしょうが、もしもあなたが、たとえば 『国境』 のような、かなりハードでスリリングな展開を思い描いているとするなら、(残念ながら) やや期待外れに終わるやもしれません。物語は、思いのほか淡々と進んでいきます。

それより何より、今回著者が一等描きたかったのは、(そうとは気付かせない中で) 実は 「刑事・上坂勤」 ではなかったかと - 。

※みなさんは 『落英』 に登場した (あの和歌山の) 上坂という刑事を覚えているでしょうか。本編を読めば 「ああ、あの時の・・・・・」 ときっと思い出すはずです。

錯綜した事件の真相を追う展開もさることながら、今回著者はそれに負けず劣らず、口を開けば映画の話か与太話、隙あらば旨いものを喰おうと相方を誘い、痛風持ちで靴が履けずにサンダル履きで捜査に当る、小太りで見栄えのしない一兵卒の刑事こそを描きたかったのではないのかと。

※直接捜査に当り、大阪と沖縄を右往左往する新垣と上坂の掛け合いの面白さは相変わらずで、(これまでのコンビの誰よりも) さらに磨きがかかっているやもしれません。

それで十分なのに、それが出色であるにもかかわらず、この物語の二人にはその滑稽さを敢えて演じてみせる素の部分、報われることのない現場の警察官の悲哀というものを何気に描き出しているような、そんな気がしてなりません。

二人は見た目以上に優秀で、思う以上にやさしい人間です。

この本を読んでみてください係数 85/100

桃源

◆黒川 博行
1949年愛媛県今治市生まれ。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。

作品 「二度のお別れ」「雨に殺せば」「迅雷」「離れ折紙」「悪果」「疫病神」「国境」「螻蛄」「文福茶釜」「煙霞」「暗礁」「破門」「後妻業」「勁草」「泥濘」他多数

関連記事

『ちょっと今から仕事やめてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から仕事やめてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2015年2月25日初版 ちょ

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 ※二部構

記事を読む

『絵が殺した』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『絵が殺した』黒川 博行 創元推理文庫 2004年9月30日初版 絵が殺した (創元推理文庫)

記事を読む

『おめでとう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『おめでとう』川上 弘美 新潮文庫 2003年7月1日発行 おめでとう (新潮文庫)

記事を読む

『宇喜多の捨て嫁』(木下昌輝)_書評という名の読書感想文

『宇喜多の捨て嫁』木下 昌輝 文春文庫 2017年4月10日第一刷 宇喜多の捨て嫁 (文春文庫

記事を読む

『大阪』(岸政彦 柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『大阪』岸政彦 柴崎友香 河出書房新社 2021年1月30日初版発行 大阪 大阪に来た

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫) 建設

記事を読む

『妻籠め』(佐藤洋二郎)_書評という名の読書感想文

『妻籠め』佐藤 洋二郎 小学館文庫 2018年10月10日初版 妻籠め (小学館文庫) 父を

記事を読む

『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版 203号室 (光文社文庫) 「ここ

記事を読む

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑