『ファーストラヴ』(島本理生)_彼女はなぜ、そうしなければならなかったのか。

『ファーストラヴ』島本 理生 文春文庫 2020年2月10日第1刷

ファーストラヴ (文春文庫)

第159回直木賞受賞作、島本理生の 『ファーストラヴ』 を読みました。

おそらくは、こんなにも哀しい “初恋” の話を読んだのは初めてだと思います。とはいえ、環菜ほどではないにせよ、似た経験がある人は案外いるのではないかと。本人にその自覚があるかどうかはわかりません。だからこそ、哀しいのだと。

ある夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。就職試験を終えたその足で父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、女子トイレにて刺殺したのだ。テレビ局のアナウンサーを目指していたという環菜の美しいルックスも相まって、この事件はマスコミでも大々的に取り上げられてしまう。

臨床心理士の真壁由紀は、事件を題材としたノンフィクション本の依頼を受け、環菜やその周辺人物たちと面会を重ねていく。その過程で明らかになる、「動機は自分でも分からないから見つけてほしい」 と語る環菜が通過してきた数々の景色たち。彼女が “初恋” と語る時間、画家である父親のデッサン会と名付けられた空間、出自を巡る両親との対話、親友と過ごした学生時代・・・・・・・様々なシーンについて語られるたび、環菜が自分自身でも把握できていなかった心の形が、事件が発生するまでの感情の軌跡が再構築されていく。

以上がこの物語の核となる部分。「動機は自分でも分からないから見つけてほしい」 と語る環菜は、どんな日々を生きてきたのでしょう? 何を支えに生きてきたのでしょう? 彼女が思う彼女のあるべき姿とは、本当に彼女自身が願ったことだったのでしょうか?

(一部略) そして、事件の全容を追うだけでもじゅうぶん読み応えがあるのだが、環菜の過去が明かされていく道程に並走するように、主人公である由紀の人生も紐解かれていくところが頁を捲る手を加速させる。環菜の国選弁護士である迦葉との胸に秘めた出来事、それに連なる現在の夫との出会い、母親から聞いた父親の知られざる姿、自分を縛り続けていたある目線 - 動機がわからないと吐露する環菜に寄り添うことによって、由紀自身も、これまで自分の人生を突き動かしてきたものに向き合っていくのだ。

わかるのは、環菜も由紀も、実は囚われているものの正体は同じではないかということ。誰しもにその可能性はあり、大なり小なり誰もがそのことに甘んじている。見て見ぬふりをする。次第に慣らされて、そのうち抜け出せなくなってしまう。逆らうことをしなくなる。

終盤、法廷で自身にとっての真実を語る環菜の言葉に触れた私たち読者は、事件の全容を知るだけでなく、私たちがこれまで見てきた景色にも思いを馳せることになるだろう。あのとき、あの人の内側では思いもよらぬ爆発が起こっていたかもしれない。あのとき、本当は自分はものすごく傷ついていたのかもしれない。読後、由紀と環菜の今後を祈るとともに、自分が浴びてきたもの、人に浴びせてきたものについて振り返るはずだ。(太字は全て朝井リョウ氏の解説より抜粋)

この本を読んでみてください係数 85/100

ファーストラヴ (文春文庫)

◆島本 理生
1983年東京都板橋区生まれ。
立教大学文学部中退。

作品 「シルエット」「リトル・バイ・リトル」「生まれる森」「一千一秒の日々」「大きな熊が来る前に、おやすみ。」「あなたの呼吸が止まるまで」「夏の裁断」他多数

関連記事

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版第1刷 新装版 人殺し

記事を読む

『歪んだ波紋』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『歪んだ波紋』塩田 武士 講談社文庫 2021年11月16日第1刷 歪んだ波紋 (講談社文庫

記事を読む

『また、桜の国で』(須賀しのぶ)_これが現役高校生が選んだ直木賞だ!

『また、桜の国で』須賀 しのぶ 祥伝社文庫 2019年12月20日初版 また、桜の国で (祥

記事を読む

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年12月25日初版

記事を読む

『北斗/ある殺人者の回心』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『北斗/ある殺人者の回心』石田 衣良 集英社 2012年10月30日第一刷 北斗 ある殺人者の

記事を読む

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷 僕のなかの

記事を読む

『その街の今は』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『その街の今は』柴崎 友香 新潮社 2006年9月30日発行 その街の今は (新潮文庫) ここが昔

記事を読む

『幻年時代』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『幻年時代』坂口 恭平 幻冬舎文庫 2016年12月10日初版 幻年時代 (幻冬舎文庫) 4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『坂の上の赤い屋根』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『坂の上の赤い屋根』真梨 幸子 徳間文庫 2022年7月15日初刷

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑