『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1日発行

ただしくないひと、桜井さん (新潮文庫)

滝田さんの小説は、怖い。怖くて、とても誠実だ。 - 彩瀬まる

悪いと思いながら少女は母を蹴る。性欲のまま早熟な体を安売りする。死病に冒された女は夫ではない男に身を任せ、夫は当てつけのように女を買う。貞淑な祖母は孫を見捨て、清らかなはずの女は 「一番愛している」 からと悦楽に溺れていく。口には出せないたくさんの秘密。それは他人の痛みに手を差し伸べる “桜井さん” の中にもあった。R-18文学賞読者賞を含む、日常への裏切りに満ちた連作集。(新潮文庫)

踏み外れていく、ただただ気持ちがいいその一歩と堕落。R-18文学賞読者賞受賞の 善悪を振り切る問題作!   “ただしくないひと” たちが織りなす4つの連作短編集

[目次]
・僕の前進を、ともに喜ぶ人は
・俺ではない男
・いくつになっても私には、
・わたしはまだ、わたしを知らない。

[解説より]
作中人物の言葉通り、この本は 「ただしいひと」 と 「悪いひと」 がいるのではなく、私たちはみんな 「ただしくないひと」 で、その 「ただしくなさ」 の現れ方に違いがあるだけだ、という不穏な仮定のもと、物語が紡がれている。

すごく怖い本だと思う。なにしろ、不倫をしている妻が実はきちんと夫を思い、愛していたりする。援助交際に手を染めた男が、制服好きのロリコンではなく普通の通勤帰りのサラリーマンだったりする。登場人物たちの行為には凄惨な過去や貧困やトラウマ、そんな大がかりな理由が用意されているわけではなく、強いて言うなら 「弱さがあったから」 彼らはそれを行う。ひょいと、さほど考えずに、渇いた喉を水で潤すくらい自然に、無自覚に、罪へと踏み出す。そのなめらかな展開に、読む側が想像しがちな大層な段差は存在しない。

(だから、怖いのだ。怖いもの見たさで、読まずにいられない) 「(著者の) 滝田さんの言葉にぷつりと刺されたとき、私たちの立っている足場はぐにゃぐにゃと歪み始める。こちら側と向こう側の段差はなくなり、ただの足元の悪い、時々ぬかるみに踏み込んでしまった人が転ぶ、広々とした地平が現れる。」

※これは読んだ方がいい。自分のことを 「正しい」 と思う人も、そうではない人も。若い人も、若くはない人も。幾つであっても、為になる。

この本を読んでみてください係数  85/100

ただしくないひと、桜井さん (新潮文庫)

 

◆滝田 愛美
1981年東京都生まれ。
東京外国語大学外国語学部 (朝鮮語)、東京大学文学部 (宗教学) 卒業。

作品 2014年、「ただしくないひと、桜井さん」 で女による女のための R-18文学賞読者賞を受賞してデビュー。他の著書に、「この血の流れ着くところ」 がある。

関連記事

『桜の首飾り』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『桜の首飾り』千早 茜 実業之日本社文庫 2015年2月15日初版 桜の首飾り (実業之日本社

記事を読む

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 天頂より少し下って (

記事を読む

『ポトスライムの舟』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポトスライムの舟』津村 記久子 講談社 2009年2月2日第一刷 ポトスライムの舟 (講談社

記事を読む

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬雷 (創元推理文庫) 因

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 煩悩の子 (双葉文庫) 桐生極

記事を読む

『ドラママチ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『ドラママチ』角田 光代 文春文庫 2009年6月10日第一刷 ドラママチ (文春文庫)

記事を読む

『あん』(ドリアン助川)_書評という名の読書感想文

『あん』ドリアン助川 ポプラ文庫 2015年4月15日第一刷 あん 線路沿いから一本路地を抜

記事を読む

『さんかく』(千早茜)_なにが “未満” なものか!?

『さんかく』千早 茜 祥伝社 2019年11月10日初版 さんかく 「おいしいね」 を

記事を読む

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月17日第2刷 「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

『緑の我が家』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『緑の我が家』小野 不由美 角川文庫 2022年10月25日初版発行

『あなたの涙は蜜の味|イヤミス傑作選』(宮部みゆき 辻村深月他)_書評という名の読書感想文

『あなたの涙は蜜の味|イヤミス傑作選』宮部みゆき 辻村深月他 PHP

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑