『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版

デルタの悲劇 (角川文庫)

ひと気のない公園の池で10歳の少年の溺死体が発見された。少年をイジメていたクラスメイトの悪童3人組は事件への関与を疑われることを恐れたが、真相は曖昧なまま事故として処理される。ところが10年後、少年の幼なじみを名乗る男が3人の前に現れ罪の告白を迫ってきた。次第に壊れゆく3人の日常。果たして少年を殺したのは誰なのか。人間の本性を暴き出し、二転三転しながら迎える衝撃の結末。予測不能の神業ミステリ! (角川文庫)

[目次]
プロローグ 八木法子からの手紙
デルタの悲劇 浦賀和宏
解説 桑原銀次郎
エピローグ 八木法子からの手紙

(浦賀和宏の本名は、八木剛。小説には八木剛、つまりは浦賀和宏本人が登場します。しかも滅法重要な役どころで。そして、死にます。八木法子とは、浦賀和宏の母のことです)

斎木明丹治義行緒川広司 の三人は横浜の鶴見で生まれ育った。家が近いことから、三人はいつもつるんで行動していた。彼らは幼稚園の頃からその悪童ぶりを発揮し、町内の子どもたちを仕切り、我が物顔で街を闊歩した。小学校に上がってすぐに万引きを覚え、級友が仲間に加わらないとみるや、容赦なくイジメの対象にした。

三人と同じクラスに山田信介という生徒がいた。彼は三人とは別の問題を抱えていた。何をするにせよ行動がトロく、皆を苛立たせたのだ。次第に教師も生徒も、彼に何もやらせないようになった。そんな彼が悪童三人組に目をつけられるのは必然だった。

普段から三人の悪さに手を焼いていた教師たちも、相手が山田信介となると、見逃したり、軽く注意したりするだけに止めた。あんなにトロくて皆に迷惑をかけているのだから、イジメられても仕方がない、それがクラス内での共通認識となっていた。三人組以外にも山田信介を殴り飛ばして憂さを晴らしている生徒は大勢いたのである。

だから、彼らが四年生の冬の日の早朝、山田信介の水死体が近所の三ツ池公園の池で発見された時も、三人組にイジメ殺されたのではないかと考える人間は多くはなかった。

死んだ生徒が皆に好かれていたら事態は違っただろうが、トロくさい山田信介の死は、ほとんど誰にも悼まれなかった。警察は彼が足を滑らせて池に落ちたと断定し、捜査らしい捜査を行わなかった。

山田信介の死は、他の多くの事故と同じように処理され、人々の記憶から消えていった。山田信介の母親も、警察にこれ以上の捜査を望まなかった。息子が迷惑をかけるたびに皆に謝っていた母親は、信介が死んでもなお、ペコペコと関係者に頭を下げていた。(本文P8 ~ P11/一部割愛)

事が動き出すのは、事件が起きた10年後のことです。斎木明は、その年の成人式の日、突然に 八木剛 と名乗る男の訪問を受けます。斎木には、まるで聞き覚えがありません。八木は唐突に、「山田信介君の件でお邪魔したんです」 と言ったのでした。

※章の頭に付いているアルファベットには、(あたり前ですが) 意味があります。事は20年後、30年後にも発生します。残念ながら、一度に全部理解するのは不可能だと思います。

この本を読んでみてください係数 80/100

デルタの悲劇 (角川文庫)

◆浦賀 和宏
1978年神奈川県生まれ。2020年2月25日逝去。(享年41歳)

作品 「記憶の果て」「彼女は存在しない」「眠りの牢獄」「こわれもの」「ifの悲劇」「ファントムの夜明け」「緋い猫」他多数

関連記事

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 ダブル<新装版> (双葉文庫)

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷 たそが

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 天頂より少し下って (

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 八月は冷たい城 (講

記事を読む

『邪魔』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『邪魔』奥田 英朗 講談社 2001年4月1日第一刷 邪魔(上) (講談社文庫) &nb

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 冷蔵庫を抱きしめて (新潮

記事を読む

『肝、焼ける』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『肝、焼ける』朝倉 かすみ 講談社文庫 2009年5月15日第1刷 肝、焼ける (講談社文庫

記事を読む

『死体でも愛してる』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『死体でも愛してる』大石 圭 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 死体でも愛してる (

記事を読む

『地を這う虫』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『地を這う虫』高村 薫 文春文庫 1999年5月10日第一刷 地を這う虫 (文春文庫)

記事を読む

『ぶらんこ乗り』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ぶらんこ乗り』いしい しんじ 新潮文庫 2004年8月1日発行 ぶらんこ乗り &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ポラリスが降り注ぐ夜』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『ポラリスが降り注ぐ夜』李 琴峰 ちくま文庫 2022年6月10日第

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月2

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑