『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版

破局

第163回芥川賞受賞作

私を阻むものは、私自身にほかならない。

ラグビー、筋トレ、恋とセックス - ふたりの女を行き来するいびつなキャンパスライフ。28歳の鬼才が放つ、新時代の虚無。(河出書房新社)

ゾンビになったと思えば、痛みも悲しみも感じない。

仰向けになり、胸の上で両手の指をしっかりと組み合わせ、交通事故で死ぬ人間がいなくなればいいと思った。働きすぎで精神や体を壊す人間がいなくなればいいと思った。誰も認知症で子供の顔や名前を忘れたりしなくなればいいと思った。すべての受験生がこの春から望んだ学校に通えていればいいと思った。何かの夢に向けて努力している人間がいるなら、その夢が今日にでもまとめて叶えばいい。しかし祈った後で気づいたが、私は神を信じていない。私の願いなど、誰も聞いてはくれないだろう。 (本文より)

(芥川賞) らしいものを読まされた - そんな感じがします。あたり前のことが、あたり前のように書いてあるのに、とてもあたり前には思えません。

書いてある “あたり前” に感じる言い様のない違和感 - それはもう不快感といっていいでしょう - の正体とは一体何なのでしょう? 素直に受け入れられないのには、どんな訳があるのでしょう。

主人公が取る態度やする行動が、あるいはそのときどきの思考のあり方が、あまりにストレートなために、かえって腑に落ちません。もしも全部がわざとでないとしたら、その一々を、どう受け止めればよいのでしょう。どう感じろと? 

ところが、(選考委員各位がおっしゃるには) その一々が、

“新しく” 、”現代的” であるらしい。(受賞作ですから当然ですが) 評価は概ね高評価で、なにより “おもしろかった” - らしい。

どこがおもしろかったのか? もったいぶらずに、教えてもらいたい。何気に 「ここがいい」 「ここがおもしろかった」 と言えば、事と次第によっては思いっきりバカにされそうな - そんな気がしてなりません。

(代わりと言っては何ですが) 選考委員の一人であるこの人の評価はといいますと、

主人公は嫌味な男だ。にもかかわらず、見捨てることができない。社会に対して彼が味わっている違和感に、いつの間にか共感している。もしかしたら、恐ろしいほどに普遍的な小説なのかもしれない。(小川洋子)

何とも意味深な。意外とフレンドリーな。失礼ながら 「買いかぶりに過ぎないのではないですか」 と、尋ねてみたくなるような。

せいぜい私にわかるのは、彼 (主人公) が実際に目の前にいたとしたら、その言動の一々を目の当たりにしたとするなら、おそらくは、本で読むより何倍も嫌な男に思うに違いない、ということです。彼から漂うものを、本当に “虚無” と呼んでよいのでしょうか。

私は、違うと思います。

この本を読んでみてください係数 70/100

破局

◆遠野 遙
1991年神奈川県生まれ。東京都在住。
慶応義塾大学法学部卒業。

作品 2019年、『改良』 で第56回文藝賞を受賞しデビュー。

関連記事

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮文庫 2021年7月1日発行

記事を読む

『白衣の嘘』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『白衣の嘘』長岡 弘樹 角川文庫 2019年1月25日初版 白衣の嘘 (角川文庫) 苦

記事を読む

『不連続殺人事件』(坂口安吾)_書評という名の読書感想文

『不連続殺人事件』坂口 安吾 角川文庫 1974年6月10日初版 不連続殺人事件 (角川文庫)

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 ホテルローヤル &nb

記事を読む

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭

記事を読む

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版 ボニン浄土 刺客は、思

記事を読む

『密やかな結晶 新装版』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『密やかな結晶 新装版』小川 洋子 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 密やかな結晶 

記事を読む

『夜蜘蛛』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『夜蜘蛛』田中 慎弥 文春文庫 2015年4月15日第一刷 夜蜘蛛 (文春文庫) &nb

記事を読む

『北斗/ある殺人者の回心』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『北斗/ある殺人者の回心』石田 衣良 集英社 2012年10月30日第一刷 北斗 ある殺人者の

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『5時過ぎランチ』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『5時過ぎランチ』羽田 圭介 実業之日本社文庫 2021年10月15

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑