『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷

理系。 (文春文庫)

いかに理系の知恵文系の物語をもって適切に使い、難局を乗り越えるか。危機の先にある、大きなチャンスをどうやってものにするのか。稀代の映画プロデューサーであり、ベストセラー作家である川村元気が、最先端を走る理系人15人と対話し、その目が映す未来に迫る。これから世界と人間は、どう変わるのか? 全国民必読本。(文春文庫)

如何にも堅苦しくて小難しいビジネス本のような説明に、どうか二の足を踏まないでください。

案外楽しく読めます。誰でもよく知るあのことが、実はこんな人の仕業だったのかと。LINEや人型ロボットや宇宙について。あの有名だったテレビCMやピタゴラスイッチについて。(あなたが知らない人の) 知らないことが、山ほど書いてあります。

東京藝術大学大学院映像研究科教授 佐藤雅彦先生の話

『バザールでござーる』 のネーミングはどう生まれた?

佐藤 昔、ニューヨークへロケに行ったとき、僕はお酒を飲まないので誘われても断ってばかりなんですけど、「佐藤さん、今日行くところはすごく素敵なナイトクラブで、有名なミュージシャンを輩出したところなんですよ」 と言われて、「なんて店ですか」 と聞いたら、「CBGBってところだ」 って言うんです。そのとき、CBGBというネーミングにしびれてしまいました。
川村 音感がいいですよね。
佐藤 そうです。なぜいいかというと、CBGBって 「AB A´B´」 という構造をしているんです。例えば 『ぐりとぐら』 とか 『キットカット』 も、CBGBの形をしている。それで、「次にネーミングかキャッチコピーを作るときは、AB A´B´でいこう」 と思っていて、そこから生まれたのが 『バザールでござーる』 です。

川村 ものすごく理系っぽい考え方ですね (笑)。
佐藤 いきなり 『バザールでござーる』 にはなかなかいけないけど、そういう方法論を踏み台にすればジャンプができる。しかもいったん飛んでしまうと、後から振り返って橋を架けることもできるし、そうするとどんどん飛びやすくなる。
川村 方法論があるから、量産体制も取れるんでしょうね。
佐藤 はい。常に自分が作ったものを要素還元して量産体制に入っていました。自己模倣ですね。そうすると、サントリーが来てもトヨタが来ても、いつも80点以上を出せる。いずれにしても、広告というのは基本として 「広く告げる」 ということなので、なるべく多くの人に伝わる方法論を探すことを、怠っちゃいけないと思いますね。(本文より抜粋)

ま、こんなわかりやすい話ばかりではないのですが。ちなみに佐藤先生の略歴はといいますと、先生は、

1954年静岡県生まれ。東京大学教育学部卒業後、電通に入社。CMプランナーとして湖池屋 『ポリンキー』、NEC 『バザールでござーる』 をはじめ多数のヒットCMを手がける。94年に電通退社後、企画事務所TOPICSを設立。99年より慶應義塾大学環境情報学部教授、2006年より現職。主な仕事にプレイステーション・ソフト 『I・Q』、NHK Eテレの 『ピタゴラスイッチ』 『0655/2355』 『考えるカラス~科学の考え方~』 の企画・監修ほか。著書に 『考えの整頓』(暮らしの手帖社)、『経済ってそういうことだったのか会議』(共著/日本経済新聞社) ほか。芸術選奨 (11年)、紫綬褒章 (13年) をはじめ、受賞歴も多数。

という、素人目から見ると 「理系と文系、両刀使いの達人」 のような人物です。他に、「ニコニコ動画」 の生みの親である川上量生氏であるとか、ミドリムシで有名なユーグレナの出雲充氏、ロボットクリエイターの高橋智隆氏、LINEの舛田淳氏、JAXA宇宙飛行士の若田光一氏など、錚々たる顔ぶれが並んでいます。

この本を読んでみてください係数 85/100

理系。 (文春文庫)

◆川村 元気
1979年横浜生まれ。
上智大学文学部新聞学科卒業。小説家の他に、映画プロデューサー、絵本作家。

作品 映画「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「君の名は。」「怒り」等を制作。著作「世界から猫が消えたなら」「四月になれば彼女は」「仕事。」「億男」「百花」絵本「ティニーふうせんいぬのものがたり」「ムーム」等

関連記事

『アニーの冷たい朝』(黒川博行)_黒川最初期の作品。猟奇を味わう。

『アニーの冷たい朝』黒川 博行 角川文庫 2020年4月25日初版 アニーの冷たい朝 (角川

記事を読む

『父からの手紙』(小杉健治)_書評という名の読書感想文

『父からの手紙』小杉 健治 光文社文庫 2018年12月20日35刷 父からの手紙 (光文社

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 ※二部構

記事を読む

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 騙る (文春e-book)

記事を読む

『ロコモーション』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ロコモーション』朝倉 かすみ 光文社文庫 2012年1月20日第一刷 ロコモーション (光文

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『嫌な女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『嫌な女』桂 望実 光文社文庫 2013年8月5日6刷 嫌な女 (光文社文庫) 初対面

記事を読む

『ルビンの壺が割れた』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『ルビンの壺が割れた』宿野 かほる 新潮社 2017年8月20日発行 ルビンの壺が割れた こ

記事を読む

『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版 203号室 (光文社文庫) 「ここ

記事を読む

『隣のずこずこ』(柿村将彦)_書評という名の読書感想文

『隣のずこずこ』柿村 将彦 新潮文庫 2020年12月1日発行 隣のずこずこ(新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』日向奈 くらら 角川ホラー文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑