『ざらざら』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『ざらざら』(川上弘美), 作家別(か行), 川上弘美, 書評(さ行)

『ざらざら』川上 弘美 新潮文庫 2011年3月1日発行

風の吹くまま旅をしよう、と和史が言ったのだ。なんなのよそれ、あんたは昔のフォーク歌手か、とあたしは言いそうになったが、我慢した。(「ラジオの夏」)

黒田課長のことは、二人でお酒を飲むときもベッドの中でも、「課長」と呼んでいる。最初は妙な顔をされたが、じきに「なんだか少しそれ、興奮するね」と喜ばれた。(「びんちょうまぐろ」)

中林さんに会えない日があと少なくとも五日以上続くのかと思うと、どたばた暴れたくなる。でも暴れない。あたしは大人だから。かわりに図鑑を見ることにする。「魚の目利き図鑑」。(「コーヒーメーカー」)

クリスマスって、なんか、もういいって感じだけどさ、正月はいいよ。これからは、正月だよな。そんなふうにおだをあげながら、わたしと恒美とバンちゃんの三人で、お酒を飲んでいた。(「ざらざら」)

わたしたちは向かいあって、お互いの「はだかエプロン」姿をじろじろ観察しあった。えりちゃんのおっぱいって、あんまり大きくないけど、ぴんと張ってるね。わたしが言うと、くみちゃんはおしりがいろっぽいよ、と、おかえしにえりちゃんも言ってくれた。(「ときどき、きらいで」)

彼にふられたのは、火曜日の夜だった。火曜日という日が、あたしは一週間の中でいちばん好きだったのに。月曜日はまだまだ熟していない、青臭いメロンみたいな日。水曜日木曜日は、少し熟しはじめたバナナ。金曜土曜ならば、今にも枝から離れようとしているパパイヤ。
そのどれでもない、匂いもほとんどしないような、けれどかすかな甘みのある、フルーツトマトみたいな火曜日が、わたしはいちばん好きだった。清潔で、ちょっとよそよそしくて、きりっとした日。(「淋しいな」)

あたしが種田くんに「ひっかかって」から、二ヶ月近くが過ぎた。あたしは、だんだん種田くんが好きになる。癪でしょうがない。まだセックスはしてないけれど、なんだか危ない感じ。(「笹の葉さらさら」)

23の掌編が収められています。結構きわどいのも、あるにはあるのですが、そんなのに一々欲情していると、きっとこの人には嫌われるんだろうな、などと訳もなく思ってしまいます。

タイトルは『ざらざら』と濁点がついていますが、川上弘美という人は、ホントに〈さらさら〉と生きてるんだなぁ、と思えてくるような文章なのであります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。本名は山田弘美。
お茶の水女子大学理学部卒業。高校の生物科教員などを経て作家デビュー。俳人でもある。

作品 「神様」「溺レる」「蛇を踏む」「センセイの鞄」「真鶴」「風花」「天頂より少し下って」「パスタマシーンの幽霊」「どこから行っても遠い町」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『自分を好きになる方法』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『自分を好きになる方法』本谷 有希子 講談社文庫 2016年6月15日第一刷 16歳のランチ、

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 『天頂より少し下って

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 25歳で起業した敏腕若手女性

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 幼馴染みと十年ぶりに再会した僕。

記事を読む

『正体』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『正体』染井 為人 光文社文庫 2022年1月20日初版1刷 罪もない一家を惨殺し

記事を読む

『土に贖う』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『土に贖う』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年11月25日第1刷 明治30年代札幌

記事を読む

『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷 草は刈らねばならない

記事を読む

『落英』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『落英』黒川 博行 幻冬舎 2013年3月20日第一刷 大阪府警薬物対策課の桐尾と上坂は覚醒剤

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その2)

『国境』(その2)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 羅津・先鋒は咸鏡北道の北の果

記事を読む

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 大物彫刻家が遺した縮小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑