『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷

罪の名前 (講談社文庫)

木原音瀬著罪の名前
高校1年で優等生の日向には虫やカエルを生きたまま食べる性癖があった。秘めた欲望を知る幼なじみの隼人とは2人だけの秘密の行為があった。(「虫食い」)。人間の内に潜むゆがんだ本性を暴く四つの短編を収録。(講談社文庫・693円)

つい先日のことです。京都新聞で日曜毎に掲載される読書欄にある 「おすすめ文庫」 の中で発見し、すぐに読みたいと思いました。(木原音瀬という作家のことは何も知りません)

わずか数行ばかりの解説に、強く惹かれるものがありました。特に、高校1年で優等生の日向には 「虫やカエルを生きたまま食べる性癖があった」 という点に。その生々しさに、ただならぬ狂気みたいなものを感じました。常ならざる行為に秘められた、その情動の正体を知りたいと思いました。

[目次]
・罪と罰
・消える
・ミーナ
・虫食い

「虫食い」
日向が初めて口にしたのは、アリでした。それからは、動いているものなら何でも口に入れてみました。かめむし、ダンゴ虫、ミミズ・・・・・・・公園にいくと、いつも地面の上ばかり見ていました。今日はどんな虫を口の中に入れようかとわくわくしていました。虫が口の中で動くのが、日向には何より楽しいことでした。

そして (隼人と) ふたりの秘密 -

日向の前に立った隼人は、無言のまま右手を差し出してきた。その手首を摑み、日向は自分の顔に近づけた。指先から、石鹸の匂いがした。そのままでもいいのに、いつも隼人は手を洗う。

人差し指を、口に含む。石鹸の味がする。指に舌先を絡めて、じっとり吸い上げる。奥歯で軽く噛むと、指先が口の中でビクビクッと震えて、一気に引き抜かれた。

噛むなって前も言っただろ!
ごめん、ごめん。ちょっとだけ指、動かして
謝りながら、人差し指と中指の二本を咥える。口の中で生きているものの指が動く。ゆるゆると粘膜を撫でる。

日向は猫の子のように必死に吸い上げる。石鹸の味も消えて、感触だけが口の中に残る。自分の意志が及ばないところにあるものに、恍惚とする。

この動くものを歯で捕え、噛み潰したい。この生き物はどんな味がするんだろう。けど我慢する。いくらでも見つけられる虫やカエルと違って、隼人の指のかわりはどこにもない。たった一度でこの幸福は消えてしまう。
頭の中がじんわりして、快感に背筋がゾクゾクする。もうずっとこの生き物をしゃぶっていたい。そう一晩中でも。

・・・・・・・お前、また勃ってんぞ
そんな声、気にしない。
この変態野郎

隼人の指が少し乱暴に上顎をなぞる。日向は子猫みたいな甘い声をあげて、窮屈な布地の中で思いきり射精していた。(本文より)

※人というのは一筋縄では行きません。嘘をつく、独占する、虚栄を張る、虫を食べる・・・・・・・。それらは全部 “罪” なのでしょうか。歪んで、いるのでしょうか?

この本を読んでみてください係数 85/100

罪の名前 (講談社文庫)

◆木原 音瀬(このはら・なりせ)
高知県生まれ。主にBL作品を手掛け、そのジャンルでは不動の人気を持つ。一般紙の仕事も増えてきている。

作品 「眠る兎」「箱の中」「美しいこと」「コゴロシムラ」「嫌な奴」「秘密」「ラブセメタリー」「捜し物屋まやま」など多数

関連記事

『ニュータウンは黄昏れて』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『ニュータウンは黄昏れて』垣谷 美雨 新潮文庫 2015年7月1日発行 ニュータウンは黄昏れて

記事を読む

『東京奇譚集』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『東京奇譚集』村上 春樹 新潮社 2005年9月18日発行 東京奇譚集 (新潮文庫) &

記事を読む

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1刷 四月になれば彼女は

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 後妻業 ※二部構

記事を読む

『名短篇、ここにあり』(北村薫/宮部みゆき編)_書評という名の読書感想文

『名短篇、ここにあり』北村薫/宮部みゆき編 ちくま文庫 2008年1月10日第一刷 名短篇、こ

記事を読む

『沈黙博物館』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『沈黙博物館』小川 洋子 ちくま文庫 2004年6月9日第一刷 沈黙博物館 (ちくま文庫)

記事を読む

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』(北川恵海)_仕事や人生に悩む若いあなたに

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年12月25日初版

記事を読む

『疫病神』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『疫病神』黒川博行 新潮社 1997年3月15日発行 疫病神 (新潮文庫)  

記事を読む

『歩いても 歩いても』(是枝裕和)_書評という名の読書感想文

『歩いても 歩いても』是枝 裕和 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 歩いても、歩いても (

記事を読む

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1日発行 ただしくないひと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』(日向奈くらら)_書評という名の読書感想文

『私の友達7人の中に、殺人鬼がいます。』日向奈 くらら 角川ホラー文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑