『麦本三歩の好きなもの 第一集』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『麦本三歩の好きなもの 第一集』住野 よる 幻冬舎文庫 2021年1月15日初版

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

麦本三歩には好きなものがたくさんある。歩くこと。寝坊すること。本を読むこと。食べること。仕事先の図書館では先輩に怒られがちだけど、大好きなチーズ蒸しパンを食べれば気分は上々。休みの日は、お気に入りの音楽を聴きながらひとり時間を満喫する - 。何も起こらない毎日だけどなんだか幸せ。そんな三歩の日常を描いた心温まる連作短篇集。(幻冬舎文庫)

(wikipediaによると) 住野よるの6作目の小説。図書館勤務の20代女子麦本三歩を主人公とした日常小説。住野はTwitter上で 自作品の登場人物の誰かになれるとしたら、僕は麦本三歩になりたいと発言している。

住野作品の表紙はこれまで全てイラストが使われてきたが、この作品では初めて写真が使われた。三歩役のモデルはBiSHのモモコグミカンパニー、撮影は外林健太が担当。(注:これは単行本のことです)

2020年1月10日に発表された、丸善、ジュンク堂書店、文教堂等の販売データをもとに集計した2019年 二十歳 はたちが一番読んだ小説ランキング で2位となった。

『君の膵臓をたべたい』、『また、同じ夢を見ていた』、『青くて痛くて脆い』。ついでに 『よるのばけもの』 だって読みました。確かに、読むと人気があるのがわかります。

この本のことも知っていました。買うか買うまいか、迷う間に日が経ってしまいました。先日書店で文庫を見つけた時は、(私みたいな年配者にはあまりに不似合いな) ポップな表紙に少しく戸惑いながらも、これで (廉価で) 読めると喜びました。

ところが、(残念ながら) 喜んだのはつかの間でした。”読めた” のは、ほんの20ページほどだったでしょうか。

本を開いた瞬間に、既に - どこか場違いな所へ来たような - そんな感じがしたのは、明らかに、私よりかは遙かに若い人に向けた本であるのにすぐに気付いたからでした。

本を買う時、”少しく戸惑った” のが悔やまれてなりません。ちょっとでも中身がわかっていれば、私はこの本を買いはしなかったろうし、読もうともしなかったろうと思います。作品の善し悪しではありません。それ以前の、私に限ってのことです。

評判がいい。売れている。人気があるからといって、手あたり次第に読めばいいというものではありません。その年齢だからこそ味わえるというものがきっとあるはずです。そこを見極めなければなりません。で、結論。

年甲斐もなく、買った私が悪かった。

この本を読んでみてください係数 00/000

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

◆住野 よる
1990年生まれの31歳(らしい)。大阪府在住。男性。

作品 「君の膵臓をたべたい」「また、同じ夢を見ていた」「青くて痛くて脆い」「か「」く「」し「」ご「」と「」「よるのばけもの」等

関連記事

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』東山 彰良 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 ミ

記事を読む

『渡良瀬』(佐伯一麦)_書評という名の読書感想文

『渡良瀬』佐伯 一麦 新潮文庫 2017年7月1日発行 渡良瀬 (新潮文庫) 南條拓は一家で

記事を読む

『寝ても覚めても』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『寝ても覚めても』柴崎 友香 河出文庫 2014年5月20日初版 寝ても覚めても (河出文庫)

記事を読む

『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行 硝子の葦 (新潮文庫) &nb

記事を読む

『身分帳』(佐木隆三)_書評という名の読書感想文

『身分帳』佐木 隆三 講談社文庫 2020年7月15日第1刷 身分帳 (講談社文庫)

記事を読む

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 水やりはいつも深夜

記事を読む

『七緒のために』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『七緒のために』島本 理生 講談社文庫 2016年4月15日第一刷 七緒のために (講談社

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 月の満ち欠け 生きている

記事を読む

『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版 青くて痛くて脆い 『君の膵臓をた

記事を読む

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷 物語が、始まる (中公文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑