『JR品川駅高輪口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR品川駅高輪口』柳 美里 河出文庫 2021年2月20日新装版初版

JR品川駅高輪口 (河出文庫)

誰か私に、生と死の違いを教えて下さい - 電車の中、携帯電話の画面を見つめる少女、市原百音・高校一年生。形だけの友人関係、形だけの家族。「死」 に魅せられた少女は、21時12分品川駅発の電車に乗り、「約束の地」 へ向かうのだが・・・・・・・。居場所のないすべての人へ - 全米図書賞受賞作 『JR上野駅公園口』 に並ぶ、「山手線シリーズ」 の傑作。◎「新装版あとがき」 収録/文庫 『まちあわせ』 を改題 (河出文庫)

主人公は品川駅高輪口近くの住宅地に暮らしている高校生、市原百音 (いちはら・もね) だ。学校ではいじめにあい、家庭では両親が不仲な上、母親の愛情は弟に注がれており彼女には自分が愛されていると実感できる場がない。居場所がないのだ。唯一の救いはすでに亡くなった祖母の記憶でそこにかすかな救いがある。

学校での仲良しグループに村八分にされた状況は、そこまでひどいいじめとはいえないと思われる人もいるかもしれない。ただ物理的な危害のないいじめは、孤立感や無力感は他人に理解されがたく、解決方法が見つけにくいため、本人にとっては真綿で首を締められるようなものだ。

そんな百音の日課はネットの自殺志願者の掲示板をのぞくことで、どうやら彼女自身も書き込んでいる模様。彼女は自殺という行為に魅せられているのだ。そんな一人の少女の日常が、本人のモノローグであったり、三人称であったり、周囲の脈絡のない雑談や駅のアナウンス、そしてネット上のやりとりによって包まれながら進行していく。(解説より)

たまたま書店でみた 『JR上野駅公園口』 を読みました。評判になる前のことです。何も知らずに読んだのですが、思いのほか胸に沁みました。切なくもあり、上野駅のホームのアナウンスが今も聞こえるようです。どうやら山手線を舞台にしたシリーズものであるらしい。

本作は2012年に 自殺の国というタイトルで刊行、2016年に 『まちあわせ』 と改題して文庫化された作品の新装版となる。新装版に際してタイトルを JR品川駅高輪口とさらに改めている。改題の経緯については、柳美里さんによる新装版あとがきを参照いただければと思う。(同解説より)

(先に断っておきますが) 本作 『JR品川駅高輪口』 と 『JR上野駅公園口』 とでは、当然ですが、読んだ感じがまるで違っています。

『JR上野駅公園口』 が福島から東京へ出稼ぎに来た名もなき一人の男が主人公であるのに対し、本作では都心の真っ只中で暮らす一人の少女、「死ぬこと」 以外に生きる意味を見い出せない高校一年生の、息が詰まるような日常が描かれています。

表向き “いまどき” の高校生である百音は、かならずしも “いま” を生きてはいません。生きている “ふりをする” ので精一杯で、将来のことなど何も考えられません。高校一年生になったばかりの彼女は、クラスに厳然としてあるカーストに既に病み疲れています。死ぬ機会を、ひそかに窺っています。

山手線シリーズの核となるテーマは、二つある。
一つは、日本国憲法第一条で 日本国と日本国民統合の 象徴と規定されている天皇と天皇制である。
もう一つは、2011年3月に東京電力福島第一原子力発電所が起こしたレベル7の事故である。

中心があれば、中心は波紋のような幾重もの圏域を広げ、そこから貧富、運不運、幸不幸という格差が生み出される。
山手線シリーズの主人公たちは全員生き死にの瀬戸際に追い詰められ、プラットホームに立つ。

登場人物が、電車が近づく数分の間に、死を思い留まり、生に引き返すかもしれないという可能性を僅かでも残しておきたかったので、わたしは電車に飛び込むシーンは書いていない。
危ないですから黄色い線までお下がりください
という電車の入線を知らせるアナウンスが流れて、物語は終わる。(著者あとがきより)

この本を読んでみてください係数 85/100

JR品川駅高輪口 (河出文庫)

◆柳 美里
1968年神奈川県横浜市中区生まれ。
横浜共立学園高等学校中退。後、演劇活動を経て小説家デビュー。

作品 「魚の祭」(岸田國士戯曲賞)「家族シネマ」「フルハウス」「命」「8月の果て」「雨と夢のあとに」「JR上野駅公園口」「ゴールドラッシュ」「飼う人」 他多数

関連記事

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 サンブンノニ (角川文庫)

記事を読む

『昭和の犬』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『昭和の犬』姫野 カオルコ 幻冬舎文庫 2015年12月5日初版 昭和の犬 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『ルパンの消息』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『ルパンの消息』横山 秀夫 光文社文庫 2009年4月20日初版 ルパンの消息 (光文社文庫)

記事を読む

『半落ち』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『半落ち』横山 秀夫 講談社 2002年9月5日第一刷 半落ち (講談社文庫) &nbs

記事を読む

『サキの忘れ物』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『サキの忘れ物』津村 記久子 新潮社 2020年6月25日発行 サキの忘れ物 見守って

記事を読む

『ここは退屈迎えに来て』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『ここは退屈迎えに来て』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 ここは退屈迎えに来

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版 いつか深

記事を読む

『鈴木ごっこ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『鈴木ごっこ』木下 半太 幻冬舎文庫 2015年6月10日初版 鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 自覚: 隠蔽捜査5.5 (

記事を読む

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 背中の蜘蛛 池袋署刑事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑