『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月25日初版

飼い喰い 三匹の豚とわたし (角川文庫)

下手な小説より何倍も面白い。騙されたと思って、まあ読んでみてください。

生き物が生まれてから肉になるまで。その全課程!! 世界各地の屠畜現場を取材していく中で抱いた、どうしても 「肉になる前」 が知りたいという欲望。実際にひとりで家を借り、豚小屋を作り、品種の違う3匹の子豚を貰い名付け、約半年かけて育て上げ、屠畜し、食べる。養豚の日々に加え、大規模畜産での豚の受精や出産から食卓にあがるまでの流れにも踏み込んだ、『世界屠畜紀行著者による 前人未到の養豚体験ルポルタージュ!! 解説・高野秀行 (角川文庫)

名前から判断するに、著者は明らかに女性である。一体全体どんな人なんだろうとwikipediaを見ると・・・・・・・、美人である。しかも、細身の。

写真だけだと、(この本に書いてあるような) とんでもないことを思いつき、それを実際にやってしまった人とはとても思えません。何が彼女をそこまでさせたのでしょう。浮ついた興味だけでは、(とてもじゃないが) あそこまでは出来ません。

書いてあるのは、豚と屠畜に魅入られた一人の女性作家の、あられもない実体験の全容です。すべてがありのまま。人糞を喰う豚が登場し、豚に自分のした “ブツ” を喰わせようとした人 (=著者) が登場します。日々大量の豚が屠畜され、「肉」 となります。

まえがき - なぜ私は自ら豚を飼い、屠畜し、食べるに至ったか

この本は、2008年10月から2009年9月までの1年間をかけ、3頭の肉豚を飼い育て、屠畜場に出荷し、肉にして食べるまでを追ったルポルタージュである。

これまで世界各地の屠畜の現場を取材して、家族で1頭の羊を屠り分け合って食べるところから、1日4000頭の牛を屠畜する大規模屠畜まで、数多の家畜の死の瞬間を見てきた。

彼らがかわいそうだという感情を抱いたことはない。彼らの死骸を食べることで、私たち人間は自らの生存を支える。それは自明のことだからである。しかし取材をするうちに、これらの肉は、どのようにして生まれ、どんなところで育てられ、屠畜されるに至るのかに、興味をおぼえるようになった。

私たちは何を食べているのだろうか。
知っているようで、何も知らない。自らの手で住居の軒先に小屋を作り、豚を飼い、日々触れ合うことで、豚という食肉動物が、どんな食べ物を好み、どんな習性があり、1日をどう過ごしているのか、私という人間にどう反応するのか、また、私自身が豚たちを飼ってみて何を感じるのか、じっくりと気が済むまで体験した。

また同時に、現在の私たちが口にする国産豚肉のごく一般的な飼養方法と、小売店に並ぶまでの流れを知るために、大規模養豚農家と、養豚を支える飼料会社、獣医師、屠畜場、精肉、卸業者に取材し、話を伺った。

戦後60年間で、豚の飼養方法も、食肉の価格も需要も、何もかもが劇的に変貌した。家の軒先で1頭だけ、稲作の片手間に残飯をやってゆっくり育てていたのが、換気までコンピューター制御の豚舎で、品種改良を重ね、雑種強勢をかけ、1000頭単位の豚を、特別に配合した飼料を与えて育て、180日で出荷するようになった。同じ 「養豚」 として括るのが難しいくらいだ。

しかし、豚は豚である。今も昔も変わらない。飼えばかわいく愛らしく、食べれば美味しい。
日本で飼養され、出荷され食べられていった、すべての豚たちに、この本を捧げる。(全文)

子豚は、伸、秀、夢、と名付けられます。やがて成長し、屠畜され、肉となる運命の3匹に、彼女は名を付けたのでした。飼うのはペットではありません。全てを見届けた後、自らが口にするつもりの食用豚であるにもかかわらず。

※心配は無用です。思わず笑えてくるに違いありません。あまりの真っ正直さに、ちょっと引くかもしれません。

この本を読んでみてください係数 85/100

飼い喰い 三匹の豚とわたし (角川文庫)

◆内澤 旬子
1967年神奈川県生まれ。文筆家、イラストレーター。
國學院大學文学部哲学科卒業。

作品 「世界屠畜紀行」「身体のいいなり」「ストーカーとの七〇〇日戦争」「着せる女」他多数。

関連記事

『夏と花火と私の死体』(乙一)_書評という名の読書感想文

『夏と花火と私の死体』乙一 集英社文庫 2000年5月25日第一刷 夏と花火と私の死体 (集英

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 星の子 林ちひろは中学3年生

記事を読む

『私の恋人』(上田岳弘)_書評という名の読書感想文

『私の恋人』上田 岳弘 新潮文庫 2018年2月1日発行 私の恋人 (新潮文庫) 一人

記事を読む

『この世の全部を敵に回して』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この世の全部を敵に回して』白石 一文 小学館文庫 2012年4月11日初版 この世の全部を敵

記事を読む

『逢魔が時に会いましょう』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『逢魔が時に会いましょう』荻原 浩 集英社文庫 2018年11月7日第2刷 逢魔が時に会いま

記事を読む

『沈黙の町で』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『沈黙の町で』奥田 英朗 朝日新聞出版 2013年2月28日第一刷 沈黙の町で &nbs

記事を読む

『ぼくとおれ』(朝倉かすみ)_たったひとつの選択が人生を変える。ってかあ!?

『ぼくとおれ』朝倉 かすみ 実業之日本社文庫 2020年2月15日初版 ぼくとおれ (実業之

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 枯れ蔵 (新潮ミステリー倶楽部)

記事を読む

『いつかの人質』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『いつかの人質』芦沢 央 角川文庫 2018年2月25日初版 いつかの人質 (角川文庫) 宮

記事を読む

『緋色の稜線』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『緋色の稜線』あさの あつこ 角川文庫 2020年11月25日初版 緋色の稜線 (角川文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑