『誰? 』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『誰? 』明野 照葉 徳間文庫 2020年8月15日初刷

誰? (徳間文庫)

嵌められた、と気づいた時はもう手遅れだ! この女、息するように嘘をつく

彼女は私の生きがいだ、と沢田は思う。大手企業を定年退職後、妻を失い孤独に暮らす沢田は、親子ほど年の離れた晴美と出会った。病弱で薄幸な晴美に心奪われ、金の援助まで考え始めた沢田だが、ある日、晴美を親しげにルミと呼ぶ中年女性の存在を知る。しかも女性はルミの住み処らしき話までするのだ。いったい晴美の真の姿とは? それを知る前に沢田に魔手が - 偽りまみれの悪女登場! (書下し/徳間文庫)

嵌めたのが武藤晴美38歳で、嵌められたのは沢田隆71歳、小林瑞枝59歳、そして友野直也33歳の三人です。

晴美が嵌めたのは、実は他に何人もいます。やるだけやって事を終えると、場所を変え、騙す相手を新たに見つけ出し、相手にあわせて “別人” になります。別の女性になり切って、万が一にもバレないように、偽の身分証や証明書まで準備します。

きちんと仕事はしているように見せかけて、あるいは病弱ながら健気に暮らしていると見せかけて、- つまりは銭金などは二の次三の次と思わせて、そのうち相手の方から進んで援助したくなるような、自在に相手の気持ちを自分の方へと仕向けてしまう。虜にしてしまう。それが晴美の正体でした。

法を犯すことは如何なる理由があっても許されない。名前を偽り人を騙して金銭を奪う。人として最もやってはいけない行為である。ここに異論を唱える者はいないだろう。しかしこの三人の被害者たちはどこまで騙されていたのだろうか。孤独を癒されプライドを擽られ人生の中でほんの一瞬でも生きる喜びを与えられていたのだ。

必要悪ではないがそれぞれに得たものが確かにあった。絶望の日々の中からも希望の明かりが灯されていた。悲劇だが喜劇の要素もある。その点が詐欺罪のグレーゾーンなのだろう。

被害額は高すぎる授業料と言ってしまえばそれまでだが、これはけして他人事でないことも肝に銘じなければならない。「武藤晴美」 はどこにでもいる。誰よりも敏感に孤独の匂いを嗅ぎとって、心の隙間に潜りこんでくるのだ。天性の話術に要注意。唐突に近づいてくる魔物。かわいそうな存在に対しては用心してし過ぎることはない。(解説より)

沢田と晴美は、同じ東中野で暮らしています。二人が出会ったのは、沢田が行きつけの喫茶店でのことでした。話しかけてきたのは、晴美の方でした。

70歳をこえた沢田が、偶然知り合っただけの38歳の晴美と親しく話すようになります。喫茶店で落ち合い、お茶を飲んだり、食事に行ったりするようになります。やがて沢田は晴美のことを憎からず思うようになり、そのうち自分の生きがいだと思うようになります。

沢田はあくまで紳士的でその年齢の男性らしく、晴美の方は終始健気に振る舞って過ごします。倹しい暮らしであるにもかかわらず、沢田に対し、晴美は金の無心などは一切しません。私があなたと付き合っているのは、そんなことが理由ではないのだと。

ある日、とうとう沢田は、一千万を超える残高がある自分のキャッシュカードを、晴美に対し、自由に使っていいと差し出したのでした。是が非でも晴美の心を留め置くために、(老いぼれた自分に) 出来ることはこれしかないと、よくよく考えてのことでした。

東中野にいる間、武藤晴美は、

沢田には晴美として、心を病んだ、如何ばかりか薄幸な女に、
瑞枝には留美と称し、一人暮らしをしている瑞枝の娘の身代わりに、
直也には順子と称し、やや年上の、したい時にいつでもセックスできる便利な女に、

それぞれ、その役どころを巧みに演じ分けてみせます。それより他にないとばかりに、平気で、息をするように嘘をつきます。

この本を読んでみてください係数 85/100

誰? (徳間文庫)

◆明野 照葉
1959年東京都中野区生まれ。
東京女子大学文理学部社会学科卒業。

作品 「雨女」「魔性」「輪RINKAI廻」「新装版 汝の名」他多数

関連記事

『向田理髪店』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『向田理髪店』奥田 英朗 光文社 2016年4月20日初版 向田理髪店  

記事を読む

『ほどけるとける』(大島真寿美)_彼女がまだ何者でもない頃の話

『ほどけるとける』大島 真寿美 角川文庫 2019年12月25日初版 ほどけるとける (角川

記事を読む

『桃源』(黒川博行)_「な、勤ちゃん、刑事稼業は上司より相棒や」

『桃源』黒川 博行 集英社 2019年11月30日第1刷 桃源 沖縄の互助組織、模合

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 悪寒 (集英社文庫) 男は

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 事件 (創元推理文庫) 196

記事を読む

『初めて彼を買った日』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『初めて彼を買った日』石田 衣良 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 初めて彼を買った日

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

『こちらあみ子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『こちらあみ子』今村 夏子 ちくま文庫 2014年6月10日第一刷 こちらあみ子 (ちくま文庫

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 田舎でロックンロール

記事を読む

『ふじこさん』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ふじこさん』大島 真寿美 講談社文庫 2019年2月15日第1刷 ふじこさん (講談社文庫

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

『ハレルヤ』(保坂和志)_書評という名の読書感想文

『ハレルヤ』保坂 和志 新潮文庫 2022年5月1日発行

『鞠子はすてきな役立たず』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『鞠子はすてきな役立たず』山崎 ナオコーラ 河出文庫 2021年8月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑