『エレジーは流れない』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『エレジーは流れない』三浦 しをん 双葉社 2021年4月25日第1刷

エレジーは流れない

海と山に囲まれた餅湯温泉。団体旅行客で賑わっていたかつての面影はとうにない。のどかでさびれた町に暮らす高校2年生の怜は、複雑な家庭の事情、迫りくる進路選択、自由奔放な友人たちに振りまわされ、悩み多き日々を送っている。そんななか、餅湯博物館から縄文式土器が盗まれたとのニュースが・・・・・・・。

毎日ひたすら平穏に暮らしたいと願う男子高校生の怜。けれどもお構いなしに騒動は降りかかる。なりたい職業、将来の夢。そんなものはなにもない!  モヤモヤした日常を吹き飛ばす青春群像小説! (双葉社)

著者の三浦しをんさん曰く、この作品は 「きらめかない青春小説」 であるらしい。

では思わず涙するような話かというと、そうでもありません。前向きか否かはこの際抜きにして、むしろやや滑稽な、その年代にありがちな若者のモラトリアムな様子が描かれています。

そして、その舞台となる温泉街には妙に明るい男女混声で間延びしたテンポの 「人類からあらゆるやる気を削ぎ取るために制作されたとしか思えない」、それでいて、「餅のごとく脳裏に貼りつく」 狂気の洗脳ソング 『餅湯温泉のテーマ』 が流れています。

おはだ~、もっちもっち、もちゆ~、もちゆおーんせーん~

この温泉街には、(まかり間違っても) 悲しい歌は似合いません。

[著者からのメッセージ]
この小説は、温泉街で暮らす高校生たちの話です。ぬるま湯に浸かっているみたいに、特に大きな事件もなく、将来への明確な夢もなく、かれらの日常はのんびりと過ぎていきます。私自身、高校生のころなどに 「いまが一番いい時期よ」 と大人からしばしば言われましたが、まったくピンと来なかったし、いま思い返しても 「若い=夢や希望にあふれている=いい時期」 だったとはちっとも思えません。ただ退屈で、さきが見えなくてちょっと不安で、でも友だちとおしゃべりしているのが楽しかったという感じです。事件や夢がなくても日常は営まれるよな、という思いをこめて書きました。そんな日常をおバカなノリで、けれど一生懸命に生きる登場人物たちを、応援していただければうれしいです。
                                         - 三浦しをん

「青春がきらめいている」 とは、その年頃のその人の状態の、あるいは周囲の状況の 「何がどうなっている」 ことを指すのでしょう? 

例えば。

「家は裕福で、両親共に健在で、本人は背が高くイケメンで文武両道、高校2年生ともなれば女子ともつきあい、それなりに経験もし、余裕があります。彼にとって女子とつきあうことはもはや日常で、さほど大したことではありません。将来に向けて明確なビジョンがあり、目指す大学があり、入りたいと思う学部も既に決まっています。目標に向かい、今は粛々と受験勉強に励んでいます。」

さて、問題です。上の文章にあるうち 「何と何が」 「どの程度」 の割合で揃っていれば、あなたは自分のことを 「キラキラした青春の真っ只中にいる」 と実感するのでしょう? この物語に登場する若者たちと同じに、あなたがかつて高校2年生だった頃のことをよーく思い出してください。 

楽しかったですか? 辛かったですか? 勉強は頑張りましたか? (大学へ行かせてもらうほどには) 家は裕福でしたか? 親はちゃんと二人揃っていましたか? そのころ描いた夢を、叶えることはできたでしょうか。   

自分で書いて自分で言うのも何ですが、恵まれた環境で育ち、人より優れた容姿や学力・体力を持ち、夢と希望に溢れ、迷い一つないような・・・・・・・ そんな高校生って、(あなたを含め) あなたの知る範囲にいたでしょうか? 

いるわけないと思うのですが。

この本を読んでみてください係数 80/100

エレジーは流れない

◆三浦 しをん
1976年東京都生まれ。
早稲田大学第一文学部演劇専修卒業。

作品 「格闘する者に〇」「まほろ駅前多田便利軒」「舟を編む」「あの家で暮らす四人の女」「ののはな通信」「愛なき世界」他多数

関連記事

『満月と近鉄』(前野ひろみち)_書評という名の読書感想文

『満月と近鉄』前野 ひろみち 角川文庫 2020年5月25日初版 満月と近鉄 (角川文庫)

記事を読む

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』(澤村御影)_書評という名の読書感想文

『憧れの作家は人間じゃありませんでした』澤村 御影 角川文庫 2017年4月25日初版 憧れの

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文芸書

記事を読む

『空港にて』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『空港にて』村上 龍 文春文庫 2005年5月10日初版 空港にて (文春文庫) &nb

記事を読む

『奇貨』(松浦理英子)_書評という名の読書感想文

『奇貨』松浦 理英子 新潮文庫 2015年2月1日発行 奇貨 (新潮文庫)  

記事を読む

『悪果』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪果』黒川 博行 角川書店 2007年9月30日初版 悪果 (角川文庫)  

記事を読む

『鸚鵡楼の惨劇』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『鸚鵡楼の惨劇』真梨 幸子 小学館文庫 2015年7月12日初版 鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫)

記事を読む

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 生きてるだけで、愛。

記事を読む

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年4月25日第1刷 猫を棄

記事を読む

『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版 青くて痛くて脆い 『君の膵臓をた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑