『祝福の子供』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『祝福の子供』まさき としか 幻冬舎文庫 2021年6月10日初版

祝福の子供 (幻冬舎文庫)

親になること、その奇跡、その幸福 - その重圧。私はこの子を愛せるだろうか

虐待を疑われ最愛の娘と離れて暮らす柳宝子。私は母親失格 - 。悩み続けたある日、二十年前に死んだはずの父親の遺体が発見される。遺品には娘への手紙と猟奇事件の切抜き記事。父の過去を探り事件を追う宝子だったがそれが愛する家族の決死の嘘を暴くことに。父の手紙の意味は? 母が犯した罪とは? 愛に惑う “元子供たち” を描く感動ミステリ。(幻冬舎文庫)

親と子の関係というのは一筋縄ではいきません。親は子を、子は親を、選んで生ったわけではないのですから。

あなたに質問です。

あなたは子供の頃、親に愛されていたと思いますか? 思いませんか? もちろんのこと愛されていたのでしょうが、ではそう思うに足る理由は何ですか? それを教えてください。

反対に、愛されてなどいなかったとしたらどうでしょう? だとしたら、これまであなたは何を糧に生きてきたのでしょう? 父を父と、母を母とも思えなかったあなたは、誰を頼りに生き延びてきたのでしょう? 

大人になり、子を持つ身となった今、あなたはわが子に対し、親として十分な愛をもって接していると断言できますか? 自分の感情が制御不能になり、子供につらく当たったりはしなかったですか?

その時、子供は泣きましたか? あなたにしがみついて、それでも好きだと言ってくれたでしょうか?

極めてシンプルな質問をしましょう。その子は、あなたの子供ですか? 母は、あなたを産んでくれた母ですか?

さて、小説の話をしましょう。この物語には主客織り交ぜて大勢の人物が登場します。人と人との関係は複雑で、話は行きつ戻りつします。まず、その関係を整理しましょう。

1.柳宝子と両親
母は、10年前に死亡。生前看護師として働いていた。母は子連れで結婚したので、21年前に焼死した父と宝子には血の繋がりはない。

2.柳宝子と離婚した元夫と二人の娘
夫は、勤めていた会社が倒産し伯父の経営する会社に就職するため実家がある函館に引っ越した。その際に、宝子は仕事を辞めるつもりはなく別居し、娘と生活する道を選ぼうとしたが上手くいかず離婚。現在小学3年生になった娘とは2か月に一度面会の場を設けているが、話題も乏しく会話も進まない。元夫とかつての姑は、宝子が幼い娘を虐待したと責め立てる。元夫の再婚話が進行中。

3.柳宝子と仕事関係の人たち
希望していた社会部ではなく文化部となったが、勤務先である新聞社の人間関係は、良好の様子。突然の父死亡の知らせにより、思わぬ事態に陥るが、上司が対処してくれる。フリーライターの蒲生という青年が宝子の父のことに興味を持っている。

4.柳宝子の元恋人とその家族
黄川田という刑事は、宝子の元恋人である。宝子の父が新聞記事の切り抜きを持っていた猟奇的殺人事件の現場で再会する。黄川田には妻と乳児がいるが、子どものことをかわいいと思うことができずにいる。自分の子どもかどうか妻の不貞を疑っている。

5.母親たちと、何も知らない赤ん坊たち
プロローグで誘拐事件を思わせる女の行動が描かれる。赤ん坊、赤ん坊の母親、誘拐した女、この三者は誰なのか。(解説より)

最大の読みどころは、昔死んだはずの父の遺体が発見され、その謎に迫るため、宝子が奔走する場面です。

父の遺骨はすでに母の遺骨と一緒に、二つ揃ってお寺のお墓にきちんと納められています。そこへまた、新たな父の遺骨を納めようと出向いた時のことでした。あるはずの古い父の遺骨が、きれいさっぱり消えてなくなっています。何者かによって、持ち去られています。

この本を読んでみてください係数 85/100

祝福の子供 (幻冬舎文庫)

◆まさき としか
1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。

作品 「夜の空の星の」「完璧な母親」「いちばん悲しい」「途上なやつら」「熊金家のひとり娘」「ゆりかごに聞く」「屑の結晶」「あの日、君は何をした」他

関連記事

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫) 中村文

記事を読む

『死体でも愛してる』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『死体でも愛してる』大石 圭 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 死体でも愛してる (

記事を読む

『凶宅』(三津田信三)_書評という名の読書感想文

『凶宅』三津田 信三 角川ホラー文庫 2017年11月25日初版 凶宅 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『その先の道に消える』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『その先の道に消える』中村 文則 朝日新聞出版 2018年10月30日第一刷 その先の道に消え

記事を読む

『いのちの姿/完全版』(宮本輝)_書評という名の読書感想文

『いのちの姿/完全版』宮本 輝 集英社文庫 2017年10月25日第一刷 いのちの姿 完全版

記事を読む

『サンティアゴの東 渋谷の西』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽 麻子 講談社文庫 2019年5月15日第1刷 サンティア

記事を読む

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷 静かな雨 (文春文庫)

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

『千の扉』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『千の扉』柴崎 友香 中公文庫 2020年10月25日初版 千の扉 (中公文庫) 五階

記事を読む

『死ねばいいのに』(京極夏彦)_書評という名の読書感想文

『死ねばいいのに』京極 夏彦 講談社 2010年5月15日初版 文庫版 死ねばいいのに (講談

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『5時過ぎランチ』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『5時過ぎランチ』羽田 圭介 実業之日本社文庫 2021年10月15

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑